Miyake Research & Communication GmbH(三宅洋子) | ドイツ語圏進出の専門家 | ドイツ語圏の会社設立ならヤッパン号


flag_germanyドイツ語圏への進出支援ならMiyake Research & Communication GmbHにお任せください

PastedGraphic-1

Miyake Research & Communication GmbH
代表者名:三宅洋子

【ドイツ語圏 /進出支援】
ドイツ語圏への進出をお考えの日系企業様を対象にしたトータルサポート
20190420 M110_R

代表 三宅洋子

ドイツに進出する日系企業の信頼できるパートナーとして

ドイツの首都ベルリンに拠点を置き、日系企業の進出支援、プロジェクト支援を行っております。高い現地語(ドイツ語)能力に根ざした、的確かつ迅速なサポートで、貴社のご要望にお応えいたします。

当社が特に強みとするのは技術の分野です。貴社の唯一無比な技術、モノづくりの心をぜひ、ドイツでも是非広めていただきたいと考えております。事業内容はお客様の「知りたい」にお応えする調査、「売りたい」にお応えするビジネスサポート、そして全てのサービスの根幹をなすドイツ語サポートから構成されています。

さらに弁護士、会計事務所など外部機関とのコラボレーションにより、海外進出のあらゆるシーンにボーダレスなサービスを提供いたします。


ドイツ語圏への進出支援ならMiyake Research & Communication GmbHにお任せください

サービス概要
3つの事業内容に分けてサービス提供しております。
1) ドイツビジネス支援
2) ドイツ調査
3) ドイツ語サポート(通訳・翻訳)

【ドイツビジネス支援】
ドイツ語圏への進出をお考えの日系企業様を対象にしたトータルサポートです。
お客様のニーズに合わせ対象商品、サービスのフィジビリティ調査、顧客調査を行います。また事務所開設、起業をお考えのお客様には法務、会計サービスの紹介のほか、自治体の支援機関への斡旋と言語サポートを行います。

【ドイツ調査】
ドイツに関する調査をいたします。上記のような市場調査の他、社会制度(税制、法律)、政策などの調査を請けたまわります。文献調査の他、関連機関でのヒアリングを含む場合もあります。原語に基づく調査で、メーカー、官公庁、シンクタンク様から、情報の密度、確度などについて高い評価をいただいております。レポートのような形で納品するのが一般的です。

【ドイツ語サポート(日独通訳・翻訳)】
ドイツ在住20年、大学から独文を専攻しドイツで博士号を取得した代表がコアと考えている事業です。高度な語学力、通訳力、コミュニケーション力が必要とされる現場で、威力を発揮します。特に、技術分野(自動車、機械、エネルギー、IT)、製薬分野に豊富な実績があります。翻訳ではマニュアル、仕様書などの大量文書にも対応します。

20190420 M007_R
ご相談は無料です

Miyake Research & Communication GmbHへのインタビュー

2019年7月1日 更新

ドイツ語圏への進出をお考えの日系企業様へトータルサポートを提供いたします

代表 三宅洋子
御社の具体的な支援内容を教えてください

弊社はドイツ語圏(ドイツ、スイス、オーストリア)での製品導入、販路拡大、進出をお考えの日系企業様に、現地で必要とされる包括的なサービスを提供しております。技術分野の現地語によるサービスに高い評価をいただいております。市場開拓支援、市場調査、コミュニケーション(通訳・翻訳)を柱に、お客様へのヒアリングからボーダレスなサービスソリューションをご提案いたします。

 

御社の支援された実績や実例を教えてください

現地に根ざしたサービスで、的確かつ迅速なアウトプットが可能です。全くドイツに縁のなかった中小企業様が、市場調査、企業訪問(全てコネなくトライ)を通して、半年後には最初のご成約にこぎつけました。このような確度の高いアプローチを可能にするのは卓越したドイツ語能力を誇る現地人材の力です。代表者自身、フリーランスを含めると技術畑で15年以上の調査、通訳・翻訳実績があります。お客様にはあやふやな英語でのコミュニケーションよりも情報の精度、密度が全く違うとの評価をいただいております

 

海外で事業を成功させる大事なポイントを教えてください

●ポイント1 :まずは敵を知ることから

「うちの製品・サービスがそもそもドイツで受け入れられるのか」日本で色々考えていても、疑心暗鬼になるばかりですよね。まずは敵を知る、つまり市場を正しく知ることができれば、行動に移した際のリスクを減らし、最短で目標に到達するための戦略を考えることができます。的確な判断のために、とにかくまずは情報の収集です。

ドイツに関して言えば、展示会を利用するのも一つの方法だと思います。景気動向のバロメーターとなるような大規模なものから、ニッチな技術に特化したものまで、様々な展示会がありますので、自社の関心に即したものを見つけられるはずです。その際、ただ漫然と視察するのではなく、事前準備をしっかりと行って臨むことが重要です。出展社について調べ、必要に応じて商談アポを入れておくと、集中した情報収拾が可能ですし、ターゲット企業に直接コンタクトパーソンを得ることもできます

 

●ポイント2 :現地サポートは贅沢品ではありません

展示会では盛り上がっても、日本に戻って先方との連絡が途絶えた、心理的な距離が広がってしまったというのはよくあることです。海外展示会の参加に公的支援を利用される企業様も増えていますが、その後の取り組みについてはまだまだ各企業の努力に任されていると感じます。成果を着実に実績につなげていくためにも、海外サポートをスポットで入れる特別なものと捉えず、一緒に問題を解決していく伴走者と考えていただきたいです

 

●ポイント3 :パートナーであるという対等な意識

ドイツではサプライヤーと顧客の関係はかなりフラットであると言えます。反対に単に従順な下請けであることは評価されません。パートナーとして、顧客にどのように貢献できるのかを明確に打ち出し、納得していただかなければお取引には至りません。でもご安心ください。ドイツには高い技術やイノベーティブなアイデアを公正に評価するバックグラウンドがあります。必要なのは自社の強みやお客様に対するメリットを的確に伝えられるようにしておくことです。特に初回の面談では、企業、製品・サービスについてのプレゼン資料などを用意されることをお勧めいたします

 

最後に今後のビジョンを教えてください

日本の「モノづくり」の考え方を理解できる国は世界広しといえども、実はあまり多くはありません。日本政府の後押しもあり、今後も日本企業のドイツ進出は進むと確信しております。一方、現地側の受け入れ体制はまだまだ発展途上であると感じております。ドイツに関する専門資格や高い語学力を持つ人材は豊富ですので、個々の力を結集し、大きな力に変えていくことが、弊社の役割であると考えております

ページ上部へ

Miyake Research & Communication GmbH 企業情報

企業名 Miyake Research & Communication GmbH
代表者名 三宅洋子
会社URL https://miyakerc.de
事業内容 ドイツでの日系企業総合サポート
設立年月日 2015年10月22日
所在地 ▸ベルリン(ドイツ)
Stubenrauchstr. 18, 12161 Berlin GERMANY
ページ上部へ
ヨーロッパ 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

flag_germanyドイツ語圏の関連記事

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク