【タイ】アデランス タイをハブに全世界へ輸出。新工場で一貫生産 | タイビジネスニュース | タイの進出ならヤッパン号


flag_thaiタイビジネスニュース

【タイ】アデランス タイをハブに全世界へ輸出。新工場で一貫生産

2015年10月11日

週刊WISE

タイをハブに全世界へ輸出。新工場で一貫生産

かつらなど毛髪関連事業を手掛けるアデランス(東京都)は、タイ隣国ラオス中部サワンナケートに自社工場を設立。タイ最大の港湾施設レムチャバン港等を経由して日本や北米、欧州など海外諸国に輸出する一貫生産・流通体制を年内にも確立する。タイでの約30年に渡る生産実績を踏まえ、タイ人の熟練スタッフがラオスに指導員として赴任、人材育成も図る。

新工場は、サワンナケートに開発されたサワン・セノ経済特区(SEZ)内に置いた。床面積は約6800㎡。ここで、かつらのベースの製作から毛植え、仕上げまでの全生産工程を一貫して行うほか、オーダーメイド製品の生産も取り扱う。完成品についてはタイを物流のハブとして世界に輸出する。同様の一貫工場は2002年のフィリピンに次いで2ヵ所目。集約することで、製品の品質向上や生産スケジュール体制の厳格化、生産性上昇などを見込む。毛織物産業を伝統に持つラオス人の手先が器用な点も考慮された。関係者によると、投資総額は約500万ドル。

同社は1986年にタイに進出。東北部ブリーラムの工場で生産を続けてきたが、需要が増したことから2012年にラオスの首都ビエンチャンにある提携工場で委託生産を開始した。今回、さらに生産規模を拡張する必要があると判断。アセアン経済共同体(AEC)の発足で注目を集めるラオスでの一貫生産に踏み切った。ラオスは、タイなどの近隣諸国に比べて、労働賃金が一般工場労働者で半分以下。日系も含め未だ進出工場が少なく、優秀な人材が確保できるため高い生産性が見込めると踏んだ。水資源が豊富で電力不足に陥る可能性が低いことも選択の大きな判断基準となった。順次、生産体制を拡大し、17年末までにはビエンチャン工場も含めた総労働人員を3000人規模とする方針だ。

週刊WISE
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク