インドネシアの現地法人設立登記手続きはどんなものですか。 | インドネシアに関する Q&A / コラム | インドネシアの進出ならヤッパン号


flag_indonesiaインドネシアに関するQ&A

インドネシアの現地法人設立登記手続きはどんなものですか。

インドネシアにおける現地法人設立の手続についてご説明させて頂きます。

設立の手続が滞り無く進んだ場合で大体2ヶ月〜3ヶ月の期間が必要になり、手順は下記のような流れになります。

1. BKPM(投資調整庁)へ外国投資承認申請
2. 必要書類等の準備定款作成(要公証)および法的認可申請(法務人権省)、官報掲載、住所証明書発行、納税番号登録(財務省)、会社登録番号発行(通産省)
3. 駐在員の労働許可証の取得、および営業ライセンス等の取得

基本的なフロー自体は以上になりますが、実際には多くのことを決定等行なう必要がございます。

下記に一覧を記載します。

・法人名・登記住所(住所地証明書と賃貸契約書が必要)
・資本金(条件によって最低資本金等あり)
・事業目的
・株主(最低2名以上)
・取締役(最低1名以上)
・監査役(最低1名。コミサリスと呼ばれる)

実際に設立を検討されている場合は、ネガティブリストを参照して事業内容が規制分野に当てはまっているかどうかの確認をする必要があります。

これらのチェック項目や書類準備をすることにかかる時間や工数を考えると、やはり業務に精通した専門家の支援を受けるのが結果的には最もコストがかからない選択になるケースも多いようです。

インドネシアの会社設立に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
インドネシアで会社設立 (法人設立) する手順まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。

【インドネシアの会社設立について聞く】
インドネシアの会社設立全般に関する無料ご相談会
 

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_indonesia インドネシア進出支援のプロフェッショナル

セルナジャヤ・プリマ(FARO Recruitment グループ)

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ