Terra Motors Vietnam 代表取締役 林 信吾様 インタビュー | ベトナム進出企業インタビューならヤッパン号


スライド1

日本人がベトナム進出で成功するには

Terra Motors Vietnam Co., Ltd. 代表取締役 林 信吾

日本人がベトナム進出で成功するには

林氏は大学在学中にテラモーターズにインターン第1号として参画。大学卒業と同時にテラモーターズに入社。入社からわずか3ヶ月目でベトナム法人を立ち上げ、現在ではTerra Motors Vietnamの代表取締役を務める。今回は同氏に、起業の経緯やベトナムでゼロからビジネスを立ち上げる際に必要な能力や心構えなどを聞いた。(取材内容は2014年3月時点のもの)

【ベトナムで電動バイクの生産・販売】
―まず御社の事業内容を教えてください。

 Terra Motors Vietnamとしては電動バイク・電動自転車の生産と販売を手掛けています。現在はベトナムで販売を行うにあたって、現地販売店の開拓をしていて、2014年4月からは量産施策を実施し、6月から生産・販売を本格的にスタートする予定です。また今年の2014年には複数の商品をリリースする予定もあります。ちなみにデザインや設計は日本で行い、海外で部品を調達し、ベトナムで生産・販売をしている体制ですね。

―林さんは、なぜテラモーターズに入社したんですか?

 一言でいえば社長の徳重に惚れたからですね。私は大学生の頃から「いつか世界のゲームのルールを変えられるよう仕事をやりたい」と思っていました。そこでインターネットではなく、次の10年とかに大きく花咲くような次の業界のスタートアップに入りたいと思っていました。学生の頃は電池・水・医療・廃棄物処理など普通の学生が読まない本を読み漁っていましたね(笑)。そんな中で就職活動をしていて、ベンチャー企業への新卒支援をされている人材紹介のスローガン社さんから徳重を紹介してもらい、初めて徳重に会いました。徳重と話すと、他のベンチャー経営者では感じなかった「使命感の強さ」と「本気度合い」を感じ、衝撃を受けました。最初の出会いのときに、すでにテラモーターズへの入社を決めていましたね。

 今はベトナムですごく低コストの運営をしていて、まさにベンチャーという感じですが(笑)、今後は徳重と共に世界にインパクトを起こせるような会社を目指しています。日々刺激的なので、非常にワクワクしていますよ。

ページ: 1 2 3

このサイトをフォローする

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク