【インバウンド】意識調査レポート ~ベトナム人の日本観光~ | ベトナムビジネスニュース | ベトナム進出ならヤッパン号


flag_vietnamベトナムビジネスニュース

【インバウンド】意識調査レポート ~ベトナム人の日本観光~

2015年03月10日

株式会社Asia Plus

ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、20歳以上の「日本に行ったことのあるベトナム人」と「日本に行く予定のあるベトナム人」300人を対象に日本旅行について調査を行いました。「旅行形態」や「滞在期間」「滞在中にしたいこと」「情報入手経路」「訪れたい場所」などの側面から調査を実施しています。

トピックス
◆ 旅行形態は56%が「ツアー」を利用し、滞在期間は「4~6日間」が最も多い
◆ 滞在中に楽しみは「日本食を食べる(69%)」、「美しい景色を観る(68%)」が人気
◆ 情報入手経路は「Facebook、ウェブサイト」が上位に
◆  訪問場所に関しては「東京」が圧倒的に人気


 ◆  旅行形態は56%がツアーを利用し、滞在期間は4~6日間が最も多い

旅行形態に関しては、「個人旅行で」と回答した人は29%のみに留まり、「ツアーで」と回答した人は全体の56%でした。滞在期間に関しては、「4~6日間」と回答した人が全体の36%となり、ベトナム人旅行者の特徴として「ツアーを利用し短い期間で旅行をする」という結果が見受けられました。

 

 

また、訪日未経験者の滞在予定期間と訪日経験者が実際に滞在した期間を比べたところ、訪日未経験者は訪日経験者よりも長い滞在期間を希望していることがわかり、滞在期間について理想と現実にギャップが有ることがわかりました。

 


◆  滞在期間中の楽しみは「日本食を食べる(69%)」、「美しい景色を観る(68%)」が最も人気

滞在期間中の楽しみは「日本食を食べる(69%)」、「美しい景色を観る(68%)」の回答が最多となりました。滞在の時期としては「3-4月」が「花見の季節」という理由で一番回答者が多く、続いて「1-2月」が「雪の季節」という理由でテト休暇などの長期休みを利用して日本へ旅行に行く人が多いことがわかりました。


 ◆  情報入手経路はFacebook、ウェブサイトが上位に

次に情報入手経路について質問をしたところ、「Facebook(54%)」、「ウェブサイト(43%)」が上位を占める結果となりました。具体的なページを聞いてみたところ、Facebookページ「Cảm nhận Nhật Bản」や、ウェブサイト「dulichviet.com.vn」を利用している旅行者が多い結果となりました。「ガイドブック(22%)」は下位となり日本人よりもオンラインを使って情報を入手する人が多いことがわかりました。


訪問場所に関しては東京が圧倒的に人気

訪問場所に関して聞いたところ、「東京」(69%)」が圧倒的に人気で、続いて「大阪(38%)」、「京都(37%)」、「広島(26%)」という結果となりました。また、訪日経験者と未経験者では、訪日経験者の方が東京以外への地域「京都(45%」「神戸(23%)」などの訪問意欲が高いことがわかりました。

 




調査概要
調査時期:2015年2月
調査方法:インターネット調査
調査対象:20歳以上の日本に旅行をしたことがある(する予定がある)ベトナム人男女300人

本リサーチに関する詳細データはこちらよりご覧いただけます。 

提供元:http://qandme.net

株式会社Asia Plus
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ