【マレーシア】東芝メディカルシステムズ、マレーシアに合弁販売会社を設立 | マレーシアビジネスニュース | マレーシア進出ならヤッパン号


flag_malaysiaマレーシアビジネスニュース

【マレーシア】東芝メディカルシステムズ、マレーシアに合弁販売会社を設立

2014年06月11日

海外進出ニュース

東芝メディカルシステムズが、マレーシアのスランゴール州シャアラムに合弁の医療機器販売会社「東芝メディカル・システムズ・マレーシア」を設立すると発表したというニュースです。

合弁会社の出資比率は、東芝メディカルシステムズが70%、1981年からマレーシアの販売代理店となっているエイベックス・メディカル・システムが30%で、資本金は14億円。

設立は6月12日付で、同日から営業を開始、設立時の従業員数は112人を予定するが、当初は日本人駐在員は配置しない計画で主にマレーシア国内での販売とサービスを担う。

東南アジアではシンガポールに次いで2カ国目の拠点となり、マレーシアは東南アジア地域でも高い医療技術を持ち、医療ツーリズムに力を入れていることから、合弁会社の設立で市場取り込みを狙うということです。

海外進出ニュース
一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ