M&Aを活用したアジア進出を検討しています。進出国選定のポイントやおすすめの国を教えてください。 | フィリピンに関する Q&A / コラム | フィリピンの進出ならヤッパン号


flag_philippineフィリピンに関するQ&A

M&Aを活用したアジア進出を検討しています。進出国選定のポイントやおすすめの国を教えてください。

近年、日本企業のアジア諸国への進出が加速する中で、自社のリソースを主体とした進出ではなく、アジア企業を買収する「クロスボーダーM&A」というかたちでのアジア進出が増えてきています。

 

進出国の選定は、事業内容や自社の状況によって検討する必要があるため一概には言えないですが、クロスボーダーM&Aを活用するというポイントで言うと「成長性のある国」を選ぶことをおすすめします。クロスボーダーM&Aの最大のメリットは「時間を買う」ことです。ゼロから創り上げるのではなく、既に存在する企業のノウハウと実績を買う事により、素早く事業を軌道に載せビジネスチャンスを拡大することができます。そのため経済の動きが早く、成長性の高い国への進出の際は多くのメリットが有るでしょう。

 

中でもここ10年で経済規模を約3倍に伸ばしているフィリピンは、今後も安定的な成長が期待されているため、M&Aを活用して進出するメリットは大きいでしょう。2014年には人口1億人を突破し、その平均年齢は約23歳です。若く働き盛りの人材が多く経済成長を下支えしています。2020年には経済規模でタイと肩を並べると予測されているほど、アジアの中でも今後の成長性とそのスピードは注目されています。

 

今年6月には大統領にドゥテルテ氏が就任しました。現行経済政策の継続と教育改革などの方向性を示し、政治面から見ても、今後も安定成長が期待できます。また賛否両論ありますが、麻薬組織の取り締まりを強化し、フィリピン治安面での改革に力を入れている点、外資規制緩和の方向性を示した点は、日本企業にとってプラスに働く可能性があります。

 

また、進出後に現地でのマネジメントのしやすさも国選定には重要なポイントになります。その点、フィリピン人はフレンドリーで働き者というイメージに加え、英語スピーカーが多く、人口の80%がカトリックです。イスラム教国などに比べると、日本人にとって比較的理解しやすい文化で馴染みやすいでしょう。実際に労働闘争はここ10年で数件しか発生しておらず、経営側としては比較的事業運営をしやすい環境にある国です。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_philippine フィリピン進出支援のプロフェッショナル

Asian M&A Links 代表取締役 谷藤 英樹

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ