無給休暇中に書面にて退職を促すことは問題になりますか? | トルコに関する Q&A / コラム | トルコの進出ならヤッパン号


トルコに関するQ&A

無給休暇中に書面にて退職を促すことは問題になりますか?

Q:無給休暇中に書面にて退職を促すことは問題になりますか?

A:労務裁判リスクを回避するためにも一方的な通知は避けた方が好ましいと存じます。

理由と致しましては、従業員の方が当該通知を会社側が退職を促した証拠として裁判所に提出した場合、労務裁判に発展する場合がございます。

従って、退職金相当額を支払う代わりに自己都合退職の形で雇用契約を終了する旨記載した契約書(Mutual Rescission Contract)を双方合意の上、締結・署名する形が一番リスクを小さくできる方法になると思われます。

無給休暇:解雇禁止令が出されている期間中、雇用主は労働者の同意を得ずして労働者を無給休暇とすることが可能です。

無給休暇適用中、SGKなどの従業員の保険料は政府が負担するため、従来通りの社会保険サービスを受けることができます。

自己都合退職時の退職金支払いについて:自己都合退職の場合、通常は退職金の支払い義務がございません。

解雇禁止令:この条例が発令されている期間中、雇用主は労働法第4857号第25条の「Ⅱ道徳・誠実に反する行為」にて定められた正当解雇のみ可能となります。この理由以外で労働者を解雇することが禁止されています。但し、労働者から雇用契約を終了するための制限は特にございません。

——————————————————————————————————–

株式会社東京コンサルティングファーム
トルコ支社 三浦 優美

E-MAIL: miura.yumi@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負いません。ご了承ください。

転載元記事はこちら
弊社の他の記事はこちらから→【東京コンサルティングファーム

上記質問の回答をした専門家に直接相談

 トルコ進出支援のプロフェッショナル

東京コンサルティングファーム

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

最新の海外進出Q&A

海外進出支援コンシェルジュ
コロナ不況に打ち克て~これからの日本企業のグローバル戦略~
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外進出支援 専門家

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
ページ上部へ
海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
利用規約
プライバシーポリシー
商標について
特定商取引法に基づく記載
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク