【タイ】東急が手がける1号物件で内覧会、日本品質を提供する賃貸住宅 | タイビジネスニュース | タイの進出ならヤッパン号


flag_thaiタイビジネスニュース

【タイ】東急が手がける1号物件で内覧会、日本品質を提供する賃貸住宅

2015年08月25日

週刊WISE

東急が手がける1号物件で内覧会、日本品質を提供する賃貸住宅

東京急行電鉄(以下東急)とタイ消費財大手のサハ・グループの合弁会社「サハ東急コーポレーション」が、タイ東部チョンブリー県シラチャーに建設する日本人駐在員向け賃貸住宅「ハーモニック レジデンス シラチャ」のショールームが14日、オープンした。

同物件は、東急が田園調布や多摩田園都市などの街づくりで培ったノウハウを生かした、24時間セキュリティによる安全性の確保、入居者の各種ニーズに応えるフロントサービスを持つクラブハウスの設置、歩車分離の徹底や緑豊かな遊歩道の整備などが特徴。

ファミリー層に十分な広さの2LDK(122㎡)と3LDK(122㎡ ~139㎡ )を用意し、価格も周辺相場と同水準の59,400~77,500バーツ(VAT・サービス別)に設定。近隣には、日本人幼稚園、日本人学校のほか、サハグループが手掛けた商業施設「J-Park」やスーパーマーケットなどがあり、生活利便性が高い。

オープンに先駆けて開催されたメディア向け内覧会では、2LDKを紹介した。室内は、白と木目調をベースとした清潔感あふれるインテリアで統一。液晶テレビ、ソファ、ダイニングテーブル、乾燥機付きドラム洗濯機といった家具家電を標準装備した。日本人向けということもあり、バス・トイレ別で、脱衣所とバスルームのスペースを大きく確保し、日本と同等の浴室環境を整えた。また、収納スペース(納戸)を階段下、玄関前、2階と3ヵ所に設けたほか、キッチンまわりも、機能性や収納性に優れたLIXIL製オープンキッチンを採用している。

同社国際事業部の中村氏は「家族の絆をコンセプトにしました。家族と過ごす時間を大切にできる空間作りを心がけました」と話す。8月14日から予約受付を開始し、12月から2016年9月まで3期に分けて順次、入居を開始する予定だ。

週刊WISE
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ