海外に工場を進出させるメリットとは? ~工場設立時の流れ~ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


アジアに関するコラム

海外に工場を進出させるメリットとは? ~工場設立時の流れ~


海外に工場を進出させるメリットとは?工場設立時の流れ

こちらのページでは工場の海外進出をお考えの企業様に向けて、進出前に知っておきたいポイントをまとめました。工場を海外進出させるメリットをはじめ、現地で工場を設立させる際のおおまかな流れなど、製造業で海外進出を狙う日本企業の役に経つ情報を提供します。

日本企業の工場が海外に進出するメリット

まずは日本企業によって運営されている工場が、海外進出することで得られるメリットについて話いたします。さらに細かく分類すると他にも利点はあるはずですが、今回は目立ったものだけを3点ピックアップしました。

≪① 人件費や原材料といったコストを削減できる ≫
拠点とする国によっては、人件費や原材料を始めとする生産コストを大幅に削減することが可能です。近年では安価な輸入品の増加によって、国内市場での競争力が低下してしまった企業も少なくないでしょう。そのためコストパフォーマンスの向上を目的に海外進出を狙う日本企業も多数みられます。

コストを抑えつつさらに人材を獲得する目的や、安価な部品を使用したり調達する目的ならば、ぜひ一度海外進出を考えてみてはいかがでしょうか。

≪ ② 人材不足を解消できる ≫
国内のみから人材を集めるのではなく、視野を広く持ち、海外の人材に目を向けることで、人材不足の解消に繋がります。国によっては日本よりも豊富に優秀な人材が集まっている場合もあり、進出によって雇用のチャンスは格段に拡がるでしょう。

≪ ③ 輸出よりも早く製品を届けられる ≫
すでに特定の海外企業と取引をしている場合、国内で製造するよりも、取引先の国に生産拠点を置いたほうが、よりスピーディーに製品を届けることができます。またこれから新たに海外での市場開拓をお考えの場合、製造、販売を一挙に行う目的で、現地に拠点を設立させるのもいいでしょう。

海外に工場を設立する際の流れ

それでは海外で工場を設立する際のおおまかな流れを、順を追ってご説明いたします。実際に工場の運営を始めるまでには、計画の立案から調査、施工など、大きく5つの段階を通らなければなりません。特に進出前の準備は設立後の成功にも強く関係しているので、十分な時間を確保してください。

①目標を明確にし、計画を立案
まずは海外へ進出する目的を明確にし、今回の進出が自社の事業戦略にとって、どのような位置づけになるのかを見直しましょう。さきほど挙げたメリットを得るために進出をお考えの方も、「本当に今進出すべきなのか」「進出に必要な資金繰りなど、準備はできているか」、そして「進出以外の選択肢は他にないのか」など、時間をかけて進出の目的を再確認してください。

また進出計画の立案も重要です。投資コストを回収する見通しや、目標を達成するための要件などをピックアップし、現地を視察する前に予備調査をしておきましょう。日本とは文化も法律も異なる国でビジネスをするわけですから、進出によるリスクも知っておかなければなりません。

②事前調査を実施
国内で予備調査を実施したら、いよいよ実際に現地へ訪れて、事前調査を実施します。この段階では予備調査で立てた仮説を検証することや、国内からでは知り得なかった情報の獲得が目的です。また今後ビジネスパートナーとして取引を行う企業とも、この機会に初めて対面することになります。

③工場建設を計画
ここまでに掴んだ情報を元に、工場設立の具体的なプランニングをしていきましょう。以前立案した進出計画を確認しながら、設立時期やコストについてもこの際に明確化し、施工へと繋げていきます。

④施工
実際に現地で工場の施工を始めます。事前調査のうちにコンタクトした施工業者や、日本企業への依頼などさまざまかと思いますが、この際にも現場の状況を常にチェックできるように事前準備をしておきましょう。

⑤運営
工場が設立されたら、立案した計画を成功させるため、ついに運営がはじまります。しかしなるべくスムーズに運営を続けていくには、この段階までの事前準備が重要なのです。

現地から獲得した人材とのコミュニケーションや現地トラブルもあるでしょうし、あらたな市場に踏み込んだことで予想外の事態に遭遇することもあるはずです。事前に準備ができていれば、こういった不測の事態にも慌てることなく対応できるようになります。

日本企業の工場が進出している国

それでは日本企業の工場が、実際に進出している拠点についてお話いたします。

まずは世界第1位の人口を誇り、潤沢な労働力によって「世界の工場」とも呼ばれた中国です。さらに現在世界第2位のGDPを誇る中国は「世界最大の市場」としても知られています。地方によって人件費についてはかなり高騰してしまっていますが、市場規模を考えるとまだまだ魅力的な進出先といえるでしょう。

また近年ではタイへ進出する日本企業も多数見られました。そのため国民による日本への関心も高まりつつあり、日本企業にとっては進出しやすい環境になっています。また人件費や土地の獲得コストなどを抑えるのにも最適です。

他にもフィリピンやベトナム、インドなどさまざまな国が工場進出の拠点に選ばれています。自社の事業戦略にもっとも適した国はどこなのか、あらためて確認してみてください。

上記コラムを寄稿した専門家に直接相談

 アジア進出支援のプロフェッショナル

ISHIN SG Pte. Ltd.

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
H.S. Planning (HK) Limited
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク