飲食業の海外進出特集 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


飲食店の海外進出をお考えの方へ

海外へ飲食店の展開をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

▼海外へ飲食店を展開するため知っておきたいポイント

増加する飲食業の海外進出とその背景

飲食業で海外進出する際のステップ

飲食業で海外進出する際に注意するべきポイント

▼世界全域での飲食店進出支援について相談先を見つける

世界全域の飲食店進出支援に詳しい専門家一覧を見る

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

海外へ飲食店を展開するため知っておきたいポイント

増加する飲食業の海外進出とその背景

永遠に続いていくような錯覚すら覚えた経済成長期が止まってからもう十年以上が過ぎ、私達は停滞する経済との共存をして行く中で薄れゆく過去の繁栄を忘れ、それでも続く日常を必死に生き抜いていく時代へと変わってしまったようにも感じます。

そのような人々の生活を、原材料を変え、サービスを変え、値段を変え、日々の食生活を支えてくれている外食産業も、今後の10年を見据えた時には、減少していく国内需要の取り合いをするよりも、成長を続ける海外市場へと活路を見出すケースが非常に増えてきたように感じます。

既に海外展開をしている企業も、また今後海外展開を検討している企業も、その事業判断に至るまでの過程には多くの異なる要素が影響をしており、また留意すべき点についても全ての企業に共通するわけではありませんが、先人たちが積み重ねてきた海外での経験をベースにして、少しずつではありますが、飲食業の海外進出についてもノウハウが存在しています。

そしてそのようなノウハウは、飲食業への海外進出支援を行う専門家によって受け継がれ、さらに磨きをかけられて、今後も続いていくであろう飲食業の海外進出を支えていくでしょう。

 

▲目次に戻る

飲食業で海外進出する際のステップ

では、実際に進出をするために必要となるステップはどのようなものでしょうか。

▼ステップ1:飲食業として進出する形の決定

最も重要なポイントの一つです。自社戦略としてどのような点を重視するのかは異なるわけですが、自己資本のみでの進出か、合弁会社を設立するか、あるいはフランチャイズ展開を行っていくのかなどは明確にして、その理由や根拠を明確にしておく必要があります。

独資での進出にこだわる企業もいれば、自分達の流儀や味にこだわる企業もいます。また国や地域によってそもそも進出形態が限定されてしまう場所もあります。何を重視し、そのためにどのような形で進出をするのかを戦略的に検討する必要があるため、しっかりとした専門家の支援を得た方が無難でしょう。

 

▼ステップ2:資金調達方法

日本での調達をするのか現地での調達をするのか、その方法も増資やリース、ビジネスローンなど様々な形があるが、何をどのような理由で選択するのかについては専門家のアドバイスをもらった方が安全な領域とも言えます。飲食業としての進出は、設備投資費もケースもよくあるため、十二分に検討を重ねておくことが望ましいでしょう。

 

▼ステップ3:販売戦略の決定

どのような国のどのような地域に出店をするのか、またその地域のどのようなターゲット層に対して販売をしていくのか、全体的なマーケティング戦略と並列させて何をどのように売ってどの程度の売上を立てていうのかを明確にしておかないと、困難に直面した時に場当たり的な対応となってしまい全てが後手にまわりがちです。また現地への浸透に際しても、どのようなマーケティングを行うことによって、ローカライズしていくことができるかを真剣に考える必要があると言われています。特に、日本での成功法則や流儀をそのまま現地に導入していくことを考えている企業は注意が必要です。

特に難しいのは、飲食業としての味のローカライズ、あるいはクオリティコントロールです。運営をしていく中で対応が必要となる場合もあるかもしれませんが、まずはあらゆることを想定して事前に把握、検討をしておく必要があります。

 

▼ステップ4:商慣習とコスト計算

進出国によってはその国特有のルールや商慣習があり、それらの存在によって予想だにしなかった費用が発生してしまう場合があります。当然、人件費や物価についても国ごとに全く異なり、また日本人管理職の常駐を行う場合なども、現地人との人件費に違いがありすぎる場合などには細心の注意が必要です。また不動産契約に伴う法律などについても専門家のアドバイスが必須でしょう。

 

▼ステップ5:リーガルチェック

法律や現地商慣習に沿った形での契約書やそれらのチェックについて現地専門家の支援なしに行うにはリスクが大きすぎます。進出する国の法律やそれらに照らし合せて作られている契約書について、誰がどのような形で準備をし、どのような内容を契約書に盛り込んでいくか、この項目も専門家必須の領域です。

このように実際に進出をする前段階でもこんなに多くの重要なステップが含まれています。またこのステップが無事に終了した後も、食材調達の問題や従業員のビザの問題、法人登記やそれらに付随する設備投資、ライセンス獲得や税金、現地人雇用の問題や資金繰りの問題など、対応しなければならない領域は数え切れません。

 

▲目次に戻る

飲食業で海外進出する際に注意するべきポイント

また、海外進出前段階における諸問題とは別に、実際にオペレーションを始める段階において乗り越えなければいけない問題もたくさんあります。いくつか例をあげてみましょう。

[人材・雇用に関する事項]

常に頭を悩ます問題の一つは人材に関する問題です。 駐在員としての立場で現地就業をする人材と、現地において雇用をする人材に分かれますがそれぞれに留意をすべき諸問題はたくさんあります。

入国許可や労働許可についてもそれぞれの国に明確に定められた規定が存在し、それらをしっかりと把握した上での進出が望ましいといえます。

 

[物件探しや不動産に関する事項]

進出形態や投資形態にもよるが、一般的には物件探しは現地パートナーやデベロッパーを通じて行うケースが多く、物件も賃貸借契約の場合が多くなり、何かと不動産所有者との交渉が付きまとってくるため、金銭的なトラブルに巻き込まれたり、宗教的なトラブルに巻き込まれたりするケースがあります。

 

[ライセンスや登録手続きなど]

進出国によってはライセンスが必要になったり、現地の役所などに登録を必要とする場合があり、事前に把握をした上での開店準備が必要になります。対象となるライセンスや登録をしている場所の違いによっても必要となるコストや許可までに要する時間などが大きく異なるため注意が必要です。

その他にも飲食業に関連する留意点は数多く存在します。営業時間やアルコールの提供に関する規制やハラル規制などが代表的なものかもしれませんが、全てを把握した上で進出するのが望ましいですが、なかなかそこまでの余裕がない場合も頻繁に発生します。

 

長時間かけて自社で全てを準備して、何か問題が発生してしまうと多大なる時間と労力の無駄を生み出すことになりますので、適切な専門家に適切なアドバイスを受けて、飲食業の海外進出を成功させることは重要です。

▲目次に戻る

世界全域の飲食店進出支援専門家一覧

世界全域の飲食店進出支援の専門家一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • 株式会社ミュープランニング

    支援内容市場調査、業態開発、オペレーション構築、店舗設計、飲食業のアメリカ進出支援
    海外拠点アメリカ
    従業員30名 日本拠点東京
    ミュープランニングでは、アメリカへ進出を検討している飲食店・小売店の店舗展開を、進出前の「市場調査」から、進出時の「店舗コンセプト開発・メニュー構築・店舗設計」、進出後の「店舗/組織診断」「ブランド構築」「商品開発」「経営コンサルティング」まで、包括的にサポート。これまで、アジアやアメリカで、200店舗以上の支援実績があります。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • 日本アシストシンガポール

    支援内容飲食業を中心とした日系企業のシンガポール進出支援、事業計画策定支援、店舗運営支援
    海外拠点シンガポール
    従業員5名 日本拠点-
    弊社はシンガポールでの飲食店開業サポート、及び開業後の収益向上サポートを行っています。代表の関は、IE Singapore(シンガポール国際企業庁)での勤務経験と10年以上の飲食支援実績を有しています。そのノウハウを基に、現地に適した業態開発から事業計画の策定、新規出店の実行、人材の採用・定着、集客のためのPRまで一気通貫で支援をしております。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • G-JOYFUL LIMITED

    支援内容飲食業香港進出コンサルティング、税務サービス、衛生検査(香港レストラン、工場)
    海外拠点香港
    従業員- 日本拠点-
    弊社G-JOYFULは香港での飲食店ビジネスコンサルティングや開店サポートを得意としております。代表の古山は日本大手の飲食企業で香港法人の代表を務めており、15年間(香港では8年間)の飲食ビジネス経験を有しています。その間に培った香港でのノウハウと知識を活かし、幅広くきめ細やかなサポートが可能です。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • メリットリンク

    支援内容飲食業・小売業の香港進出をトータルサポート
    海外拠点香港
    従業員日本人2名香港人4名 日本拠点-
    メリットリンクは、飲食業や小売業の店舗ビジネスを展開される日系企業様に特化して、香港進出の、出店計画・法人設立代行・ライセンス申請・事業計画作成・設計施工・メニュー開発・物流確立・従業員確保・バックオフィス機能に至るまでの一連業務をサポートしています。これまでの支援実績は50件以上あり、経験を元にご支援いたします。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • HK Business Solution Limited

    支援内容飲食業進出コンサルティング
    海外拠点香港
    従業員日本人4名/香港人1名 日本拠点-
    香港BSでは、香港での飲食店出店のサポートを行っております。物件の選定から事業計画策定、設計・施工管理、物流構築の出店関連業務はもちろん、開店後の人事労務、経理会計なども対応可能です。香港での飲食店出店をお考えでしたら、ぜひお気軽にお問合せください。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

世界全域の飲食店進出支援の専門家一覧

海外進出支援コンシェルジュ

世界全域飲食店進出支援に関するQ&A


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ