ベトナムの法人税は何%? | ベトナムに関する Q&A / コラム | ベトナムの会計士/会計事務所ならヤッパン号


flag_vietnamベトナムに関するQ&A

ベトナムの法人税は何%?

ベトナムの標準法人税率は25%です。天然資源の採取事業については税率32%〜50%となりますが、ここでは25%を基準とお考え頂くのが分かりやすいでしょう。

特定のケースにおいては、法人税の減税や免税などが発生します。具体的には、「投資優遇地域」に定められている地域への投資や経済特区・ハイテク地区への投資の場合に、税率が一定期間それぞれ20%、10%となります。

これらの地域への投資を検討される場合には事前に十分な準備が必要になりますので専門家の活用が無駄なく進めていくためには最良の選択になると思われ居ます。

一点、日本との違いで気を付けるべきポイントは、損金にならない項目が非常に多いことです。

損金の原則は、“事業に関連する費用であること”、また“適切な根拠証慿があること(ベトナム語)”となります。

日本よりも損金算入が厳しい例としては広告宣伝費が有名です。ベトナムでの広告宣伝費は10%しか損金計上できません。これは、ベトナム政府が国内企業を外資企業から守るための方針によるものです(外資企業が広告展開を大規模に行い、外資企業の商品に消費者の購買が流れるのを恐れているため)。
 
余談ですが、韓国企業がベトナムマーケットで成功している一つの要因として、この損金算入に対する韓国政府の処置があると言われています。具体的には、韓国政府は韓国企業が外国で広告予算を使った場合、その予算分の損金算入を韓国本社で実施できる仕組み(体制)を整えています。そのため、ベトナム進出している日本企業と比べて、現地の広告予算を投下する経営判断がし易く、現地での認知度向上に成功している事例があります。

ベトナムの法人税に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
ベトナムで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

 なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_vietnam ベトナム進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ