【シンガポールで雇用する際の基本ポイントに関するQ&A】
シンガポールでの雇用で検討すべきポ… | シンガポールに関する Q&A / コラム | シンガポールの進出ならヤッパン号


flag_singaporeシンガポールに関するQ&A

【シンガポールで雇用する際の基本ポイントに関するQ&A】
シンガポールでの雇用で検討すべきポイントを教えてください。

シンガポールで雇用をする際には、8つの基本的なポイントに留意しましょう

1. シンガポールには英語、マレー語、中国語、タミル語の4つの公用語があるが、ビジネスにおける公用語は英語であること。

2. 雇用契約書はシンガポールドル(SGD)で記載されなければならないこと。

3. 原則として最低給与は設けられていないが、政府、雇用主、労働組合の三者の代表で構成される全国賃金評議会(NWC: National Wage Council)が給与のガイドラインを毎年公表しており、ガイドラインを大幅に外れない形で調整をすること。

4. 一般的に年末の賞与が付与される(賞与の付与は必須ではない)こと。

※賞与が付与される場合、業績に応じて1~3か月の範囲で付与されるケースが多い。

5. 法律で定められた年次有給休暇の付与は最低7日間とし、以降は勤続年数8年(年次有給休暇14日)に達するまで、勤続年数が1年増えるごとに1日ずつ付与すること。

6. 6か月以上働いている従業員は、14日間の病欠と60日の入院休暇(14日間の病欠を含む)が与えられること。

7. シンガポール国籍を持つ女性が出産する場合は16週間、シンガポール国籍を持たない女性が出産する場合は12週間の有給の産前産後休暇を取得させなければならないこと。

8. 雇用主は、従業員が「最低限のパフォーマンスを残していること」、「健康上の問題がないこと」などの一定の条件を満たしている場合、定年(62歳)を迎えても67歳を上限年齢として、再雇用を提示しなければならないこと。

※政府は2030年までに定年年齢を65歳に引き上げる方針を表明

 

上記質問の回答をした専門家に直接相談

flag_singapore シンガポール進出支援のプロフェッショナル

トライコー・グループ / Tricor Services Limited

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク