タイでビジネスを始めるメリットと成功させるポイント | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


flag_thaiタイに関するコラム

タイでビジネスを始めるメリットと成功させるポイント



タイでビジネスを始めるメリットと成功させるポイント

タイは近年アジア諸国連合(ASEAN)の中でも著しい成長を遂げて近年多くの日系企業から注目を集める優秀な進出先です。しかしタイ進出する際には、日本で起業する場合とは異なる点も多く、日本人とタイ人の文化の違いなどにも注意しなければなりません。

タイの特徴

それではタイとは一体どんな国なのでしょうか。近年タイ料理なども注目されるようになり、タイは身近な存在になりつつありますが、まだまだ日本人にとってタイは馴染み深い国とは言えません。まずはタイという国の特徴について見ていきましょう。

≪ 首都 ≫
タイ進出をしている日本企業の多くが、バンコクを中心にビジネスに取り組んでいます。タイは著しく経済成長を遂げているとされていますが、その成長は主にバンコクに限られた話と考えていいでしょう。地方現地の若い労働力も、より高額な所得を求めて、首都であるバンコクに移住している傾向です

≪ 人口 ≫
タイの人口総数は約6,900万人とされていますが、少子高齢化が進んでおり、2022年までには65歳以上の人口が全体の14%を占めるとされていました。しかしながら在留邦人数は70,000人超え、現在も上昇傾向にあり、また旅行地としても多くの日本人が訪れています。

≪ 進出している日本企業の数 ≫
JETROの調査報告では、2017年時点でタイに進出している日本企業の数は、5,444社とされており、2014年の調査時点から19%ほど増加しています。そのうちの43.09%を製造業が占めており、またそれに次いで卸売業が23.48%と、進出している業種に偏りがある傾向です。

タイでビジネスをするメリット

多くの日系企業から進出先として選ばれているタイですが、進出におけるメリットはどういった内容が挙げられているのでしょうか。今回は目立ったものだけを4点にピックアップしてご紹介します。

①東南アジア諸国の中心に位置する
タイはマレーシア、カンボジアをはじめとする、東南アジア諸国の中心に位置していることから、アジアマーケットの中心として考えられるケースが多いです。2014年に「南部経済回廊」が整備された影響で、タイを中心に東南アジアの物流環境は大きく改善され、現在首都であるバンコクは「東南アジアのハブ」とも呼ばれています。

また進出計画の立案も重要です。投資コストを回収する見通しや、目標を達成するための要件などをピックアップし、現地を視察する前に予備調査をしておきましょう。日本とは文化も法律も異なる国でビジネスをするわけですから、進出によるリスクも知っておかなければなりません。

②日本製品やサービスの市場が拡大している
日本企業の進出が増加した影響で、現在タイでは日本製品や日本食への関心が高まっています。実際に現地では日本食レストランや、日本人による医療サービスなども展開されており、日本企業にとっては進出しやすい環境といえるでしょう。

③中間層や高所得層が多い
タイでは中間層や高所得者層の増加率が著しく、2020年頃には中間所得層が人口の半数を超えると予測されており、日本製品の人気上昇が期待できます。日本製品は東南アジア諸国の製品と比べると、少々高額となるため、中間所得層以上の方からの需要がほとんどです。

④人件費や施設費にかかるコストが安い
タイの人件費、そしてオフィスのレンタル料金は日本の約4分の1程度とされており、他のアジア諸国と比較してもさらに安価です。しかし大学進学率は近年40%を上回るなど、優秀な人材も多く揃っており、タイ人の需要は上昇し続けています。

タイのビジネスマナー

タイで実際にビジネスをはじめることになったら、現地のビジネスマナーにも注意しましょう。日本とは異なる点も多数ありますので、タイでのビジネスを成功させるためには、タイの文化についても、ある程度知っておかなければなりません。

≪ 打ち合わせの時間帯は交通渋滞を避ける ≫
バンコクでは通勤時間帯の交通渋滞が激しく、大事な打ち合わせに遅刻してしまうリスクが高いです。一般的な就業時間にあたる午前8時~午後6時の前後となる時間帯は、アポイントから外したほうがいいでしょう。

≪ 書類は原本が重視される ≫
タイで書類扱う際には原本を重視する傾向があり、官公庁などもいまだに原本主義です。タイの会社法では関連書類を5年間保管しなければならず、10年間保管している企業も多いです。また公式文書のサインには青のボールペンを使うのが一般的とされているので、こちらも注意しましょう。

≪ 正式文書には仏暦を使用する ≫
タイの正式文書では、基本的に仏暦が使用されています。西暦に543を加えた数字が仏暦になるため、忘れないようにしましょう。  また新しく会社をはじめる際にも開所式を開いたり、創立記念日などで僧侶に祈祷をしてもらうなど、仏教に熱心な人が多いです。

≪ 初対面の人と会うときは服装に気を配る ≫
普段の業務では長袖ワイシャツに、ノーネクタイ、スラックスが一般的で、ノースーツが基本です。しかし初対面の方や、ビジネス上重要な相手と会う場合には十分配慮する必要があります。ジャケットやネクタイは必須で、カフスボタンなど小物にも気遣いを忘れず、ビジネスパートナーとしての品格を大切にしましょう。

 

タイでビジネスを成功させるポイント

日本企業がタイでビジネスを成功させるためには、現地市場の事前調査など準備が大切であることは言うまでもありません。 中国や新興国として知られるベトナムなどと同じく、タイでのビジネスにおいても迅速で臨機応変な対応が求められます。

しかしながら自分たちの力だけで海外進出するという選択は、決して容易なことではありません。海外での拠点設立にはタイ語をはじめ、専門知識も必要となるため、コンサルタントを専門とした企業を利用するのも、一つの手段として考えておいてはいかがでしょうか。

タイ進出の専門家紹介ページはこちらから

上記コラムを寄稿した専門家に直接相談

flag_thai タイ進出支援のプロフェッショナル

ISHIN SG Pte. Ltd.

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
コロナ不況に打ち克て~これからの日本企業のグローバル戦略~
インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
利用規約
プライバシーポリシー
商標について
特定商取引法に基づく記載
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク