【タイ】地域統括会社を販売会社化 拡大する電力需要に対応 | タイビジネスニュース | タイの進出ならヤッパン号


flag_thaiタイビジネスニュース

【タイ】地域統括会社を販売会社化 拡大する電力需要に対応

2015年10月19日

週刊WISE

地域統括会社を販売会社化 拡大する電力需要に対応

三菱電機は、これまで地域統括会社として位置付けてきたタイの三菱電機アジア(タイ)を 販売会社化し、電力システム事業の強化に乗り出す方針を固めた。すでに営業を開始してい る。年末にASE AN経済共同体(AEC)が発足するなど、タイを中心に電力需要の拡大に伴う インフラ整備に対応する。販売からエンジニアリングに至るまで一貫した受注を取り付けるこ とでシェア拡大を目指す。 同社は1964年にタイ進出。三菱電機グループ各社の支援業務を主な事業とし、2013年に は地域統括本部ライセンスを取得。現地の地域統括会社として活動してきた。一方で、電力イ ン フ ラ 製 品 の 販 売 な ど も 行っておりこれまでにタイ発電公社の変電所向けに5 0 0 k V のガス絶縁開閉装置を2件納入したほか、タイ国内の数多くの発電所向けに製品を納めてきた。 販売会社化するのは、産業の集積するタイでさらなる企業の進出や国土の開発が進むという見通しがあるためだ。AECの発足は南北、東西の物流網 の 整 備 を 加 速 さ せ 、新 た な 工 業 団 地 の 建 設 や ヒ ト ・ カ ネ・モノの移動が進むとみられている。海外からの投資も 引 き 続 き 堅 調 に 推 移 し て い く 見 通 し で 、統 括 会 社 と し て 機能するより拡大する電力需要に備え、電力システム事 業に特化するのが得策と判断した。三 菱 電 機 グ ル ープ は 主 な も の だ け で も タ イ に 1 0 社 進 出 し て お り 、家 電 や 空 調 機 器 、汎 用 モ ー タ 、エ レ ベ ー タ 、自動車電装品、ファクトリー・オートメーションなど事業 内容も多彩。14年の日本を除くアジア市場における売上 高は、グループ総売上高約1兆円の約3割を占め、中でも タイは重要な拠点として機能している。今後もタイを機軸 に事業展開するものとみられている。

週刊WISE
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク