三代目俵屋玄兵衛 シンガポール代表 佐藤 祐一 様 インタビュー | シンガポール進出企業インタビューならヤッパン号


俵屋

日本人がシンガポール進出で成功するには

Wakka Singapore pte ltd(新加坡精米所三代目俵屋玄兵衛) シンガポール代表 佐藤 祐一

日本人がシンガポール進出で成功するには

「厳選した日本産米を精米したてで届けたい」。そんな想いを持ってシンガポールで事業を展開する佐藤氏。米・食味鑑定士でもある佐藤氏が厳選したお米をシンガポールで精米し、直接お客さんにお届けする。いま日本食が大人気のアジアにおいて、佐藤氏のようなプロの裏方は必要不可欠な存在だ。今回は佐藤氏にシンガポールでのビジネス状況や今後の展開について聞いてみた。(取材内容は2013年9月時点のもの)

【日本産米を現地で精米】
―まず御社の事業内容を教えてください。

 シンガポールと香港で、精米したての日本の良質なお米を個人や飲食店さんにご提供しています。日本から玄米を低温コンテナで輸出して保管し、自前の精米機で出荷直前に精米し、お客様に宅急便で届けています。

―シンガポールは御社にとって2か国目の進出だそうですね。

 そうですね。まず香港からビジネスをスタートして、香港の事業が順調に推移してきたので、香港と環境が似ているシンガポールを2か国目に選びました。

 シンガポールは香港と似ていて、日本人が多く住んでおり、日本食レストランも多い、また高所得者が多い国です。それに資本規制や輸入規制もなく、ビジネスが非常にやりやすいんです。

【実家は農家、日本産米への想い】
―佐藤さん自身、生まれは新潟出身で実家は農家だそうですね。

 はい。なので、日本のお米に関しては、とても思い入れがあります。小さいころからお米とともに育ちましたからね。米・食味鑑定士という資格も取りました。

―プロが厳選した日本産米を精米したてで届けているわけですね。佐藤さんの経歴を教えてもらえますか?

 私自身は大学卒業後いったん都市銀行に入行しました。その後に銀行を辞めてカナダのトロントにワーキングホリデーにいきました。人生一度きり。いちど海外でチャレンジしたいと思ったんです。

 そしてワーキングホリデーは1年ほどで終えて日本に帰国して、日本でしばらくネットワークエンジニアとして働いていました。しかし、やはり海外でチャレンジしたいという想いが私の中で強くて、再度ネットで海外の求人情報を探していたんです。その時にたどりついたページが俵屋の求人ページでした。当時すでに創業者が香港で俵屋のビジネスを創業しており、その求人ページを見つけたんです。その求人は実は期限が切れていたんですが(笑)、ダメもとでメールしてみたら、採用されて働くことになったんです。ホント人生って不思議ですよね。

ページ: 1 2 3

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク