海外で販路を開拓する方法まとめ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


海外で販路を開拓する方法をお考えの方へ

海外での販路を開拓する方法をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

海外で販路を開拓する方法するため知っておきたいポイント

海外マーケットの重要性について

【増加する海外進出と国内環境の変化】

この数年間、右肩上がりで増加していた日本企業の海外進出意欲は、ここにきて踊り場に出て印象があるものの依然として高い水準で推移しているようです。一方で、これまでの主要進出国との賃金格差は縮小し、海外進出によって得られるメリットは低賃金の労働力ではなく、消費マーケットとしての成長力や潜在力へとその主眼を変えてきているといえます。

他方、賃金格差の縮小は製造拠点という意味合いにおいては国内回帰の動機となっている現象も一定数以上発生しているのが現実です。

 

【なぜ海外マーケットを見る必要があるのか】

前述のとおり、海外マーケットをどのようにとらえるかの大多数が少しずつ変化してきている中においては、これまでのように国内マーケットに悲観し海外に活路を見出すような単純な話ではなく、国内と国外それぞれを重視した経営に舵を切っている、あるいはこれから切ろうとしている経営者が非常に多くなってきた印象です。

これは、既に成熟した日本市場においての成長戦略そのものを見直しつつも、新たな事業領域などにその活路を見出そうとしている企業と、同時に経済成長力や人口成長力と共に急拡大するアジア諸国の購買力の恩恵を得るために、リスクを取って海外マーケットに進出していく企業が増えていることを意味しますが、心意気や印象論ではない経済関連の指標を見ていく限りは、今後ますます縮小していく国内市場と、今後ますます拡大をして行く海外市場という両極端の2つの領域をどのように生き残っていくのかをしっかりと見据えて事業運営をして行く必要性が如実に表れているといえるでしょう。

 

▲目次に戻る

海外販路拡大先の特徴と動向

既に成長力という意味では成熟をしている多くの先進諸国と比較をすると、アジアの新興国の経済成長および国民の購買力の上昇は目を見張るものがあり、その消費市場としての魅力を圧倒的なものとする理由の一つでもあります。

これらの経済成長を牽引しているのは、海外資本の流入、あるいはそれらを活用するための当該国の外資誘致策の賜物であることは間違いないものの、先進国をはじめとした成長力(成長余力)の鈍化が顕著になってきたという状況と相まって膨大な海外資本がその投資先を求めて新興国に流れ込んでいったという状況もあるのでしょう。

経済成長に伴って、国民の所得や購買欲が上昇し、「より良いものを欲しい」「より良い生活がしたい」という思いが強まることが更なる所得の向上のための原動力となる好循環が生まれることは、戦後の高度成長期を経験してきた日本人にとってはとても分かりやすいかと思われますが、これらの消費力・購買力こそと、今の日本企業にとっては何よりも魅力的な販売販路拡大を目指す理由でもあります。

次ンは各国ごとの特徴についてみてみましょう

 

▼シンガポール

最も豊かな国の一つとして名を連ねるシンガポールは、国民一人当たりの所得水準は世界でもトップレベルで、どちらかというと日本人向けのマーケティングと同様に商品やサービスのl価格そのものよりも、その商品やサービスが生み出すライフスタイルであったり付加価値を訴求することで購買意欲を喚起できる国でもあり、比較的に日本企業の販路拡大先としての敷居は低いとも言えます。もちろんその敷居の低さが攻略難易度の低さとはイコールではない点には注意が必要ですが、高い所得水準の中でも、趣味や娯楽などに費やされる比率も高い点は大きな特徴といえます。国民の中で富裕層が占める割合は世界で最も高いといわれているシンガポールへの進出や販路拡大を糸口として東南アジア諸国へ展開をするケースも多く、優遇税制や地理的優位性、日本との時差1時間なども含めて日系企業としては東南アジア進出への拠点となるたことが多いです。

 

▼マレーシア

シンガポールとの所得格差はまだまだ開きがありますが、他のアジア諸国と比較すると所得は上位に入るのがマレーシアです。「東南アジアの優等生」の呼び名は一度は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。統制のとれた工業化と外資誘致政策によって急成長を遂げたアジア諸国の代表例のような国です。クアラルンプールやセランゴールなど金融・サービスを牽引する地域や製造業を牽引する地域など、国内での地域特色が生まれるまでに至っているマレーシアは、その海外からの移住政策も積極的に推し進めてきた経緯もあり、相対的には少ない投資で非常に恵まれた住環境を手に入れることができることでも有名で、それらを目的に移住してきた諸外国人向けの多種多様な商品やサービスは大きな特徴といえます。2020年までには高所得国家の一つになることはマレーシア政府の目標ともなっています。

 

 

▼中国

中国という国は非常に広大なため国としての数値を平均値で見てしまうと母集団の大きさも手伝って平均値を押し下げる圧力が働きます。国内の地域差により所得格差も大きいのが特徴ですが、日本企業が販路拡大先として検討する場合の多くは主要都市になりますので、国を跨いでの平均値ではなく販路拡大先の地域の数値を注視する必要がありますので、そのような指標については専門家の協力を仰ぐのが得策と言えます。

メイドインジャパンに対して一定の信頼をおいてくれる国でもありますが、何かしらの政治的な動きが発生するとメイドインジャパンがネガティブに働く国の筆頭でもあります。国民の所得として一般消費財が急激に普及する段階は既に通過し、より豊かにより良いものを求めていく段階に入っていますが、通り越して多くの地域ではより良いものを選別しながら商品やサービスの購買・利用を行っているとも言えます。

飛び鳥を落とす勢いであった経済成長には陰りが見えてきたともいわれていますが、日本と比較をすれば比較すらできないほどの高い成長力を維持しているのも事実です。日本の電化製品や百貨店での購買の様子を「爆買い」と表現したような特殊な状況がずっと続くことは考えずらいですが、今後は高所得者層ではなく富の波及が段階的に進み増えてくる中間所得層を中心にまだまだ力強い成長を続けていくことでしょう。

 

▼インド

中国に次ぎ世界第二位の人口を擁する国です。特徴的なカースト制や顕著な男尊女卑の問題点もあるかもしれませんが、国としてみた際のその潜在的成長力や理数系に強い教育の特徴も含め今後の世界経済の主役の一つであることは間違いないでしょう。

中国の人口ピラミッドとは逆で、今後も当面は増加傾向にある人口は2028年には世界第一位になるといわれており、そのような人口ピラミッドが経済に与える影響は日本の団塊世代が経験したそれらと同様に「確実に中間所得層が増え、その所得層が消費を引っ張っていく」ということです。

IT大国の一つでもあり、多くのITサービスの根幹を担っているのはインド人ともいわれるほどに、国としてのIT産業育成には力が入っています。日本をはじめとした世界のIT開発などの委託先になっていることは珍しくなく、産業サービスの供給元のみならず、その人材の供給源としても期待されている国になります。

比較的親日国ともいわれているインドですが、今後もますます日本とのビジネスチャンスが生まれてくると考えられており、注目をすべき国であろうことは間違いありませんし、それらの特徴を生かして今後もインドの労働人口が急速に所得を拡大していく可能性も十分にあるでしょう。

 

タイ

タイは製造業立国のお手本ともいえるほどの外資系製造業の誘致に成功した国で、日本企業との相性も良く日本の多くの製造業はタイに進出をしています。日本人と似ていて国民性は穏やかで寡黙、勤勉といわれています。製品をタイで作りそこから輸出をするための拠点としても極めて重要な国と言えます。

製造のみならずその消費市場としても注目に値しています。一国としての平均値を出してしまうと数値が目立たなくなってしまいますが、地域格差が極端に大きいタイでは都心部における所得は非常に高くなっており、富裕層も多く存在しています。例えば、嗜好品やファッションアイテムなどに至っては同一の製品が日本よりも高い値段で売られているにもかかわらず日本よりも売れる、といった現象すら発生するようになっていますので今後は消費マーケットとしても注視すべきでしょう。

 

 

▼インドネシア

消費市場としての国の魅力は言うまでもなくトップレベルの国の一つでしょう。元より世界第四位の人口を抱えているためその民間消費は高く、人口ピラミッドもみれいな三角形を描いている(若年層がより多い)国のため現在から将来に至るまで経済成長と合わせて内需が拡大し、さらなる経済成長への原動力を持っていることを意味しています。

食品から一般消費財に至るまで、日系企業の活躍が目立つ国でもありますが、同時に進出のために必要となってくる諸条件も特定の企業にとっては厳しいものがあるケースも多いため、販路拡大先として選ぶ場合には専門家の支援を必ず受けたほうが良い国とも言えます。

 

▼フィリピン

明るく楽観的な国民性が目立つフィリピンですが、BPO産業を突破口として外資の誘致に成功し長らく高成長を継続している国です。

その性格が手伝ってかどうかは定かではありませんが、将来についても楽観的に考える傾向が強く基本的には将来のたくわえよりも消費が優先される傾向があり、所得に対しての購買力は非常に高いとも言えそうです。人口の約半数が若年層と言われており、これらの世代が経済成長と合わせて所得を向上させ、さらなる消費を生むという好循環は今後も継続していくことが予測されています。

例えばマニラ首都圏における日本食レストランの価格帯は、日本国内よりも高い印象があるほどの価格設定ではありますが、満席になることも決して珍しくないことからもフィリピン人の消費性向が見て取れるのではないでしょうか。治安はまだまだ安全とは言えないかもしれませんが、それでもビジネスの進出先、または販路拡大先としての魅力は非常に大きいといえます。

 

▼ベトナム

まだまだ成長過程の国ではありますが、国民の半分以上が30歳未満と言われているベトナムは、今後の経済成長を牽引する世代と、努力の上に手に入れていく所得を消費する世代が一致しているため、中間所得層の拡大と合わせt消費市場の拡大も大きな期待ができる国と言えます。加工食品や飲料、日用品の需要急拡大を支えているのはまさしくそのような中間所得層の増加と、ITやモバイルテクノロジーが埋めた情報格差から来るQOLの変化ともいえるでしょう。国民性も穏やかと言われており、日系企業との相性も悪くないため、進出先・販路拡大先としての期待は大きいといえます。

 

▲目次に戻る

海外での販路開拓方法の紹介

▼越境EC・ネットショップ

越境ECでの海外販売は、商品の発送やそれに要する時間が購入者に受け入れられる範囲内である限りは現地に法人を構える必要もなくリスクを抑えて始められる海外の販路開拓と言えます。必ずしも絶対条件とは言えませんが、一般的に越境ECと呼ぶ場合には、日本国内における生産品(メイドインジャパン)を海外へ販売するという形を指していることが多い印象です。

越境ECサイトがあれば何でも売れるのか、といえばもちろんそんな簡単な話ではありません。「メイドインジャパンだから」という理由だけで売れる商品もあれば、「日本にしかない商品だから」売れる商品、あるいは前述のどちらを満たしていても売れない商品も当然の様にあるため、どんな商品をどのようなプットフォームでどのお顧客層にアプローチしていくか?までをしっかりと検討する必要があります。

越境ECというのは物理的なものではないので、言ってしまえばどの国のサーバーを使っているか、もっと厳密に言えば該当するECサイトが国を跨いで販売できるプラットフォームと言語機能を備えていれば越境ECとなります。そのように考えると、例えば日本国内で新規にECサイトを立ち上げて自社商品を売る行為の難しさは想像に容易いのと同様で、そのECサイトのターゲットが海外顧客となっているとなるとさらに難易度が高くなるのは間違いない話です。

またネット接続が大前提の販売チャンネルですので、販路拡大先の国のインターネット事情や通信回線環境などについても十二分に確認をしておく必要があるでしょう。

そのようなケースにおいては、海外に存在しているECモール(日本でいえばAmazonジャパンや楽天など)への出店も検討の余地があるかもしれませんが、どのような越境ECや越境ネットショップであったとしても成功するために必要な労力や工数は想像よりもはるかに大きなものとなる傾向が強いため、一度しっかりと専門家に相談をしていくことが望ましいでしょう。

 

▼小売店・店頭販売

自社のネットワークや営業力によって、もし仮に海外現地の小売店や店頭販売が可能な場合には販路開拓の一つとしては非常にわかりやすい物とも言えます。

特に日本の商品は、既に先行して現地展開されている日系百貨店や小売店などの取り扱いがあるため、その陳列ラインナップに加わることができれば、店舗とそこを訪れる顧客との接点も既に出来上がっている場合も多いため可能であるならばぜひとも開拓したい販路であることは間違いないでしょう。

一方で、同様の思惑は当然のように日系メーカーや商社などに至るまで持つことになるため、その競争は激しく簡単に参入できるほど障壁は低くはないとも言えそうです。

自社直営店舗展開でもない限りは、現地小売店舗側との契約内容に従って商品を卸す等の形になる傾向もあるかと思いますので、細かい契約内容についての確認も非常に重要なポイントとなります。

 

 

▼代理店・パートナー探し

海外現地において総代理店やパートナー企業を探し、自社製品やブランド展開を任せる形での販路開拓方法です。非常に短期間の間にたくさんの国への進出を可能にするメリットはありますが、一方で現地における事業展開の大部分は代理店・パートナー企業に任せている形となるため、日本側との考え方の相違や商慣習の違いに悩まされる企業も少なからず存在します。

現地代理店やパートナー企業に求めるものは、その企業によっても大きく異なりますが、何よりも重要かつ難しいのは相互信頼関係の構築であるケースが多く、信頼のできるパートナー企業の紹介も可能な専門家に相談をしてみるのもよいでしょう。

また現地代理店やパートナー企業との契約書は極めて重要なものとなりますので、現地の商慣習にも熟知した法律の専門家の助言も必須と考えるほうが良いでしょう。

 

▼展示会・商談会

海外への販路拡大を検討する際に最も一般的な一つ、または多くの企業が一番最初にトライしてみる方法の一つが展示会・商談会への参加でしょう。

自社商品を展示し認知向上および現地における取り扱い企業との商談をしたいと願うメーカー側と、反対に現地において取り扱いたい商品を探している商社や小売企業などが一堂に会するため、日系企業として海外への販路を開拓したいと考えているのであれば、まずは参加をしてみて自社製品に対する周囲の反応も含めた直接の声を聞くことができる機会は有用です。

各国で開催される展示会や商談会はある程度事前に申し込みをしなければならないものが多いため、いつどこでどのような催事があるかを積極的に情報収集する必要があります。

販路開拓をしたい国が明確に決まっている場合には、当該国の販路開拓の専門家に相談をすればより的確なアドバイスを得られうのと同時に、催事情報などの把握もしているはずですので一度問い合わせをしてみることをお勧めします。

▲目次に戻る

貿易・輸出に関するポイント

どのような販路であったとしても、商品を売っている限りは商品そのものが物理的に販路先へ移動をする必要が出てきます。

飛行機で送るのか、船で送るのかといった問題や関税や貿易の手続きに至るまで、非常に細かい取り決めやルールが存在します。

また国ごとに、安全性基準や原料に関する扱いも大きく異なり、日本で問題のない商品が海外では問題であったり、またその逆も発生したりと何か問題が起こった時に「知らなかった」では済まないことが沢山あります。

これらの手続きを自社で行うのか、どこかに委託をするのか、諸々の手続きも含めて商社に依頼をするのか、などなど非常にたくさん存在する選択肢の中からどれを選べば自社によってより良いかを選択していく必要が発生します。

当然、これらは販路開拓と同時進行で行っていなければならないことであり、慣れていない企業にとっては非常に不安に感じる領域ともいわれておりますので、貿易や輸出に関するアドバイスがもらえる専門家の存在は非常に心強いでしょう。

【記事監修】INTLOOP株式会社

▲目次に戻る

世界全域の販路を開拓する方法専門家一覧

世界全域の販路を開拓する方法の専門家一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • INTLOOP株式会社

    得意な商材すべての商材に対応
    対応エリアアジア全域
    海外拠点中国・香港・ベトナム
    日本拠点東京
    私たちは「販路開拓・営業支援」に関する専門家として、アジアで売上をあげるためのあらゆる支援をワンストップで提供しています。ECとリアルの双方で、輸出支援・海外テスト販売・展示会&イベント支援・ネットプロモーションなど、販売戦略~実行支援までサポートします。アジアで拠点を開設することをGoalとするのではなく「売れ続ける仕組みづくり」にフォーカスを当てたサービスが特徴です。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • Univa America, Inc

    得意な商材すべての商材に対応
    対応エリアアメリカ全土
    海外拠点アメリカ
    日本拠点-
    ユニヴァ アメリカでは、アメリカでのマーケティングサービスを全般的にご提供しておりますが、特にアメリカでの展示会やトレードショーへの出展サポートは弊社の得意分野であり、実績も豊富です。例えば弊社のお客様であるTrue World Foods様(食品卸売業)は、出展後の知名度向上はもちろん、全米日系レストランシェアを5年間で30%向上させることに成功しました。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • フィールドマーケティング

    得意な商材すべての商材に対応
    対応エリア中国全土
    海外拠点中国
    日本拠点東京
    フィールドマーケティングサービス北京では、中国マーケットへの参入を、インバウンド・アウトバウンドの双方から支援しております。中国人の需要を呼びこむには、中国人の嗜好や消費習慣、あるいは情報源などの情報を踏まえた上で、対策することが必要です。日経BPなどにも連載コラムを寄稿する代表の高山が、中国市場への参入を全面サポートさせて頂きます。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • NSトレーディング

    得意な商材すべての商材に対応
    対応エリアドバイ(UAE)
    海外拠点ドバイ
    日本拠点東京
    NSトレーディングはアラブ首長国連邦・ドバイを拠点に営業活動を行っております。何故ドバイなのか。それは、更に世界へ広まるチャンスが多くあるからです。アジア・ヨーロッパ・アフリカの中間地となる貿易・物流のハブであるため、世界中のバイヤーが集まっており、数多くの世界的な展示会も開催されております。「海外で売れる為の仕組みづくり」をサポートさせて頂きます。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • HULS Asia Pacific Pte. Ltd.

    得意な商材伝統工芸品
    対応エリアシンガポール・アジア全域
    海外拠点シンガポール
    日本拠点東京
    私たちHULS(ハルス)は、日本工芸のグローバルビジネス支援に特化したクリエイティブカンパニーです。「デザイン機能」と「国際的な商社機能」を併せ持ち、アジア地域を中心に英語での情報発信から輸出入業務までをサポートしています。企画からプロモーション、貿易面まで幅広くサポート可能な体制を構築しており、幅広い工芸品の企画・販売展開に対応可能です。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • 株式会社エコロジーヘルスラボ

    得意な商材食品、化粧品、美容雑貨
    対応エリア東南アジア、特に、インド、ベトナム、タイ
    海外拠点インド、ベトナム、タイ
    日本拠点東京
    株式会社エコロジーヘルスラボ では、インド、ベトナム、タイへMADE IN JAPANの化粧品、健康食品、美容機器、美容グッズを輸出するお手伝いをしております。展示会出展サポート、現地視察、許認可申請サポートから、現地代理店との協業で販路拡大・営業支援させていただきます。何かお困りの際は、お問い合わせ下さいませ。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • マイ・インターナショナル

    得意な商材FMCG全般、医薬品、IT・通信機器、工具、音響機器、電気設備、文具・事務用品、アパレル等
    対応エリアベトナム
    海外拠点ベトナム
    日本拠点-
    弊社は、ベトナムで販促マーケティングをトータルでサポートしております。代表の梅田は、ベトナム初のカタログ通信販売会社「ニャンニャン社」を設立し、以来10年間ベトナム市場で様々なカテゴリーの製品販売を経験してきました。その中で培った現地販売ノウハウやローカル企業とのネットワークを活かし様々なご要望に対応します。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • アジアプラス / 株式会社Asia Plus

    得意な商材全商材に対応(特に、消費者関連商品・サービスに強み)
    対応エリアベトナム
    海外拠点ベトナム
    日本拠点東京
    弊社はベトナムでの売上を最大化するためのサポート展開を致します。市場調査業務を通じてベトナムの消費者を誰よりも知る当社は、ベトナムビジネスの攻略方法についてもよく知る企業です。ベトナム人向けのマーケティングプロモーション、インフルエンサーマーケティング、システム開発、フィールドワークなど御社のマーケティング戦略の立案及び実行をフルサポートします。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • 大福国際事業有限公司

    得意な商材全業種に対応
    対応エリア台湾
    海外拠点台湾
    日本拠点-
    大福国際事業有限公司は、台北市に本社を置き、日本の秀でた商品やコンテンツ、サービスをアジアに広めるお手伝いをしています。日本と台湾等のアジア地域での架け橋となるため、販路開拓、プロモーション、広告出稿等、現地で発生する様々な業務のサポートをさせていただきます。国際貿易も得意としているため、日本と台湾間の輸出入や台湾から他国への輸出などのサポートも可能です。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • エイトナインティグループ

    得意な商材全商材に対応
    対応エリアシンガポール、インドネシア
    海外拠点シンガポール、インドネシア
    日本拠点東京
    弊社はシンガポール・インドネシアで、現地プロモーション支援を提供しており、お客様の商品・サービスを現地マーケットに浸透させるお手伝いをしています。現地で培ってきたノウハウを基に、現地で通用するブランディング用のサイト構築、販促イベントの企画、インフルエンサーを活用したマーケットへの拡散支援など、現地でのブランド力を向上し販路拡大に繋げる支援を包括的に提供しています。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • インドネシア総合研究所

    得意な商材全商材に対応
    対応エリアインドネシア
    海外拠点インドネシア
    日本拠点東京
    インドネシア総合研究所は、インドネシアでの市場調査やプロモーション支援を提供しています。様々なメディアやプロモーション方法を組み合わせ、貴社のプロモーション目的に最適な宣伝戦略を提案・企画・実施させていただきます。東京にも専門スタッフが在籍しているため、日本とインドネシアの両国から、各社のインドネシア進出を総合的にサポートできることが強みです。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ホープウィルグループ

    得意な商材全商材に対応
    対応エリアアジア全域
    海外拠点香港・中国・カンボジア・SG
    日本拠点東京
    ・販路開拓をしたいが十分な予算がない
    ・担当できるヒトがいない
    ・アジア現地にネットワークがない
    ・自社商品が現地で受け入れられるか分からない

    そんなお悩みをお持ちの方は、是非お気軽にご相談ください。アジア市場の最新情報も含め、まずは情報提供や打ち合わせをさせて頂ければと思います。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ソウルジャパンメディア

    得意な商材何でもご相談ください
    対応エリア韓国
    海外拠点ソウル
    日本拠点福岡
    韓国内でのマーケティングや販路開拓&営業支援を展開します。韓国に進出されている企業の現地マーケティングはもちろんのこと、韓国進出をご検討されている企業様、EC販売で韓国市場に参入したい企業様にも対応可能です。代表の田中自ら起業し挑戦してきた経験を、皆様のお役に立てて頂ければと思いますので、お気軽にご相談ください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • イーグルワンエンタープライズ

    得意な商材全商材に対応します
    対応エリアベトナム
    海外拠点ベトナム
    日本拠点東京
    私自身は日本とベトナムの両国で実業を展開し10年目になります。そのため、机上の空論や理想論のコンサルティングではなく、経営者としての経験・情報・知恵・人脈も駆使しながら、「目に見える成果に繋がる支援」を実施しています。ベトナムでの販路を開拓したい商材をお持ちの場合は、まずは一度お話させて頂ければ幸いです。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ライビエン / LAI VIEN CO,.LTD

    得意な商材製造業に関連する商材等
    対応エリアベトナム
    海外拠点ベトナム
    日本拠点-
    ライビエンでは、市場調査から販路開拓までの幅広くサポートが可能です。月刊ビジネス情報誌「アクセス」の発刊により培った現地の日系・ローカル企業とのネットワークをもとに、特にIT、商社、製造業の支援を得意としております。ベトナムの販路開拓をお考えの際は、お気軽にお問合せください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ミックスウェルトラベル

    得意な商材訪日旅行、県産品など
    対応エリア香港、広東省
    海外拠点香港
    日本拠点-
    ミックスウェルトラベルは、香港で訪日旅行(インバウンド)に関わるコンサルタント業務を主に行っております。具体的には、香港や広東省でのプロモーション活動を通して、訪日旅行客の集客や、日本製品および県産品の販売促進支援をご提供しております。日本語でお気軽にご相談ください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ジャパジアン / 株式会社JAPASIAN

    得意な商材日用消費財、教育系、IT、飲食
    対応エリアインドネシア
    海外拠点インドネシア
    日本拠点東京
    ジャパジアンはインドネシア進出に伴う調査や、各種マーケティング、進出後の運営体制構築サポートを提供しております。販路開拓にあたっての商品サンプリング、実売調査から、現地市場に向けたソーシャルメディアマーケティングまでサポート可能です。お客様の目的に合わせて柔軟に対応致します。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • 誠亜国際有限公司 / Cheng Ya International

    得意な商材観光・旅行
    対応エリア台湾
    海外拠点台湾
    日本拠点-
    誠亜国際有限公司は、台湾に本社を持つ、イベント企画、PR、各種広告出稿事業が可能な日本人が運営するマーケティング会社です。現在、日本の各自治体および企業様の台湾における各種プロモーション業務、観光客誘致のPR事業を実施しています。台湾でのイベント、PR、広告出稿についてお気軽にご相談ください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • アイ・シー・ネット株式会社

    得意な商材農業、食品、音楽、生活雑貨、化粧品、水処理、省エネ、医療品など
    対応エリアアフリカ、アジア、中南米の途上国・新興国
    海外拠点アメリカ、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、バングラデシュ
    日本拠点埼玉
    途上国・新興国100カ国で行ってきたODA事業経験を活かし企業の海外展開を支援しています。事業パートナーとして、現地で成功するまで一緒に汗をかくのが特徴です。ここ3年間では30カ国においてマッチング、販路開拓など90事業の支援をしました。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • ST Net Pte. Ltd.

    得意な商材美容商材
    対応エリアシンガポール、東南アジア
    海外拠点シンガポール
    日本拠点-
    弊社はアジア各国への進出コンサルティング会社です。その他に海外サロン運営、美容商材の海外販売サポートも行っており、海外販売代理店としても活動しています。関連省庁への認可取得代行も可能です。東南アジアでの美容商材の販売をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • Spoonful (Alchemiste Pte Ltd)

    得意な商材食関係
    対応エリアシンガポール、東南アジア
    海外拠点シンガポール
    日本拠点-
    Alchemist Pte. Ltd.は「Spoonful」というブランドで食のイベント事業を行っております。 展示会サポート、市場調査、マーケティング、PR事業を行っております。商談会や商談相手の選定、コーディネーションも可能です。シンガポールでの食関係の販売をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • アイモバイル台湾

    得意な商材単品通販、越境EC、Webサービスなど
    対応エリア台湾
    海外拠点台湾、アメリカ合衆国
    日本拠点東京、大阪、福岡
    弊社は日本最大級のアドネットワークを運営するアイモバイルグループが100%出資する台湾子会社です。日系企業様向けに簡単なマーケット調査やテストマーケティング、低予算の広告配信や小規模のイベント実施など、初期段階のマーケティング施策を中心にサポートしております。台湾進出、また、台湾でスモールスタートし、他国展開を考えている企業様、お気軽にご相談ください!

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

世界全域の販路を開拓する方法の専門家一覧


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク