ドイツの従業員に有給休暇は何日与えなければなりませんか? | ドイツに関する Q&A / コラム | ドイツの弁護士/法律事務所ならヤッパン号


flag_germanyドイツに関するQ&A

ドイツの従業員に有給休暇は何日与えなければなりませんか?

ドイツには連邦有給休暇法があり、週5日勤務の場合は年20日、週6日勤務の場合は年24日が法定最低有給休暇数となります。 これは6ヵ月以上の勤務で1年分の有給休暇が取得可能です。6ヵ月未満の場合には、1ヶ月あたり1/12分取得可能となります。 ドイツ人の採用の場合は、28日から30日の有給休暇を与えるケースが多いです。

雇用主が従業員に上記以上の有給休暇を与える場合、20日(または24日)と、追加で与える有給とに分けて記載します。 更にドイツの従業員(日本人を含む)は法律で年次有給休暇を2周間、連続消化する権利があります。

上記の有給休暇とは別に12月24日と31日がクリスマスと大晦日として有給休日の扱いが一般的です。デュッセルドルフ近辺の会社は更にカーニバルのバラの月曜日を有給休日として与えています。バラの月曜日は毎年異なります。こちらのサイトで日にちをご確認できます。

ドイツ人は、長期休みを大事にしており有給消化率も約9割以上と非常に高い国です。 日本人の考えとは大きく異なるため、大事な福利厚生のひとつと考えることをお勧めします。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_germany ドイツ進出支援のプロフェッショナル

フランカス 公認会計士・税理士・弁護士事務所

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク