専門家座談会「遠距離経営」を成功させるコツ (前編) | 進出企業インタビューならヤッパン号


glaciaous_main01

専門家座談会「遠距離経営」を成功させるコツ (前編)

株式会社東京コンサルティングファーム 代表取締役会長兼CEO 公認会計士・税理士 久野 康成

専門家座談会「遠距離経営」を成功させるコツ (前編)

少子化による国内市場の縮小を受け、海外進出をめざす企業は増える一方です。しかし、進出企業の実態をよくみると、現地拠点のマネジメントに苦戦しているところが多いようです。いったいなにが起きているのか。そして、拠点マネジメントに成功するにはどうしたらいいのか。今回は、クラウド型国際会計基盤『GLASIAOUS』を駆使して海外展開企業を支援している会計のエキスパートのみなさんに、遠距離経営を成功させるコツを語りあってもらいました。前編では本社と拠点が抱える不満について掘り下げました。

株式会社東京コンサルティングファーム

代表取締役会長兼CEO 公認会計士・税理士

久野 康成

×

永峰・三島会計事務所

会計グループ パートナー

西 進也

×

BDO税理士法人

統括代表社員 公認会計士(米国/日本)・税理士

長峰 伸之

×

太陽グラントソントン

パートナー 公認会計士

美谷 昇一郎

×

グローバル イノベーション コンサルティング

海外戦略事業部 事業部長

豊田 直也

×

辻・本郷 税理士法人

法人国際部 部長 税理士

金森 里絵



グローバル経営は“遠距離恋愛”の要領で!?

―みなさんはグローバル展開している企業の支援を通じて、内情に精通していると思います。まず、現地の拠点マネジメントがうまくいっていない企業では、拠点側のスタッフは本社に対して、どんな不満をもっているのか。エピソードを聞かせてください。

久野:“OKY”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「おまえ、来て、やってみろ」の略語なんです(笑)。拠点側のスタッフが本社に対して感じていることを的確に示す言葉です。

拠点スタッフはよく、「現地のことをよく知りもせずに、本社から一方的に要求ばかりしてくる」と嘆きます。たとえば、製造業で「日本と同じレベルの品質にしてほしい」と本社が要求しても、現地工場の仕入れ先からくる部品の質が悪ければ、拠点スタッフがどんなに努力しても、そもそもムリな話です。そういった不満が積み重なると、最終的には「OKY!」と、不満が爆発してしまうのです。

 

長峰:本来は、爆発する前にコミュニケーションの密度を濃くするべきなんです。遠距離経営は、遠距離恋愛と似たところがあります。恋人どうしであれ、同じ企業のメンバーであれ、物理的に離れているときは、お互いが歩み寄ってコミュニケーションをとらないと、しだいにそれぞれの意識がズレてくる。その結果、「本社はなにもわかってくれない」という不満につながります。

数字だけで管理したり、問題が起きた時だけ対処したりするのではいけない。相手は見えない地にいるのですから、恋愛と同じように、まずはウェットなコミュニケーションが必要なのではないでしょうか。進出先の成長度あいに応じたメンバーの教育も必要でしょうし、社員をきちんと評価することも大切です。がんばりを正しく評価しないと「これだけのことをしているのに、なぜわかってくれないんだ?」「がんばりは評価されないまま、つねに結果だけを求められる」という不満につながりがちです。

 

西:おっしゃる通りですね。その不満が高まると、退職にまで発展することもしばしばです。私が支援している日本インバウンドの外資系企業の例では、日本における子会社で優秀な人材が次々と退職してしまった。海外拠点をもうけてすぐに事業が軌道に乗ればよかったんですが、うまくいかない期間が続いてしまったからです。結果、「もっと活躍できるはずだったのに」と、社員のモチベーションが下がってしまった。そうすると、「人材のターンオーバーが止まらない」という悪循環に陥ってしまう。

 

海外からの撤退を進言したこともある

―なるほど。ただ、業績不振の会社からスタッフが転職していってしまうこと自体は、よくあることだと思います。「グローバル展開している企業の海外拠点ならでは」の転職理由はありますか。

美谷:「この地でなにをしようとしているのか、見えてこない」というケースです。本社側の方と話したとき、「なんのために海外に拠点をつくったのか」が意思統一されていないケースが多く見受けられます。幹部の誰に聞いても回答が違う。本当のところは「なんとなく競合他社が進出しているから自社も…」とい動機だったのかもしれません。

本社としてのビジョンがないなかで、拠点に結果だけを求めても成功するのは容易ではありません。ローカルスタッフは自国でのキャリア形成を考えるでしょうから、会社としてのビジョンが伝わってこなければ、その会社で働く意味も見いだせない。不満はたまる一方です。そんな状況にある会社に対して、私は「もういちど、日本でできることを考えませんか?」と提案したことさえあります。それくらい、安易に海外へ進出してしまい、失敗してしまうケースが増えてきているのです。

 

豊田:ビジョンの不在は、「この拠点でいま、どんな人材が必要なのか」という要件の欠如につながります。その結果、現地でやりたいことのスキルに見あっていない人材を、日本から送ったり、現地で採用したりする。結果、「こんなムチャなことを期待されても…」という不満につながるわけです。

海外拠点をもつ意味やビジョンを再確認し、どんな人材が必要なのかといったところから見直す必要があります。そしてビジョンを定期的に現地スタッフと共有しておくことが重要。そのうえで、予定していた数字の管理や分析を進めれば、現地とのコミュニケーションがもっと濃いものになるはずです。

 

金森:本質的な問題として「なぜその国に進出したのか、なにをやりたいのか」というビジョン・戦略が不明確だと、不満につながりやすいのでしょうね。拠点をつくった目的を明確にし、本社・現地がそれを再確認・共有する必要がありそうですね。

 

glaciaous_img01 

起業家精神が必要なのにサラリーマンしかいない

―では反対に、本社側のスタッフが海外拠点に対して抱く不満をシェアしてください。

金森:「とにかくレスポンスが遅い」というのはよく聞きますね。時差の問題だけではなく、日本では「メールが来たら24時間以内に返す」というマナーが浸透していますが、海外ではそうではない場合も。そんなちょっとしたことでも、コミュニケーションがうまくいかないと、不満が募ってしまいますよね。

 

西:確かに、報告の不備について不満をもつケースは非常に多いですね。日本インバウンドの外資系企業でも、「日本の子会社からきちんと事業の報告があがってこない」という不満が極めて多い。そこで本社がどんな手を打ったかというと、英語がたんのうな日本人スタッフを優先して採用することなんです。でも、「語学力がある=仕事のスキルが優秀」とは限らないですよね。

結果的に、日本での事業成長にはつながりませんでした。採用された語学優秀なスタッフにしてみれば、業績低迷の責任をとらされてはたまりませんから、あいまいな報告をしてしまう。本社側からすると、ますます「拠点の実態が見えない・わからない」となってしまうんですよね。

 

久野:海外拠点に送り込む責任者の資質は重要な問題です。じつはいま、海外子会社の機能が昔と大きく変わってきているんです。いままでは日本を含む先進国に輸出するモノを海外で安くつくるという、製造という機能に特化した、いわば「機能型」の子会社でした。でもいまは新興国経済の発展により、進出した国で生産し、その国で消費する「地産地消型」になっています。つまり、海外拠点が本社と同じ、仕入れから販売までのフルスペックの機能をもつ必要がある。

そうなると、海外拠点のリーダーは、起業家としての資質が求められる。でも、多くの場合、日本における部長・課長クラスといったサラリーマンが派遣されているのです。起業家精神をそなえていないことは容易に想像できますよね。海外拠点のリーダーに起業家精神をやしなうような研修や教育を提供してこなかったにもかかわらず、本社側は「現地のリーダーが責任を果たさない」と不満をいっているのが実情です。

 

会社としての投資か事業部としての投資か

―「海外へ送り出す人材の育成・教育」というと、どうしても語学教育にかたよりがちです。それでは不十分ということですね。

美谷:ええ。私はよく、お客さまに「グローバル人材に必要なのは“4S”です」とお伝えしています。スキル・スピード・スマイル・センスの“4S”。語学は最初の「スキル」のなかのひとつの要素です。日本人駐在員としていちばん重要なのは「センス」。日本語でいうと「距離感」のようなもので、ローカルスタッフとの距離感が非常に重要です。日本ではあうんの呼吸で伝わることも海外ではそうはいきません。それを理解したうえで、適切なコミュニケーションをとる「距離感」が大切なのです。

1点、本社のスタッフがもつ不満について、付け加えさせてください。海外拠点のスタッフに対してではなく、本社の社長に対して不満を抱いているケースが多くあります。結局、いくら本社と拠点でやりとりをしても、トップがGOを出さなければなにも進みませんから。トップの決定力や意識が全体に影響している点も忘れてほしくないですね。

 

豊田:トップに決めてほしいことは、「権限委譲」についてのルールですね。海外拠点にどこまで権限を委譲するのか不明確なままだと本社側は「なんでそんなことやったんだ」「そんな指示していない」と。一方、拠点側からしても「この程度のことに本社への確認が必要?」「これって自分たちで決めていいの?」となり、意思決定スピードが非常に遅くなります。はじめにルールを明確にしておき、さらに進出後も定期的に本社・拠点でコミュニケーションをとり、ルールをブラッシュアップしていくことが必要でしょう。

 

長峰:「事業部としての投資」なのか「会社としての投資」なのかという問題に行きつくように思います。日本企業の海外進出は前者が多い。国内に工場や営業所をひとつ増やすのと同じような感覚で、海外拠点をもうけている。でもそれでは、久野さんがおっしゃったような起業家精神のある人材をリーダーとして派遣するとか、美谷さんがおっしゃったような“4S”をもつ人材を育成しようといった思考にならないでしょう。

会社全体としての投資ととらえれば、「では、拠点で働く人材をどのように確保するのか」という戦略を立案しようとするはずです。長期で見て、会社全体の問題として考えていくのか、単なる事業部の出先として考えるのか、そういった根本的な見直しが必要だと感じます。

 

―ありがとうございます。座談会の後半では、本社・拠点双方の不満をおさめ、円滑な海外拠点マネジメントを実現するコツを語ってもらいます。

(後編へ続く)

 

監修

GLASIAOUS

『GLASIAOUS』は海外進出企業を対象とした、クラウド型の国際会計アウトソーシングサービス。グローバルなコミュニケーションを支えるクラウドを基盤に、グローバル経営の専門家がアウトソーシングサービスを提供しているのが特徴。現地法人・本社の業務効率化や、正確で迅速な意思決定を支援。詳細はこちら。

専門家一覧

専門家一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • NAC Global Co., Ltd.

    中国アジア各地において、設立・進出支援から会計・税務・監査・労務業務まで幅広く対応している。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地Suite 2408, 24/F, Lippo Centre, Tower 2, 89 Queensway, Hong Kong
    お問い合わせ窓口:Momoko MA(馬 詠怡)、Gaku MURATA(村田 学)
    お問い合わせ先電話番号(852) 2537-2146
    お問い合わせ先メールinfo@nac.com.hk

  • AGS

    2008年創業で9年目。ベトナム現地における日系最大手の会計事務所。日本人専門家(日本国会計士・日本国税理士・USCPA、日本国弁護士、日本国行政書士、他)が現地にてコミットしています。現在、顧客数は600社超。従業員は170名超(日本人専門家は最大規模20名超)となっております。各種公的機関のバックアップやベトナムデスクのサポートもしています。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地ハノイ市:6F Hoang Sam Building,​ ​​2​​60-262 Ba Trieu St., Hai Ba Trung Dist.​,​ Hanoi, Vietnam
    ダナン市:5F Vinh Trung Plaza, 255-257 Hung Vuong St., Vinh Trung Ward, Thanh Khe Dist., Da Nang, Vietnam
    ホーチミン市 : 12F Harbour View Tower, 35 Nguyen Hue St., Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
    部署名:営業:髙木(Mr. Takagi Naoki) 会計:堀切(Mr. Horikiri Yasutaka)
    お問い合わせ先電話番号営業:髙木(Mr. Takagi Naoki)+84-(0)28-3914-3923
    代表:石川(Mr. Ishikawa Ko)+84-(0)90-738-6906
    お問い合わせ先メールinfo@ags-vn.com
    営業:髙木(Mr. Takagi Naoki):takagi.n@ags-vn.com
    会計:堀切(Mr. Horikiri Yasutaka):horikiri.y@ags-vn.com
    代表:石川(Mr. Ishikawa Ko):k.ishikawa@ags-vn.com

  • BDO税理士法人

    弊法人が加盟する国際的な会計事務所ネットワーク“BDOインターナショナル”は、世界5大会計事務所ネットワークの一つであり、全世界151ヶ国に合計で1,300超の事務所を有し、約6万人のパートナー及びスタッフが所属しております。(2015年1月現在)
    その強いネットワークを活用し、日本へ進出している外資系企業や海外で活躍する日系企業に対してサービスを提供しております...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番1号 エステック情報ビル14F
    部署名:GLASIAOUS service team (グラシアス サービス チーム)
    お問い合わせ先電話番号03-3348-9170 (担当 福田、松澤)
    お問い合わせ先メールinfo.tax@bdotax.jp

  • CaN International税理士法人

    クロスボーダーに係るコンサルティング業務全般を提供するプロフェッショナルファームです。クロスボーダー業務を専門に行うコンサルタントが、日系企業に付き添って海外進出における各プロセスを総合的に支援し、ビッグファームでは提供できないきめ細かなサービスを提供しております。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地103-0016 東京都中央区日本橋小網町12-7 日本橋小網ビル8階
    お問い合わせ先電話番号
    お問い合わせ先メールinfo@caninternational.co

  • 株式会社グローバル・パートナーズ・コンサルティング

    シンガポールでは自社でサービスオフィスを持っており、会社設立から記帳代行、マーケティング等を含めた各種コンサルティング業務をワンストップサービスで行っております。...
    サービス内容バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    所在地102-0085 東京都千代田区六番町2番地8 番町Mビル3F
    お問い合わせ窓口:シニアマネージャー・税理士 林理恵子
    お問い合わせ先電話番号03-5275-1060
    お問い合わせ先メールrieko@g-pc.co.jp

  • J-CROWN Co.,Ltd.

    日本人は有資格者のみ、かつ英語、タイ語を使用し、タイにおける会計実務における日系企業の悩み(主に月次会計、内容説明)を強力にサポートいたします。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地53/1 Soi Sukhumvit 34 Klongton Klongtoey Bangkok 10110
    お問い合わせ先電話番号091-807-9731
    タイ国内からのご連絡:
    02-258-2170(事務所電話番号) 091-807-9731(日本人直通
    日本からのご連絡:050-3577-3831(日本人直通)
    ※IP電話の電話番号のため、通話料は国内のIP電話にかける料金と同額です
    お問い合わせ先メールinfo@j-crown.asia

  • 太陽グラントソントン

    太陽グラントソントンは、国際会計ファームのひとつであるグラントソントンのメンバーファームです。
    上場企業及び中堅企業への監査サービスを提供する他、オーナー系企業・中堅企業への税務及びコンサルティングサービスを提供しています。上場企業、上場準備中の成長企業、金融機関、学校法人、独立行政法人、公益法人など、多様な規模と業種のクライアントへのサービスは、トップクラスの実...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    資金繰表作成サービス
    所在地107-0061 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル12階
    アカウンティングサービスチーム
    お問い合わせ先電話番号03-5770-8822(担当:小松・小杉)
    お問い合わせ先メール

  • 辻・本郷税理士法人

    国内55拠点、海外6拠点の豊富な自社ネットワークを有する国内最大手の税理士法人です。
    顧問先企業数10,000社を超える豊富な経験と実績、プロフェッショナル集団としての組織力を活かし、お客様にご満足いただける最高水準のサービスを提供いたします。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー28階
    部署名:法人国際部 問い合わせ窓口
    お問い合わせ先電話番号03-5323-3537
    お問い合わせ先メール10007@ht-tax.or.jp

  • 東京海上日動火災保険株式会社

    東京海上グループは、38の国・地域の483都市に拠点を設け、リスク・マネジメントサービスや保険商品をご提供することにより、お客様の海外進出をサポートしています。また、欧州、米州、アジアに損害サービスの現地法人を設立しており、あらゆる事故に世界中で対応できるよう、万全な損害サービス体制を整えています。...
    サービス内容海外リスクマネジメント・保険
    所在地108-6111 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟11階
    東京海上日動火災保険株式会社 
    関東業務支援部 担当課長
    松宮 高広
    お問い合わせ先電話番号Tel:03-5781-6522 Fax:03-5781-6530
    お問い合わせ先メール

  • 株式会社東京コンサルティングファーム

    ASEANを中心とした世界27ヶ国に進出しており、日本側と現地側の両面からサポートを行う。
    サポート内容としては、海外進出前の相談から進出後の会計・税務・人事・労務・コンプライアンス等、バックオフィスを広くサポートし、進出前からワンストップでのソリューションを提供している。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階
    お問い合わせ先電話番号03-5369-2930
    お問い合わせ先メールf-info@kuno-cpa.co.jp

  • 永峰三島会計事務所

    外資系企業に対する会計、税務、給与計算、支払代行のアウトソーシング・サービスを専門にしている会計事務所です。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    所在地100-6104 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー4階
    お問い合わせ窓口:永峰三島会計事務所 西 進也
    お問い合わせ先電話番号03-3581-1975
    お問い合わせ先メールinfo@nagamine-mishima.com

  • Meinan Accounting Vietnam.,Co.Ltd / 株式会社名南経営グローバル・パートナーズ

    日本にしっかりとした拠点を持つ(50年以上の実績)コンサルティングファームの海外法人であり、現地のみならず親会社を含めたサポートが可能となること。...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    記帳代行
    給与計算
    会計報告の基準 組替サービス
    所在地ハノイ:Head office:1410 Hapro Building, 11B Cat Linh St., Quoc Tu Giam Ward, Dong Da Dist., Hanoi, Vietnam
    ホーチミン:GF Thien Son Building, No5 Nguyen Gia Thieu St., Ward6, Dist3, Ho Chi Minh City Vietnam
    お問い合わせ先電話番号ハノイ:+84-4-6296-5726
    ホーチミン:+84-8-3930-5491
    お問い合わせ先メールinfo@meinan.vn
    k-saburi@meinan.net

  • グローバルイノベーションコンサルティング株式会社

    2011年創業で7年目。現在、従業員は200名強(日本120名/ミャンマー(Yangon/Mandalay)70名/フィリピン10名)です。海外進出支援(ASEAN)とミャンマー人バイリンガルITエンジニアの派遣(日本国内)とオフショア開発(日本/ミャンマー)が主業ですが、会計処理のBTOもミャンマーで3件、フィリピンで15件を行っています。中国・ASEANではフランチャイジー...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    日本本社向け オンライン報告サービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計スタッフ育成サービス with GLASIAOUS
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地1300021 東京都墨田区緑 1-21-10 BR両国2ビル 2F
    Waing Sanny(管理本部)
    お問い合わせ先電話番号03-5600-8880
    お問い合わせ先メールwaingsanny@gicjp.com

  • 朝日税理士法人

    法人・個人の一般的な税務書類作成、税務相談、税務代理業務のほか、IFRS組替、連結会計対応、会計アウトソーシング、管理会計、移転価格を始めとする国際税務、連結納税、組織再編、株式上場、事業承継、株価算定など幅広い会計・税務業務に対応している(一部グループ会社の業務を含む)。
    本拠の東京のほか、全国(札幌、仙台、長野、高崎、横浜、名古屋、大阪、岡山、福岡)にグループ...
    サービス内容業務分担可能な経理業務サービス
    オンライン会計相談サービス
    バイリンガル 財務レポート オンラインサービス
    法人設立 進出 支援
    支払代行
    記帳代行
    給与計算
    会計報告の基準 組替サービス
    資金繰表作成サービス
    複数現地法人横並び レポート作成サービス
    所在地〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目7番4号 砂防会館別館 A7階
    お問い合わせ先電話番号03-3556-6000
    お問い合わせ先メールotoiawase@asahinetworks.com

監修

GLASIAOUS

『GLASIAOUS』は海外進出企業を対象とした、クラウド型の国際会計アウトソーシングサービス。グローバルなコミュニケーションを支えるクラウドを基盤に、グローバル経営の専門家がアウトソーシングサービスを提供しているのが特徴。現地法人・本社の業務効率化や、正確で迅速な意思決定を支援。詳細はこちら。

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク