【タイ】 介護ロボット開発 日本市場を視野に | タイビジネスニュース | タイ進出支援ならヤッパン号


flag_thaiタイビジネスニュース

【タイ】 介護ロボット開発 日本市場を視野に

2014年04月24日

ソフトウェア開発会社CT Asiaは、高齢者や病人を介護するロボット「ディンソー・ミニ」を初公開した。同社チャレームポン代表は「1000万バーツをかけてTele-Medicineという新システムを開発した。操作方法がわからない高齢者でも、ロボットが自動的に医師や家族とオンラインで繋ぐビデオコールシステムを搭載している」と説明した。

同社は、2015年には65歳以上の高齢者人口が3000万人を超える日本への進出を計画。1台あたり10万バーツ(1年間) でレンタルする。
(24日=ポスト・トゥデイ)
ニュース提供元:週刊WISE

一覧に戻る

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ