エストニア×会社設立 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


エストニアってどんな国?なんで注目されている?

エストニア共和国は、ロシア、またバルト海を挟んでフィンランドと国境を面する、旧ソ連、バルト三国のひとつでEU加盟国でもあります。言語はエストニア語、通貨はユーロ、面積は45,230 km²で北海道の半分ほど、人口は132万人で、沖縄県民よりも少ない人数です。

このように小規模の国家ではありますが、その実態はIT先進国。スカイプを生み出した国でもあり、行政の電子化を進め、結婚・離婚・不動産取引以外のすべての行政手続きがオンラインで完結。セキュリティ対策も隣国ロシアによるサイバー攻撃に対応していることから徹底しており、ブロックチェーンの研究も盛んです。確定申告もオンラインででき、3日で還付金が振り込まれます。どの国よりもデジタル化を進めている国といえます。

日本国内の企業経営者や投資家へのメリットもあります。それは法人登記を現地に行かず実施ことが出来るということです。

今回の記事では、エストニアにおける法人設立の方法やメリット、起業時の注意点や費用などをまとめます。

掲載情報については2020年11月時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

エストニアってどんな国?なんで注目されている?

約10分で会社設立が可能。どれくらいの日本企業がエストニアに?

エストニアでの会社設立(法人設立)は、日本国内に居住していてもオンラインで行えます。最短10分程度で手続きが完了するため、巷では、SNSアカウントを作るような簡単さで行えると言われることもあります。

そのため、日本企業によるエストニアでの法人登記も活発で、2029年9月のデータでは279社が登記しています。

▲目次に戻る

e-Residencyとは?

法人登記を行う際に利用するのが、「e-Residency」(イーレジデンシー)と呼ばれる電子居住プログラムです。
イーレジデンシーは、エストニア政府が管理している電子プラットフォームで、政府発行のデジタルIDを取得すれば、国籍を問わず仮想のエストニア国民になることができます。
そして、オンライン上で法人手続きや口座開設も可能になるのです。

約3000名の日本人が既に取得

日本はこのイーレジデンシーの取得に前向きな国の一つで、2020年9月28日時点で3,186名に達しています。その中には、安倍晋三 前首相の名前もあります。

イーレジデンシーの総登録者は2019年11月で62,000人、1位はフィンランドの約5,100人、以降ロシア、ウクライナ、ドイツ、イギリス、アメリカときて、日本はこの時点で7番手となっています。

イーレジデンシーへの登録方法は簡単

Republic of Estonia画像引用

画像出典: Republic of Estonia

イーレジデンシーへの登録はSNSアカウントと同じくらい簡潔に済ませることが出来ます。

【サイトURL】
https://e-resident.gov.ee/become-an-e-resident/

登録は上記サイトからオンラインで行います。英語ですが、グーグル翻訳の利用が可能です。申請してからカードが届くまで数ヶ月かかるとされていますので、動き出しは余裕を持って行うことをお勧めします。

登録によりできること、できないこと。

エストニアへの登記は、現状で日本企業が最も簡単に行うことのできるEU市場への進出方法と言えます。

また、法人の登録や管理がすべてオンラインで行えることで、ヨーロッパに居住人員を移住させる必要がなくなります。日本国内からネットでヨーロッパに情報を発信したり、EC販売やITサービス提供を行うといったことが可能です。

そのため、2020年11月現在はほぼ渡航不可能なEU・ユーロ圏へ、オンラインで進出し、ビジネスを行えるという点が大きなメリットとなるでしょう。

一方で、イーレジデンシー経由で登記を行っても、移住を行うことはできません。移住を希望する場合は、別途、ビザ取得が必要になります。

また電子投票や公共交通の無料利用といった、自国民向けのサービスを受けることもできません。これらの利用には、現状では永住許可の取得が必要になります。日本とエストニア間で租税条約も結ばれており、タックスヘイブン的な使い方も不可能です。

16,000円程度で登録できる

登録に必要な費用の総額は日本円で16,000円程度です。

まず、イーレジデンシーのID取得に必要な登録料が100ユーロ、12,200円程度。クレジットカード(VISA・Master)で決済をするため、少額ですがカード手数料が発生します。

これに加えて、国内でイーレジデンシーカードを受け取る場合に東京・浜松町にあるピックアップセンターへ向かう必要があり、利用料が30ユーロ、3,600円程度かかります。

エストニア e-Residency Collection センター(ピックアップセンター)
東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル 4F
https://www.vfsglobal.com/estonia/japan/Japanese/contact-us.html#1

▲目次に戻る

エストニアに法人設立するメリット

EU加盟国に簡単に法人を保有できる=EUマーケットへの進出が容易

エストニア登記の何よりのメリットは、28カ国5億人のEUマーケットへ、10分ちょっとの時間と16,000円少々の費用という、僅かな投資で進出できてしまうということ。ヨーロッパ方面への進出を今後考える企業にとっては破格と言えます。

EU内のEC市場規模は12兆円と言われており、日本からエストニアを経由してヨーロッパに輸出やサービス提供を行うことで、ビジネスの拡大を行うことができます。

税金はどうなる?住民税と法人税

エストニアは納税システムも全て電子化されているため、税務署や銀行に赴く必要はありません。

また、登記してすぐにエストニアに対して住民税などの課税が発生するわけではありません。
エストニアへ住民税の納付が義務付けられるのは居住者のみ。居住者となる条件は、「居住地(恒久的または主に居住地)がエストニアにある場合、または連続する12か月間に少なくとも183日間エストニアに居住している場合にのみ、エストニアの税務上の居住者と見なされます。」
参考:Republic of Estonia Tax and Customs Board

法人税は原則売上を計上する国において納めるものであり、日本に店舗やオフィスを構え売上を得る場合は日本法人での課税となります。しかし、特定の店舗・オフィスに依拠せずエストニア法人で売り上げを得る場合は、エストニアでの課税となります。

なおエストニアの法人税は、利益の分配時に一律20%を課税されるという仕組みです。

日本法人の基本税率は23.4%なので、比較的安価な税率です。さらに内部留保をしている限りは課税されないので、資金に乏しいスタートアップや中小零細企業にも有効です。

このほか、消費税は20%、社会保険料(役員報酬と現地居住の従業員)は33%です。

ただし国際課税規則には複雑な面があるため、財務省「エストニアとの租税条約のポイント」の確認や専門家にアドバイスを頼ることも忘れないようにしてください。

▲目次に戻る

エストニアで会社設立(法人設立)するためのステップと費用

ここからは、実際にエストニアへ法人を設立する流れを紹介します。

Set goとは

法人設立するにあたり、日本人がエストニア人と創設した「Set Go」(セットゴー、https://www.setgo.ee/)について触れます。

SetGo画像引用

画像出典: SetGo

セットゴーはエストニアへの登記を代行するサービスで、現地法人が登録を義務付けられる「コンタクトパーソン」の代行、法人の住所にあたる「リーガルアドレス」の提供を行います。

ステップ紹介、各費用紹介

登記までのステップは以下の通り。

①イーレジデンシーカードを取得する
先述のイーレジデンシー登録サイトより取得が可能です。

②セットゴーに登録
イーレジデンシーカードをカードリーダーに差し込み、IDを認識された後、イーレジデンシーカードのPINコードを入力してログインします。

③社名、屋号、事業内容(活動分野)、資本金、創業者や役員などを記入する
社名はアルファベット・リトアニア語文字・一部の記号が利用可能です。事業内容はリスト選択式。資本金は2,500ユーロ(約30万円)必要ですが、最長10年間の猶予期間があります。

④ペイパルで支払い
セットゴーに対する費用をここで支払います。支払い方法ペイパルのため、クレジットカードまたはデビットカードの利用が可能です。

費用は、基本的なサポートとリーガルアドレス・コンタクトパーソンがついてくる「スタートアッププラン」が月35ユーロ(約4,300円)、法人口座開設や子会社設立、コンサルやビジネスマッチングまでサポートするプランが応相談となっています。

⑤定款と申請書の確認
確認画面が表示され、定款・申請書に署名をしてエストニア政府へ提出します。

以上が法人登記までの流れで、最短1営業日で完了します。
この後、IBAN(EUの口座番号の規格)に対応した銀行口座を開設して、本格的にビジネスをスタートすることができます。

他国での会社設立と比較しても非常に手軽に行えるため、新たに起業を考えている起業家の方にもエストニアでの起業はおすすめです。

必要書類、準備

エストニア登記に必要な物品はPCとイーレジデンシーカード、カード受け取り時にもらえるカードリーダーのみです。また事前に社名、事業内容や定款は定めておく必要があります。

また法人登記費用の他、資本金も(猶予期間はありますが)準備する必要があります。

▲目次に戻る

法人設立後、どのような仕事ができるのか?

これで、バーチャルながらもエストニア、ひいてはEU圏で事業展開を行えるようになります。日本からリモートでエストニア法人を運用する場合、どのような事例が考えられるでしょうか。

日本居住でエストニアに法人を作ったけど、どういう活用方法がある?

セットゴーで登記を行った場合、アプリのリリースに必要な「DUNS番号」の発行が登記とともに行われます。

また、行政が電子化されているため日本国内よりも手続きが完結で早く、法人税は売上を上げたタイミングではなく分配したタイミングで査定されます。

そのため、スピード感の求められるITサービス、とりわけソフトウェア開発やスマートデバイス向けアプリのリリースを行うのに有利ではないでしょうか。

▲目次に戻る

エストニアから生まれたスタートアップ企業

エストニア発のユニコーン企業

エストニア発のユニコーン企業としては、以下のような会社があります。

スカイプ(2003年)
国内外のユーザーと音声通話、ビデオ通話、テキストやファイルの送受信が可能なソフト。2020年現在マイクロソフト傘下。

ボルト(2013年)
ドライバー50万人、利用者2500万人のライドシェアサービス。類似企業でウーバーがある。ウーバーと比べ運賃もドライバー手数料も安価。

プレイテック(1999年)
オンラインカジノなどを提供するオンラインゲーム開発企業。

トランスファーワイズ(2011年)
国際送金サービスを提供。国際送金処理をシンプル化し、銀行と比べ手数料を最大8分の1まで圧縮した。

「電子化でどこでも手続きができる」「売上に課税されず配当時に税査定される」こうしたメリットを最大限活かし、日本からEUで事業を展開する橋頭堡としてみてはいかがでしょうか。

▲目次に戻る

ヨーロッパ会社設立の専門家に一括でお問い合わせ

ヨーロッパ✕会社設立の専門家の中からチェックを入れた専門家、
もしくは全ての専門家に一括でお問い合わせすることができます。

  • 【エストニア】echoas OÜ

    エストニアへの進出支援/市場調査/現地企業とのマッチング/視察コーディネート等のサービスを提供しております。

    会社名 ※必須

    役職

    お名前 ※必須

    E-MAIL ※必須

    電話番号 ※必須

    会社サイトURL

    相談内容

    ご自由に記入ください

    ※文字数に制限はございません

    メールマガジン配信 ※必須

    希望する希望しない
    ※海外進出お役立ち情報【ヤッパン号メルマガ】をお届けします。

    入力確認 ※必須

    ヨーロッパの会社設立の専門家一覧

    フランカス 公認会計士・税理士・弁護士事務所

    ヨーロッパのプロフェッショナル
    代表者:西村 東陽

    【デュッセルドルフ(ドイツ) / 会計事務所・法律事務所】
    デュッセルドルフを代表する会計事務所・法律事務所として、会社設立・駐在員事務所の設立・会計税務・移転価格税制対策・法務などをワンストップで提供します

    フランカス公認会計士・税理士・弁護士事務所はドイツのデュッセルドルフに拠点を構え、200社以上の日本企業様のドイツ進出や会計税務・法務などをワンストップで支援しています。 日本人初のドイツ公認会計士を取得したパートナーの西村をはじめ、日本人スタ…続きを読む


    ページ上部へ

    YCP Group

    アメリカ, 中国, 香港, インド, カンボジア, ミャンマー, ドバイ, オーストラリア, ヨーロッパ, アジア全域のプロフェッショナル
    代表者:粕本 晋吾

    【グローバル / 進出支援、販路開拓、市場調査】
    市場調査から進出後の販路開拓まで、貴社のグローバル進出を伴走支援します

    YCP Groupは「ニッポンが胸を張れるニッポンへ」を創業ビジョンに、世界17拠点で日本企業の海外展開を支援する上場企業です。創業10年で世界17拠点✕500人体制✕30事業を構築した自社経験をベースに「机上の空論に留まらない、ビジネス成果に直結す…続きを読む


    ページ上部へ

    echoas OÜ(エコアズ・エストニア)

    ヨーロッパのプロフェッショナル
    代表者:小野 進

    【エストニア / 進出コンサル】
    エストニアに進出する日系企業の信頼できるパートナーとして、担当日本人が現地で培ったコネクション・ノウハウを惜しみなく提供

    私たちは、電子国家として知られるエストニアを拠点に、日系企業の進出サポートから、市場調査・現地企業とのマッチング・視察コーディネート等のサービスを提供しております。エストニアは「e-Residency」と呼ばれている電子住民票を取得することにより、遠…続きを読む


    ページ上部へ

    シュノーブス・ヘルムホルト・ヴァーデマン公認会計士・税理士・弁護士事務所(SHWP)

    代表者:Rainer Schnorbus, Juergen Helmhold, Carsten Wardemann, Bernd Goossens, Izumi Tanaka, Daniel Pott
    シュノーブス・ヘルムホルト・ヴァーデマン公認会計士・税理士・弁護士事務所(SHWP)

    【デュッセルドルフ(ドイツ)/会計事務所・法律事務所】
    少数精鋭の専門家集団による、ドイツビジネスのトータルサポート

    シュノーブス・ヘルムホルト・ヴァーデマン公認会計士・税理士・弁護士事務所(SHWP)は、デュッセルドルフの隣町にあるノイスを拠点に活動する会計・税務・法律事務所です。日本企業様のドイツ進出支援から、進出後現地での会計税務・法務に関する業務代行・アドバ…続きを読む


    ページ上部へ

    【イギリス・ヨーロッパ / 採用支援、人材紹介】
    イギリス、ヨーロッパの日系企業を「設立から繁盛まで」トータルサポート

    弊社は「企業コンサルティング」「人財紹介」「人財育成」の3本柱で、ヨーロッパの日系企業様をサポートする総合コンサルティング会社です。「グローバル人財」、「企業の課題解決」の2つのキーワードをもとに、ヨーロッパビジネスをトータルでサポートしております。…続きを読む


    ページ上部へ

    ダッチ・アカウンティング・ハウスは、1994年に設立されたオランダ資本の会計事務所です。創業から約21年の間、オランダ国内でビジネスを展開する多くの企業様を会計面からサポートしております。 弊所は、オランダ進出前のコンサルティング、現地法人・支…続きを読む


    ページ上部へ

    Miyake Research & Communication GmbH

    代表者:三宅洋子
    Miyake Research & Communication GmbH

    【ドイツ語圏 / 通訳・翻訳】
    ドイツ語圏への進出をお考えの日系企業様を対象にしたトータルサポート

    ドイツの首都ベルリンに拠点を置き、日系企業の進出支援、プロジェクト支援を行っております。高い現地語(ドイツ語)能力に根ざした、的確かつ迅速なサポートで、貴社のご要望にお応えいたします。 当社が特に強みとするのは技術の分野です。貴社の唯一無比な技…続きを読む


    ページ上部へ

    楽ドイツ

    代表者:Marina Breytman
    楽ドイツ

    ドイツの会社設立/法人設立の専門家 楽ドイツ…続きを読む


    ページ上部へ

    ドイツの会社設立/法人設立の専門家 フランクフルトラインマイン有限会社…続きを読む


    ページ上部へ

    4U GmbH

    代表者:川崎 英一郎
    4U GmbH

    ドイツの会社設立/法人設立の専門家 4U GmbH…続きを読む


    ページ上部へ

    イギリスの会社設立/法人設立の専門家 Greenback Alan LLP…続きを読む


    ページ上部へ

    オランダの会社設立/法人設立の専門家 Buren…続きを読む


    ページ上部へ

    オランダの会社設立/法人設立の専門家 AKD法律事務所…続きを読む


    ページ上部へ

    海外視察ツアー
    海外ビジネスセミナー
    海外進出支援の専門家
    海外進出Q&A
    ページ上部へ
    海外視察ツアー
    海外ビジネスセミナー
    海外進出支援の専門家
    海外進出Q&A
    海外ビジネスニュース
    海外進出企業インタビュー
    運営会社
    運営方針
    利用規約
    プライバシーポリシー
    商標について
    特定商取引法に基づく記載
    サイトマップ
    イシングループの
    メディアリンク