福利厚生について注意すべき事項はありますか? | 韓国に関する Q&A / コラム | 韓国の労務管理/海外赴任対策ならヤッパン号


韓国に関するQ&A

福利厚生について注意すべき事項はありますか?

福利厚生の注意点とのことですが、まず1つには法的に強制されるものについて理解をする必要があります。

1. 国民年金
2. 国民健康保険
3. 雇用保険
4. 産業災害補償保険
5. 老人長期療養保険

上記5つが、法定福利厚生として定められております。

その他にも、法定休暇として、年次有給休暇、生理休暇、出産前後有給休暇、配偶者出産休暇などがありますので、合わせて理解をして行く方がよいでしょう。

さらに、韓国では法定退職金制度を採用しています。これは、勤労者退職給与保障法という法律によって定められており、退職理由の如何を問わず、支払わなければならない退職金の基準が法律にて決められております。

韓国の人材採用に関して、具体的なご質問などございましたら、下記より専門家へのお問合せが可能です。
→韓国の人材紹介会社まとめ

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

 韓国進出支援のプロフェッショナル

ISHIN SG 永井貴之

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
コロナ不況に打ち克て~これからの日本企業のグローバル戦略~
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外進出支援 専門家

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
ページ上部へ
海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
利用規約
プライバシーポリシー
商標について
特定商取引法に基づく記載
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク