海外赴任サポート特集|ビザ取得・物件えらび | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


海外赴任される方へ

海外赴任する際に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家を紹介する特集ページです。

▼海外赴任される際に知っておきたいポイント

海外赴任サポートとは

海外赴任するために準備する事

ビザ取得

海外赴任先での物件選び

▼世界全域での海外赴任サポートについて相談先を見つける

世界全域の海外赴任サポートに詳しい専門家一覧を見る

ヤッパン号海外進出サポートデスクに相談する

掲載情報については2020年8月時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

海外赴任される際に知っておきたいポイント

海外赴任サポートとは

グローバル化が着実に拡大している現代日本。これまでは商社・金融等大手企業の海外支社への赴任ケースが一般的でしたが、高齢化による日本市場の縮小を懸念し、中小・ベンチャー企業が海外進出を進めるケースも年々増加しています。出張ベースで現地の市場調査を行い進出を決め、初の海外拠点を設立して、初の駐在員を配置する、すべてが初めてといった会社も少なくないでしょう。ビジネスの幅が広がるにつれて、大都市だけでなく世界各地様々な場所への赴任も増えてきています。中には外国に住むのが初めての駐在員、英語が得意ではない駐在員もいるかもしれません。そういった場合、企業として海外赴任全般に関係する手続き等をサポートしていく必要があります。

海外赴任をサポートするためには、世界各地の生活状況、衛生状態などの情報収集、現地の賃貸住居探し、引越し、ビザ取得、保険契約等の手続フォロー、単身で赴任する場合、家族が帯同する場合の制度設定、と多岐にわたる情報を収集したうえで実務作業も多く発生します。初めて駐在員を置く人事・管理部門にとって、こういった様々な課題を解決していく、時間的・人的リソースを確保することはとても難しいでしょう。

内示が出てから実際に引越しを行うまでのスケジュールは大変タイトなものであるのが現実です。一からすべてを自分たちで進めるのは人事・管理部門にとって大きな負担であり、非効率でもあります。海外赴任に必要な手続きをサポートしてくれる不動産やサポート一元化企業に依頼することが一番の解決方法となります。本特集では、そんな海外赴任サポートをしてくれる専門家をご紹介します。

▲目次に戻る

海外赴任するために準備する事

海外赴任する際に知っておくべきこと、準備すべきことは多岐にわたります。
例えば以下のような点になります。

・公的機関や公共サービスへの手続き
・ビザの取得方法
・健康診断・必要な予防接種(特に東南アジアの途上国など)
・現地賃貸住居の確保、国内の留守宅・マンションの管理方法
・引越しの手配(荷物の重量制限等)
・駐在中の国内自家用車の扱い、現地営業車の手配
・社会保険や年金、所得税・住民税等の税金に関する手続
・医療保険等の手続(現地で病気になった際の手続き等)
・現地福利厚生について(賃貸住居の家賃負担・教育費等)
・現地での生計費や経費負担ルール化(教育費、英会話レッスン費等)
・社費での一時帰国条件

海外赴任する前の準備として、現地の情報収集は必要不可欠になってきます。
赴任先の賃貸住居の確保やビザ、引越しの手続き、保険など赴任前に準備するポイントは様々ありますので、意味を理解し、共通認識を持つために、駐在員本人や家族を対象にした赴任前研修やセミナー等を開催し、それぞれのポイントについてガイドをしてあげるとより効率的に進められるでしょう。

初めて駐在員を置く場合には、給料や賞与設定や人事評価制度など新たに制度化する事項も多くあります。それぞれメリット、デメリットを明確にしたルール化が必要となりますので、内容に応じて、税理士や社会保険労務士、弁護士といった専門家への相談も必要となるでしょう。

今回はその中でも「ビザ取得」と「海外赴任先での物件選び」についてご紹介させて頂きます。

▲目次に戻る

ビザ取得

まず海外で駐在し働くためには、その国の制度に応じた就労ビザが必要になります。
就労ビザの取得方法は、赴任先の国によって全く方法が異なり、必要な書類や取得までに必要な時間も様々です。
現地求人に応募して転職をするといった個人的理由での海外就職とは異なり、企業における海外赴任の場合、赴任するまでのスケジュールは大変短く、タイムマネジメントは重要となってきます。

就労ビザの取得方法は国によって異なりますが、大きく3つに分けることができます。
国ごとにビザ取得の方法が分かれているので、赴任先の国がどの方法に当てはまるのかを確認する必要があります。

【ビザ取得方法3つのパターン】

 ①日本でビザ申請・取得する方法
 ②日本でビザ申請を行い、赴任先の現地で手続きを行う方法
 ③赴任先の現地で手続きを行い、日本でビザを取得する方法

例えば、①の様に日本ですべての手続きを終えることができる国はアメリカとインドがあげられます。ただ、アメリカ(Eビザ)は日本ですべての手続きが完結するのに対して、アメリカ(Lビザ)では赴任先で手続きを行い、日本でビザを取得する必要があります。ビザの種類によっても方法が異なることもあります。

単身ではなく、家族が帯同する場合には、奥さんやお子さんについては、就労ビザに紐づく家族ビザの取得が必要となります。ビザが発行されないと、現地スクールや幼稚園への登録ができないこともありますので、ご家族を含めて赴任者向けのオリエンテーションや説明会を実施し、ビザに関する基本情報を伝えておくと齟齬がなくなります。


各国のビザ取得手続きのプロである現地専門家への事前相談、必要の応じて代行手続きを依頼すると、限られた時間の中でスムーズなビザ取得ができるでしょう。

※【ヤッパン号】では国別に取得方法をまとめておりますので、詳細についてはそちらをご参照ください。各国のビザ取得専門家もご紹介しています。(下記リンク参照)
アメリカ 就労ビザ
オーストラリア 就労ビザ
シンガポール 就労ビザ
ベトナム 就労ビザ
タイ 就労ビザ
インドネシア 就労ビザ
マレーシア 就労ビザ
フィリピン 就労ビザ
インド 就労ビザ
カンボジア 就労ビザ
ミャンマー 就労ビザ
中国 就労ビザ
香港 就労ビザ
台湾 就労ビザ
韓国 就労ビザ
ヨーロッパ 就労ビザ


▲目次に戻る

海外赴任先での物件選び

海外赴任における賃貸住居の契約方法としては、企業が法人契約をし、指定した住居に赴任者が住むという方法、赴任者自身が不動産エージェントと直接やりとりして住居を決めて、企業が家賃負担をする方法、大きく2つに分かれます。前者の場合、赴任者本人がタイトな引越スケジュールの中で現地での賃貸住居探しをする手間が省けるというメリットがありますが、自分が好むエリアや物件条件を選べないというデメリットもあります。

海外では家具付きの物件が多く、赴任される方の場合コンドミニアムやサービスアパートメントに住居する方が多くなります。アパートメントはホテルの利便性を兼ね備えた住居で、家電の完備や、コンシェルジュやハウスキーピングなどのサービスが付加されています。単身者が好んで選んだり、本住居を探すまでの一時的な住居として利用することが多いようです。

文化・習慣なども日本とは違うので、現地不動産とよく相談し、赴任先の現地情報を把握してトラブルを回避する必要があります。

こちらでは海外物件選びに必要な情報をまとめているので、是非参考にしてください。

■入居までのフロー
 ・現地の不動産会社へ連絡
 ・内覧
 ・申込
 ・審査
 ・契約
 ・初回料金の支払い
 ・入居


入居までの流れは、それほど日本とは変わらず、上記の様に手続きを進めます。
ここでの一番の注意点は不動産会社の選択です。
海外では家主の立場が強く、日本よりも審査や入居後・退去時の対応などでトラブルが発生する可能性が高いです。
その際に家主の対応などをしてくれる不動産会社を選ぶ必要があります。

■考えるべき物件条件
 ・入居エリア
 ・安全性
 ・滞在期間
 ・予算


海外で物件を選ぶ際に大切な条件は上記の様に大きく4つです。
赴任する国にもよりますが、上記項目で一番大切なのが安全性ではないでしょうか。入居予定のエリアの治安や通勤ルートの人通り、入居予定の物件のセキュリティー面などを確認する必要があります。女性単身での駐在員の場合にはさらに念入りにチェックしましょう。
家族が帯同する場合には、スクールまでの距離や通学方法の確認、スクールバスの有無なども合わせて確認が必要です。自動車を所有する想定であれば、駐車場の有無、通勤ルートの確認も忘れずに。現地駐在員の口コミなども参考にしたほうがよいでしょう。住居エリアによって相場などは異なりますが、赴任者が選ぶエリアは日本人が集中してい住んでいるエリアが一般的で、治安が良い地域が多くなっており、家賃相場はやや高めになります。


■海外物件選びの注意点
トラブルに回避するために最低でも下記の点は注意する必要があります。

 ・初期料金と仲介手数料の確認
 ・入居中のトラブル対応の確認
 ・退去時の費用の確認
 ・契約書や支払い領収書のコピー
 ・入居時の建物や家具の確認


習慣や文化の違いからこの様な注意点が必要になってきます。
トラブルを回避し、納得する物件探しの実現のためには、現地情報を熟知し、現地で実際にサポートしてもらえる不動産会社の選択が非常に重要になってきます。

▲目次に戻る

世界全域の海外赴任サポート会社一覧

世界全域の海外赴任サポートの一覧です。
チェックを入れた人材紹介会社に一括お問い合わせすることが出来ます

  • 株式会社エイブル

    国内外で800拠点以上を展開。海外拠点では、日系企業向け住宅・オフィス・店舗/工場のご案内と入居後のアフターフォローを提供しています。

    会社名 ※必須

    役職

    お名前 ※必須

    E-MAIL ※必須

    電話番号 ※必須

    会社サイトURL

    相談内容

    ご自由に記入ください

    ※文字数に制限はございません

    メールマガジン配信 ※必須

    希望する希望しない
    ※海外進出お役立ち情報【ヤッパン号メルマガ】をお届けします。

    入力確認 ※必須


    海外視察ツアー
    海外ビジネスセミナー
    海外進出支援の専門家
    海外進出Q&A
    ページ上部へ
    海外視察ツアー
    海外ビジネスセミナー
    海外進出支援の専門家
    海外進出Q&A
    海外ビジネスニュース
    海外進出企業インタビュー
    運営会社
    運営方針
    利用規約
    プライバシーポリシー
    商標について
    特定商取引法に基づく記載
    サイトマップ
    イシングループの
    メディアリンク