【インドネシア】西南開発、インドネシアに合弁でソーセージ工場建設へ | インドネシアビジネスニュース | インドネシア進出ならヤッパン号


flag_indonesiaインドネシアビジネスニュース

【インドネシア】西南開発、インドネシアに合弁でソーセージ工場建設へ

2014年12月29日

海外進出ニュース

西南開発、インドネシアに合弁でソーセージ工場建設へ

西南開発が、インドネシアで野村貿易、地元の冷凍食品メーカー、スカル・ブミと合弁でソーセージ工場を建設するというニュースです。

投資額は約4億円で来年6月に生産を開始する。

3社はソーセージの製造・販売を手掛ける合弁会社スカル・セイナンを設立、資本金は115億ルピア(約1億円)で出資比率は、西南開発が30%、野村貿易が19%、スカル・ブミが51%。

工場は、ジャカルタ西郊のバンテン州タンゲランのチクパでスカル・ブミが保有する土地に建設し、年産能力は4,000トン。

1年目は760万本、2年目は2,290万本のソーセージを生産する計画で、インドネシアで販売するほか、日本を含む海外への輸出も視野に入れているということです。

海外進出ニュース
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク