フィリピンで会社設立 (法人設立) する手順まとめ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


フィリピンで会社設立をお考えの方へ

フィリピンへの会社設立をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

フィリピンで会社設立するために知っておきたいポイント

フィリピンに会社設立(法人設立)する際の進出形態とそれぞれのメリット・デメリット

フィリピンに進出する際の進出形態としては、「現地法人」、「支店」、「駐在員事務所」の3種類があります。その中でも、日本企業がフィリピンへ進出する際の代表的な進出形態は、「現地法人」で、主に株式会社のことを指します。日本本社とは全く異なる、フィリピンの会社を設立するということです。

【現地法人】

現地法人にはいくつか区分がありますが、日本企業が進出する際は、まずは「国内市場向け企業」と「輸出型企業」の2種類の分類で考えましょう。理由としては、この2種類のどちらになるかで、外資規制の対象となるかが決まるからです。外資規制の対象となれば、ネガティブリストに該当する業種は、外資の出資比率が制限されてしまいます。

「国内市場向け企業」と「輸出型企業」の基準は、現地法人の総売上のうちに占めるフィリピン国外からの売上です。60%以上の売上がフィリピン国外からの収入であれば、輸出型企業に分類され、外資規制の対象になりません。その場合、ほどんどの業種で100%外資資本の会社を設立できるため、経営の自由度が高くなります。60%未満の場合は、国内市場向け企業となり、外資規制の対象となります。その場合、ネガティブリストに載っている業種は、定められた資本比率でフィリピン資本を入れる必要があり、経営の自由度が失われます。

【支店】

現地法人設立の他には、日本企業の「支店」をフィリピンに設立する進出形態もあります。この場合、あくまで日本企業の支店であるため、法的責任や債務も全て日本本社に帰属することになり、大きなリスクになりかねません。活動内容に関しては現地法人と同様に特に制限はありませんが、「支店」の場合、外資規制 (ネガティブリスト) に当てはまる業種の場合は、先端技術を活用していないかぎり、事業展開が許可されません。

【駐在員事務所】

「駐在員事務所」もフィリピンに設立できます。ただ、他の国同様、その国で所得を得る行為 (営業行為) は禁止されています。事務所の賃貸契約や従業員との雇用契約は締結可能ですが、売買契約などは締結することが許されません。許可されている活動内容は、「市場調査」「日本本社製品のPR」「フィリピン国内の情報収集」です。

下記が、「現地法人」、「支店」、「駐在員事務所」の主な違いになります。

現地法人を設立する場合、内資企業として設立するのか、外資企業として設立するのか、BOIやPEZAの登録申請を行うのかによって、会社設立手続きも大きく異なりますので、ご注意ください。





▲目次に戻る

フィリピンで会社設立(法人設立)するための12ステップ

フィリピンで日本企業が日本資本100%で会社設立するために必要な期間や費用は、おおよそ下記のとおりです。

【フィリピン会社設立のための期間と費用】
- 会社設立の所要期間:1~3ヶ月
- 最低払込資本金
 国内市場向け企業の場合:20万US$
 輸出型企業の場合:5千ペソ (実際は25万~100万ペソが一般的)

フィリピンの会社設立手続きは、非常に煩雑です。2015年の改正により、所要期間は最短8日間と非常に短くなっているようですが、手続きが順調に進むことは少なく、まだまだ時間が掛かってしまうことが多いようです。無用なトラブルで、時間や手間をとられることを考えると、会社登記は、コンサルタントや会計事務所・法律事務所などの業者に依頼することをオススメします。

資本金に関してですが、フィリピンには、授権資本金・引受資本金・払込資本金があります。授権資本金とは、その会社が株式発行できる限度額になります。引受資本金は株式の引受契約を締結した分の資本金で授権資本金の25%です。払込資本金とは実際に準備し、法人口座に払い込む資本金のことで、引受資本金の25%です。

最低払込資本金は、輸出型企業の場合は5千ペソ。国内市場向け企業の場合は、20万US$の払込資本金が必要です。ただ、先端技術を持っている場合もしくは50名以上の直接雇用をする予定の場合、1最低払込資本金で10万US$で会社設立することができます。

ただ、輸出型企業の払込資本金には注意が必要です。フィリピンの会社法で5千ペソと規定されているとは言え、実務的にはこの金額で会社設立申請が許可されることはなく、最低でも20万ペソ程度は必要と考えた方が良いでしょう。更に、BOIやPEZAの申請を考えている場合、業種によっては、申請のための最低払込資本金が定められている場合もございます。




日本企業・日本人がフィリピンで外資100%の会社設立を依頼する際の流れについて、下記にまとめました。


下記で、各ステップの詳細についてご紹介します。

▼ステップ1:外資規制・PEZA・BOIに関する調査

フィリピンでは、外資規制(ネガティブリスト)があり、業種によって、100%外資での事業展開が許されている場合あれば、「○%以上はフィリピン資本でなければならない」という規制がある業種もあります。規制に該当するかどうかで、条件や準備が変わってくるため、進出前に必ず調べておきましょう。また、PEZAやBOIなど優遇措置の利用を考えている場合は、認可を取りやすいよう資本金などを設定する必要があり、会社設立手続きに入る前に、必ず現地の専門家に相談しておく事をオススメします。





▼ステップ2:会社設立形態の選択

フィリピンに現地法人を設立するべきなのか、支店・駐在員事務所などを設立するべきなのか、将来的な事業展開まで検討した上で考えましょう。一般的には、本格的に事業展開を考えている場合は「現地法人」の設立。ただし、現地法人の設立の場合は、取締役5名と秘書役・監査役の7名を集める必要があります。その点、「支店設立」の場合、現地居住代理人が1名いれば、設立可能です。現地での営業活動の予定がなく、リスクやコストを抑えた市場調査などが目的の場合は「駐在員事務所」を設立するのが良いのではないでしょうか。


▼ステップ3:会社名の予約・決定

新しい会社の名前について、類似商号がある場合や、同名の会社がフィリピンに存在する場合、その会社名(商号)を利用できないこともあります。会社設立申請の前に希望の会社名が利用可能なのか、必ず確認を取ってください。証券取引委員会(SEC)にて確認することができ、その場で会社名の予約も可能です。予約ができたら「社名確認書」が発行されます。有効期間は90日ですので、それまでに会社設立手続きを行ってください。

基本的には、この手続きに関しても会社設立代行業者が対応しています。その場合は、予め3つほどの社名候補を準備しておくと、手続きがスムーズに進みます。


▼ステップ4:登記住所・オフィスの仮契約

会社設立にあたり、定款にフィリピンの登記住所を記載する必要があります。住所を確保するために、事務所の仮契約、もしくは住所貸しのサービスを利用しましょう。最初から本格的にオフィスを構えている場合は、不動産業者を探してオフィス物件などをお探しください。ひとまずレンタルオフィスや、会計事務所などが提供する住所貸しのサービスを利用する企業も少なくないようです。どの場合も、登記住所としての利用にも問題ありません。SECに会社設立手続きする前に、仮契約をしておきましょう。

会社設立が完了した後、そのまま本契約を締結します。賃貸契約書はその後の申請に必要になる場合があるため、コピーをとっておくと便利です。


▼ステップ5:発起人(取締役)・株主保有割合の決定

フィリピンで現地法人(株式会社)を設立するためには、発起人が5名以上(最大15名)と定められており、一人1株以上を所持しなければなりません。更に、発起人は自然人である必要があり、法人では発起人にはなれません。また、発起人の過半数はフィリピン在住者でなければなりません。

株式の割合に関しては、外資規制の対象でなければ、全員が一株以上持つこと以外は制限がありません。一般的には、日本からフィリピンに進出してくる当事者がほぼ全ての株式を所有し、残りの4名が1株ずつ保有する形式を取ることが多いようです。ただし、外資規制に該当する場合、制限されることがほとんどですので、ご注意ください。

会社設立後も、取締役は最低5名必要で、それぞれ1株以上を所持している必要があります。そのため、取締役になる人物を発起人に選ぶのが一般的です。

また、会社設立後には「会社秘書役」「財務役」などを決定する必要もあります。どちらも「取締役」と兼任することが可能です。「秘書役」はフィリピンに在住のフィリピン人である必要がありますが、日本人で「秘書役」に就任できた前例もあるようです。「財務役」は日本人でも就任可能ですが外資規制対象業種の場合はフィリピン人を専任する必要があります。

株式の保有割合についてですが、国内市場向け企業で外資規制に該当する業種の場合、外国人(日本人)が所有できる株式比率が制限されます。フィリピン人のパートナーを立てて合弁で会社設立する方もいるようですが、最悪の場合、会社自体を乗っ取られるようなケースもあるようです。非常にリスクが伴うことなので、専門家に相談しながらベストな方法を検討してください。




▼ステップ6:定款・必要書類の作成・準備

会社設立手続きのために、必要書類の準備をします。外資企業として会社設立する場合は「事業開始申請書(SEC書式番号F-100)」という書類に、下記の書類を添付して、証券取引委員会(SEC)へ申請します。

-      社名確認書:ステップ3で会社名を予約した際に発行される証明書

-      定款   :社名、事業目的、会社住所、発起人、取締役、資本金額、財務役の任命など

-      付属定款 :株主総会、取締役会、会計年度などの規定を記載します

-      送金証明書(預金証明書):払込資本金が振り込まれている証明書

定款・付属定款については、SECにて「エクスプレスレーンフォーム」という定型フォーマットを手に入れることが可能です。その他にも細かい必要書類はありますが、会社設立代行業者が対応してくれるケースがほとんどです。


▼ステップ7:TITF口座開設・資本金の払込

会社設立前に開設する口座は、TITF口座と呼ばれる、資本金払込専用の法人口座になります。この口座開設手続きにも書類を準備する必要があるため、会社設立代行業者のサポートを受けることをオススメします。口座開設には、銀行の窓口にて「代表取締役」「財務役」がサインをする必要があります。無事に口座が開設できたら、その場で払込資本金を支払います。


▼ステップ8:証券取引委員会(SEC)に会社設立申請

必要な書類が準備出来たら、フィリピンの証券取引委員会(SEC)まで行き、会社設立手続きをします。ステップ6で準備した書類をSECの担当弁護士に提出して間違いがないかチェックしてもらい、問題なければ、諸経費を払って申請は終わりです。書類に不備がなく受理されれば、ほぼ間違いなく2週間以内に承認され、SECの会社登録証書が発行されます。会社設立代行業者に依頼していれば、特に同行する必要はありません。


▼ステップ9:法人口座の開設

会社設立が完了したら、SECから発行された会社登録証書を持参して、資本金を振り込んだ銀行で法人口座を開設します。法人口座が開設できたら、TITF口座に振り込んだ資本金を法人口座に移し、TITF口座は閉鎖します。この手続も、会社設立代行業者が対応していることが多いようですが、その場合も、財務役は必ず同席する必要があります。




▼ステップ10:地方自治体とバランガイでの手続き

フィリピンでは、ビジネスを行うすべての企業が、バランガイ(町内会のようなもの)からの事業許可証と、地方自治体(市町村)の自治体長からの許可証を取得する必要があります。申請手続きは自治体ごとに異なりますが、ほとんどの場合、下記の書類などが必要になります。

-      オフィスの賃貸契約書

-      SECからの会社登録証書

-      定款・付属定款

-      申請手数料

自治体からの事業許可証に関しては、毎年の更新が必要になります。


▼ステップ11:税金に関する手続き

税務に関する手続きは、各地にある内国歳入局の所轄税務局で申請します。申請する内容は下記のとおりです。

納税者識別番号(TIN:Taxpayer Identification Number) 2013年から、フィリピンで展開する全ての事業者はTINの取得を義務付けられています。ただ、会社登記手続きの簡素化が実施されてからは、SECの会社登録証書が発行されると同時に付与されるようです。

印紙税の発行 株式を発行すると、200ペソにつき1ペソの印紙税が課せられます。株式を発行した月の翌月5日までに印紙税を収める必要があるのでご注意ください。

納税者登録 税務署で登録申請書(BIR書式番号1903)を入手し、必要事項を記入した後、下記の書類とともに提出します。承認されると登録証明書が発行され、毎年更新する必要があります。

-     バランガイ・クリアランス

-      オフィスの賃貸契約書

-      SECからの会社登録証書

-      会計帳簿

-      定款・付属定款

-      登録手数料


▼ステップ12:その他、会社設立後の手続き

事業開始までに必要な手続きはステップ11までになります。ただ、従業員の雇用を予定している場合は、社会保険関連の手続きも行う必要があります。また、業種によっては、各省庁にライセンス取得の申請を必要があります。その他、状況によって申請しなければならない手続きなどもあるため、この点に関しては、現地で会計業務を依頼する会計事務所や会社設立代行を依頼した業者に相談してみてください。





▲目次に戻る

フィリピンで会社設立(法人設立)するために必要な書類・準備

【会社設立に必要な書類&情報&準備】

-      事業開始申請書 (SEC書式番号F-100)  ※外資企業設立の場合                 

-      社名確認書

-      定款・付属定款

-      送金証明書・預金証明書

-      登記のための住所(仮契約でOK)

-      登録情報シート

-      財務役宣誓書

【記事監修】アイキューブグループ / iCube Group

▲目次に戻る

フィリピン会社設立の専門家に一括でお問い合わせ

フィリピン✕会社設立の専門家の中からチェックを入れた専門家、
もしくは全ての専門家に一括でお問い合わせすることができます。

  • アイキューブグループ

    フィリピンに進出する中堅~大手企業向けに、進出コンサルティング・税務会計・不動産・人材紹介を提供しています。

  • バリューエイシア

    フィリピン在住15年目となる代表の三宅を中心に約7名の弊社メンバーが御社のフィリピン進出をサポートします。

  • ドナト・ザラテ&ロドリゲス

    フィリピンの法律事務所。会社設立からその後の事業運営まで法律面でのワンストップサポートをご提供しております。

  • Asian M&A Links

    フィリピン現地での企業の買収(M&A)により迅速なフィリピン進出・会社設立をお手伝いしています。

フィリピンの会社設立の専門家一覧

アイキューブグループ / iCube Group

フィリピンのプロフェッショナル
代表者:坂本直弥
iCube_00
iCube_01
【フィリピン / 会社設立・コンサルティング】
フィリピン進出や事業展開に必要なあらゆるニーズをワンストップで提供

私たちはアイキューブグループは、フィリピンで事業展開される中堅~大手企業様に対して、コンサルティング・税務会計・不動産・人材紹介の4部門における総合サポートを展開しております。2000年の創業から15年、日本人会計士の支援会社で一番の老舗として、20…続きを読む


ページ上部へ

バリューエイシア / VALUEASIA

フィリピンのプロフェッショナル
代表者:三宅 信義
Logo_valueasia01
Wakyo01
【フィリピン / 会社設立・進出支援】
市場調査・会社設立支援・PEZA登録・ビザ申請など、フィリピン進出に必要なあらゆるサービスをワンストップで提供

VALUEASIAでは、フィリピン在住15年目となる代表の三宅を中心に約7名の弊社メンバーが御社のフィリピン進出(マニラ+セブ島)を徹底サポートいたします。 フィリピンでの事業をご検討される進出前~現地会社設立時~進出後の事業展開時と全てのフェ…続きを読む


ページ上部へ

株式会社イージーコム / EASYCOM

フィリピンのプロフェッショナル
代表者:杉谷 安朗
easycom_00
easycom_01
【フィリピン / オフショア開発・ラボ契約】
フィリピンでのオフショア開発拠点の立ち上げをゼロからサポートしています。ラボ契約、受託でのオフショア開発など何でもご相談ください。

株式会社イージーコムは、フィリピンにオフショア開発拠点を構築される企業様に対して、あらゆる業務のワンストップサービスを提供しています。エンジニア求人の作成、面接代行、オフィス提供、会社設立サポート、通訳の提供、総務・経理・労務の代行など、1社1社のニ…続きを読む


ページ上部へ

Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions Links

フィリピンのプロフェッショナル
代表者:谷藤 英樹
logo blue-white banner
谷藤様_00
【フィリピン / M&A、進出支援】フィリピンを中心に、クロスボーダーM&Aを活用したアジア(ASEAN)進出をご提案

弊社Asian M&A Linksは、アジア(ASEAN)のクロスボーダーM&Aを通して、日本企業様のアジア進出をご支援しております。中でも特にフィリピン国内のネットワークが豊富で、フィリピンのM&Aアドバイザリー・仲介業務を得意としております。 …続きを読む


ページ上部へ

フィリピン法律事務所 ドナト・ザラテ&ロドリゲス

フィリピンのプロフェッショナル
代表者:デモステネス B. ドナト
donatoロゴ
DSC00993
【フィリピン / 法律事務所】法律のプロ集団がフィリピン進出をバックアップ

弊社ドナト・ザラテ&ロドリゲスはフィリピンの法律事務所です。企業運営に必要な各法律分野をバランスよくカバーしており、フィリピンでの会社設立からその後の事業運営まで法律面でのワンストップサポートをご提供しております。 フィリピン現地の慣習を熟知し…続きを読む


ページ上部へ

フィリピンの進出サポートの専門家 株式会社アイフィスジャパン, IFIS OFFSHORE MANILA INC…続きを読む


ページ上部へ

Invictus Consulting (Philippines) Inc

代表者:濱野 吉宏
Invictus Consulting (Philippines) Inc

フィリピンの公認会計士 Invictus Consulting (Philippines) Inc…続きを読む


ページ上部へ

フィリピンの進出サポートの専門家 日本コンサルタンシーサービス株式会社,Nihon Consultancy Service Inc.…続きを読む


ページ上部へ

Filix Holding Management INC.

代表者:川尻征司
Filix Holding Management INC.

フィリピンの進出支援の専門家 Filix Holding Management INC…続きを読む


ページ上部へ

フィリピンの進出支援の専門家 シティコンピュータ株式会社,CITY COMPUTER Co.Ltd…続きを読む


ページ上部へ

フィリピンの進出支援の専門家 マニラ・オンサイト・プロフェショナル,MNL.OP…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク