一般的なシンガポールの賃貸オフィスの契約内容を教えてください。 | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

一般的なシンガポールの賃貸オフィスの契約内容を教えてください。

シンガポールの賃貸オフィスの日本との違いの一つ目は、契約の効力の強さです。シンガポールでは契約期間中に自分の都合で契約を破棄することはできません。契約期間があらかじめ2年間と定められていれば、2年間経過しないと退去することはできないため注意しておきましょう。

また、賃貸オフィス内の備品や設備が故障した場合、オーナーが一定の金額まで修理費を負担してくれます。しかしその一定金額を超えてしまうと自分で負担しなければならないため、どれぐらいの金額まで負担してもらえるのかを契約時に確認しておく必要があります。

シンガポールでも敷金という制度は存在していますが、敷金は日本のものと大差ありません。退去時に何も問題がなければ、全額返済してもらえます。

特にオフィス賃貸契約のみに言えることではなく、あらゆる契約時においても同様なのですが、先進国の多くは契約社会と言われ、契約書の効力が非常に強いです。そのため、あまり契約書にしっかりと目を通す習慣の少ない日本の感覚でサインをしてしまうと後々に大きなトラブルに発展しかねませんのでご注意下さい。

具体的な事案については、下記より専門家にお問合せが可能です。
シンガポールの不動産事情特集


なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

幕末シンガポール 吉田 秀明

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク