シンガポールに統括拠点を置く場合の月額コストのイメージを教えてください。 | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの会社設立ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

シンガポールに統括拠点を置く場合の月額コストのイメージを教えてください。

シンガポールに統括拠点を置く際に、プロフィットセンターではなくコストセンターなのでコスト見積もりが必要になると思います。 ここでは、統括拠点=ペーパーカンパニーを設置する場合と、少人数でも事務所を構えるケースを記載します。

①会社設立
一時的な代行費用としては、法人設立、銀行口座開設、名義貸しなどで、S$5,000~S$8,000程度がかかります。

②会社運営維持コスト
セクレタリー代行、会計・税務代行が、月額でS$1,000~S$1,500程度かかります。

③監査費用
特定の個人会社(零細企業)以外は、年に1回の法定監査が必要で、日系事務所ですとS$15,000前後、ローカル会計事務所ですとS$4,000前後の一時的な費用が発生します。

④ペーパーカンパニーとしてバーチャルオフィスを利用
多くのレンタルオフィスや会計事務所で本サービスは提供しており、月額S$200~500程度の費用がかかります。 但し、バーチャルオフィスは会議室やコピーなどを利用する場合は、別途、チャージされるケースが多いのと、本格的にシンガポールに利益を集めるフェーズになってくると、物理的にオフィスを構えたり、スタッフを雇用する必要が出て参ります。

⑤小さいオフィスを借りる場合
賃貸オフィスは、小さい坪数ではなかなか都心にないのと、初期費用が敷金や内装工事、什器設備の購入でかかるので、レンタルオフィスを検討する場合、相場としては、
・1名オフィス・・・S$1,000前後
・2名オフィス・・・S$2,000~3,000前後
・3名オフィス・・・S$2,500~4,000前後
がオフィス代としてかかり、その他にS$500前後がコピー代や電話代、消耗品代などでかかります。

⑥赴任者の福利厚生
福利厚生として挙げられるものは、住宅手当、保険、学校手当、交通費手当などがあります。 大手企業の場合は、これらに1名あたり月額S$5,000以上を負担していることもあります。 但し、中小企業の場合は、保険などの必要最低限の負担にしていることが多く、費用は月額S$500程度でしょう。

⑦事務スタッフを雇用する場合
シンガポールで事務員を雇用する場合、月額S$3,000~S$4,000(諸税込)程度になりますが、日本語スピーカーやマネージャー級を採用しようとすると、更にS$1,000アップします。

⑧その他経費
登記変更にかかる経費や突発的な経費を含め、月額S$1,000あれば十分でしょう。

このように、2名オフィスで1名を日本から派遣、1名を現地採用で拠点設立した場合は約S$7,000~9,000+赴任者の人件費程度がかかることになります。 雇用も派遣もしないでバーチャルで進めた場合は、月額S$1,000もあれば十分に運営できるでしょう。

具体的にそれぞれについてお問合せがございましたら、下記より専門家へお問合せが可能です。

→会社設立に関して

→会計・税務に関して

 

→人材採用に関して

レンタルオフィスに関して

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

ヤッパン号編集部

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク