中国の税制の概要を教えてください。 | 中国に関する Q&A / コラム | 中国の市場調査ならヤッパン号


中国に関するQ&A

中国の税制の概要を教えてください。

中国の税制はとても複雑で、ここで文章にすると非常に分かりづらく、かつ長くなってしまいますので、ここでの大枠の概要のみ簡単にご回答させていただきます。

中国の法人税は2008年を境にして、外資企業と内資企業の税率は基本25%に統一されました。
ただし、軽減措置の条件に当てはまるような企業であれば15%や20%の法人税率が適応される場合もございますので、進出前段階で中国税務の専門家に確認をしておくと良いでしょう。

中国の税制を理解するためには、中国における「居住法人」と「非居住法人」の定義について正確に理解し、その上で居住・非居住法人への課税基準をについて理解する必要があります。厳密な説明をあえてさけ簡易的に理解するのであれば「中国国内に拠点を持ち管理運営が中国で行なわれている会社」が居住法人、「中国国内に拠点を持つが管理運営をされていない、または中国国内に拠点を持たないが中国国内に法人所得を持つ会社」が非居住法人と判断され、それぞれの法人所得に対して納税基準が設定されています。

その他にも繰越欠損金の扱い、税控除の基準や種類の理解に始まり、租税条約やその他、個人所得税、増値税、営業税、消費税、関税など、中国の税制をより深く理解することをご希望のようでしたら、下記専門家よりお問合せが可能です。
→中国の会計事務所一覧

なお、弊社では以下のような個別ご相談会も随時、開催しております。ぜひお気軽にご相談ください。
ヤッパン号を運営するIshinSG代表が応える「アジア進出相談会」

上記質問の回答をした専門家に直接相談

 中国進出支援のプロフェッショナル

ISHIN SG 永井貴之

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
コロナ不況に打ち克て~これからの日本企業のグローバル戦略~
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外進出支援 専門家

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
ページ上部へ
海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
利用規約
プライバシーポリシー
商標について
特定商取引法に基づく記載
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク