【タイ】桃屋、「キムチの素」がタイ初進出 | タイビジネスニュース | タイ進出ならヤッパン号


flag_thaiタイビジネスニュース

【タイ】桃屋、「キムチの素」がタイ初進出

2015年02月03日

週刊WISE

「キムチの素」がタイ初進出!タイ人客向けに減塩タイプも投入
桃屋

海苔、佃煮などの食品メーカー桃屋(東京都)は、在タイの食材サプライヤーBe Koon Thailand Co., Ltd.と代理店契約を結び、タイ市場に本格参入することを決めた。投入するのは、看板商品の「キムチの素」。タイ人向けに30%減塩した「減塩タイプ」も新たに開発し、2種類のキムチの素で浸透を図る。同社の中国工場から出荷する。当面は、日系の飲食店やタイ人が経営する日本食レストランなどをターゲットとし、1.5リットル入りの業務用タイプを提供する。各種試食会の開催や展示会などへの出展も積極的に行い、知名度を上げていくという戦略だ。

タイ市場への進出は、2年ほど前に検討を開始した。その結果、「圧倒的な日本食料理店の数」(担当の庄司忠司中国法人副社長)の前に可能性があると判断、本格参入を決めた。タイ保健省食品医薬品局(FDA)の認証はすでに2014年に取得済。15年の販売目標は月間で1.5リットルタイプ600本(100ケース)とする。当面は代理店を通じて販売を行い、タイへは出張ベースで事業展開をしていくとしている。将来の駐在員事務所設置や現地法人化は未定。

同社のキムチの素の最大の特徴は「1時間で漬けられるという手軽さ」(庄司同副社長)。ボトルタイプのため劣化を気にすることなく、サラダなどのドレッシングにも応用可能な利便性も人気の秘訣という。タイ市場で流通している同様の調味料と比べても糖分が少なく、鮮やかな赤色が料理を引き立てる効果を持つという。1月19日と20日にはバンコク都内の料理店で、きのこ販売でタイ進出を進めるホクト(長野県)と共同で試食会を開催。多くのタイ人料理人らにコラボ料理を振る舞った。

 

週刊WISE
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ