フィリピンの物価の相場を教えてください。 | フィリピンに関する Q&A / コラム | フィリピンの市場調査ならヤッパン号


flag_philippineフィリピンに関するQ&A

フィリピンの物価の相場を教えてください。

フィリピンの物価は贅沢品を除けば概ね日本の3分の1程度と言われていますが、フィリピンの物価についての考察は実は非常に難しいようです。

地域の価格差や商品そのものの価格統制がされていないということも理由の一つですが、公表されている最低賃金の数値と物価そのもののバランスが極めて悪いという点が最たる理由です。

例えばマニラの最低賃金と日本の最低賃金の差は約6倍前後の計算になるのですが、為替換算後の同一商品の比較をすると日本の6分の1にはならず、大体3分の1程度と言われていますので、物そのものが決して安いというわけではないとも考えることができます。

また、フィリピン現地在住者の感覚としては、年々出費が大きくなっている印象のようで、豊かになっていくことを実感しているようです。

2013年のCPIの平均上昇率は3%で、台風の影響などによる食料価格や電気料金などの高騰も影響はありますが、政府インフレターゲットの範囲内に収まっており、個人消費も堅調に推移しているようです。

何よりもフィリピンの個人消費を支えているのは、実は海外に出稼ぎに出ている人々からの仕送りと言われており、この点は上記の賃金と物価のバランスが悪い点を説明するポイントにもなっているようです。

フィリピンの市場調査、マーケット調査についてご興味ある方はこちらをご覧ください。専門家へのお問合せが可能です。
海外市場調査特集ページ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_philippine フィリピン進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク