【中国の法律事務所に聞く】
中国の定年退職について知っておくべきポイントを教えて下さい | 中国に関する Q&A / コラム | 中国の労務管理/海外赴任対策ならヤッパン号


flag_china中国に関するQ&A

【中国の法律事務所に聞く】
中国の定年退職について知っておくべきポイントを教えて下さい

中国では、『労働契約法』の関連規定により、労働者が法定定年退職年齢(現行規定では男性60歳、女性50歳、女性幹部は55歳)に到達した際に、企業との労働契約が法律上終了となります。

中国で長年経営していると、現地従業員が定年退職を迎えるケースも出てくるかと思います。その際に覚えておくと役に立つポイントを、弊グループの経験や最新法律情報を基に、簡単にまとめました。

 

【定年退職手続きについてのポイント】

従業員が定年退職を迎える際は、企業は従業員に協力して、社会保険料納付の停止手続きなどを行う必要があります。また企業は、対象従業員の状況により従業員に『労働契約書終了通知書』を期限到来前に送達すべきです。

 

【再雇用についてのポイント】

定年退職年齢に達した従業員について、企業側は今後再雇用するか否かを選択する権利があります。ポストの重要性や業務内容から、再雇用する場合、下記の点に注意しなければなりません。
まず、再雇用は、従業員の定年退職手続きを行った後(社会保険部門で養老保険の手続きを行ってから)でなければなりません。つまり、今までの労働契約を継続したままではいけません。また、企業は再雇用した従業員に保険をかけるべきです。(現地の社会保険部門が「引き続き労災保険に加入しても良い」と認める場合は「労災保険」、引き続き労災保険に加入できない場合は「商業保険」)

 

【退職金について】

定年退職の際、「退職金」に関する問題が企業様から多く寄せられています。
重要なポイントとして、中国の関連法律規定では「経済補償金」、「賠償金」の規定はありますが、「退職金」という概念は存在しません。そして、企業の制度は、中国の法律法規に基づき制定する必要があります。したがって、会社制度に「退職金」内容を入れる必要はありません。従業員の誤解を招いてしまうでしょう。

 

過去の経験からご相談の多いポイントに関して、一般的な内容を記載しています。企業様の状況、各地方で対応が異なるため、法律の専門家に相談の上、ご判断されることをお勧めします。

上記問題の他にも(中国での経営に関する法律問題など)、お困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【中国の法律事務所に聞く】
中国の法務・財務・貿易に関する無料ご相談会

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_china 中国進出支援のプロフェッショナル

際通企業 / 日本際通外国法事務弁護士事務所 所長 喬 建民

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク