香港で起業するメリット・デメリットは何ですか? | 香港に関する Q&A / コラム | 香港の会社設立ならヤッパン号


flag_hongkong香港に関するQ&A

香港で起業するメリット・デメリットは何ですか?

香港は、自由な政策により国籍に関係なく誰でも事業を始めることができる特別行政区です。香港法人の定款に業務内容を書く必要もなく、法律に触れない事業であれば実質、何を行っても問題ありません(※業務内容によっては免許の必要なものがございます)

税制に関しては、関税(一部を除く)や消費税がなく、法人所得税も純利益の16.5%(2013年度)と非常に低い税率となっています。行政が行う仕事が少なく、民間に委ねられている部分が多いため、その分、民間での業務が多様化&活性化しています。例えば、公認会計士が監査を行えば、「税務署はそれを認める」という政策をとっているため、殆どの場合、公認会計士の行った監査が覆されるという事はありません。また、年金等も行政が行うのではなく、民間の保険商品の一部として強制されているため、民間で各社の競争が起こりサービスの向上が期待できるばかりか、政府が直接行わないためにその分税金を安くすることができます。

取引に関しては、信用取引という観念がほとんど無いため、現金さえ用意すれば誰でも対等に取引することが可能です。

逆にデメリットは、競争社会なので誰も守ってくれないということや家賃が高いということなどがあげられます。

香港の会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→香港で会社設立 (法人設立) する手順まとめ

弊社へのお問合せは下記より可能です。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_hongkong 香港進出支援のプロフェッショナル

Ishin SG Managing Director 吉田秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ