韓国経済の現状はどのような状況ですか? | 韓国に関する Q&A / コラム | 韓国の市場調査ならヤッパン号


flag_korea韓国に関するQ&A

韓国経済の現状はどのような状況ですか?

韓国経済の現状をマクロ的に捉えると下記のような状況になるかと思います。

1. マクロ経済指標関連
・2013年経済成長率は2.8%。前年度2012年のGDPは1兆1558億ドルとなっており、2014年度の経済成長率予測は3.9%となっています。
・株価平均は米国量的緩和縮小の観測や中国の成長率鈍化にともない一時大きく下落したものの2014年現在は大きく持ち直している状況です。
・2012年以降ウォン高が進んでいる。

2. 貿易関連
・2013年度の貿易収支黒字は過去最高の441億ドル。貿易額は3年連続で1兆ドルを突破している状況のようです。
・韓国主要産業からも分かる通り、非常に高い輸出依存度の経済構造となっています。

3. 投資
・2013年度の直接投資は約145億5000万ドルとなっており、前年比では10.7%の減少となっているようです。

4. 経済政策
・政策目標は「経済活性化と民生安定」
・内需活性化を目的として、企業の投資促進、生産性向上、若年層・女性野雇用拡大等に対して力を入れる方向になっています。
・積極的なFTAを推進。

上記の様に、韓国経済は依然として力強い伸びを示しており、今後も米国や中国との経済的な繋がりを重視しつつ成長を継続して行けるかどうかが課題となってきそうです。一方で、これらマクロ指標とは別に各産業においては、それぞれ別のトレンドなどがあるかと思われますので、業界別の経済状況等については、お気軽に当社までお問い合わせ下さいますと幸いでございます。

韓国の市場調査、マーケット調査についてご興味ある方はこちらをご覧ください。専門家へのお問合せが可能です。
海外市場調査特集ページ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_korea 韓国進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ