【Tricor】インドでの雇用で検討すべきポイントを教えてください。 | インドに関する Q&A / コラム | インドの進出ならヤッパン号【Tricor】インドでの雇用で検討すべきポイントを教えてください。() | 進出の専門家 | の進出ならヤッパン号


インド60×39インドに関するQ&A

【Tricor】インドでの雇用で検討すべきポイントを教えてください。

 

インドで雇用をする際には、6つの基本的なポイントに留意しましょう。

1. インド憲法では22種類の指定言語が指定され、ヒンディー語が公用語とされています。英語は準公用語として位置づけられており、都市部やグローバル企業が進出している地域で使用されています。

2. 従業員に対しては年間最低15日間の有給休暇と6日間の有給の傷病休暇を与えなければなりません。

3. 最低賃金はスキルレベルによって異なり、州ごとに毎年4月に改定されます。参考として2018年11月時点のデリーにおける最低賃金を以下に示します。

 ■特別な技能を要しない者:月額10,270ルピー
 ■半熟練者:月額11,362ルピー
 ■技能を有している者:月額12,506ルピー


4. 従業員が10名以上の事業所*の場合、妊娠中の従業員は最長26週間の産休(第三以降は最長12週間)を取得する権利があり、3,500ルピーの医療ボーナスを受け取ることができます。また、従業員が50名以上の事業所については託児所を設けなければなりません。

なお、一部の雇用主は認めているものの、法定の育児休暇はありません。

※法人全体の人数ではなく各事業所における従業員数でカウント

5. 試用期間は3ヶ月(最大6ヶ月)が一般的です。普通解雇*は最低30日前(試用期間中は15日前)の通知が必要です。解雇された従業員には勤続年数ごとに15日間の賃金を補償金として解雇時に支払います。

※懲戒解雇については法律上の手続きなども含めて慎重に検討する必要あり

6. インドで定められた国民の祝日は3日ですが、従業員には年間11日間の有給の祝日が付与されます。具体的な有給の祝日スケジュールは、その従業員が居住する自治体や信仰している宗教により個別に決定します。

上記質問の回答をした専門家に直接相談

インド60×39 インド進出支援のプロフェッショナル

トライコー・グループ / Tricor Services Limited

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
利用規約
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク