シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(前半) | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(前半)

シンガポール進出する上での税務的デメリットではありませんが、
気を付けるべきリスクが2つありますので、明記させて頂きます。

まず一つ目は、移転価格税制です。
例えば以下の様なケースがあります。

~日本親会社~ ~シンガポール子会社~
税務上の利益:1,000円 税務上の利益:500円
税率:38% 税率:17%
税額:380円 税額:85円

この場合、グループ全体の合計税額465円となります。

ここで、本来は400円で売るべき商品をシンガポール子会社に200円で売った場合を想定します。
税務上の利益は差額の200円だけ減り、両国でかかる税金は以下のようになります。

~日本親会社~ ~シンガポール子会社~
税務上の利益:800円 税務上の利益:700円
税率:38% 税率:17%
税額:304円 税額:119円

この場合は、グループ全体で合計税額423 円となります。

この様な取引をするだけで、税金学は42円減りました。

このように親子会社、兄弟会社という関係を悪用し、
全体としての税額を軽減する行為を防止するために移転価格税制があります。

どこでサービスが提供されたのかが不明確
(つまり日本、シンガポールどちらの利益ともいえるような状況)であるIT系の企業や、
市場価格の無い受注型製造業などに関しては、特に注意が必要です。

なお、2つ目は、以下をご覧ください。

シンガポール進出する際の税務上のデメリットやリスクを教えてください(後半)



また、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【シンガポールの会計事務所】
シンガポールの会計税務・法律・M&A・会社設立に関する無料ご相談会
 

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

RSM Chio Lim LLP 日本デスク 是松 洋平

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ