プリンシプルアメリカ / Principle America Corp.(楠山 健一郎) | アメリカ進出の専門家 | アメリカの広告/プロモーションならヤッパン号


flag-usaアメリカ進出と現地での集客・収益化なら、プリンシプルにお任せ

プリンシプル_00

プリンシプルアメリカ / Principle America Corp.
代表者名:楠山 健一郎

【シリコンバレー(アメリカ) / プロモーション・進出支援】シリコンバレー進出経験を活かし、アメリカ進出支援から現地での収益化をワンストップサポート
kusuyama_face

CEO 楠山 健一郎

プリンシプルアメリカは日本企業のアメリカ法人設立から、アメリカでの収益化までを一貫してサポートしております。法人登記や物件選定、ライセンス取得、現地での採用活動、集客・マーケティングまで、自社でシリコンバレー進出を経験したからこそ可能な実践的なサポートをワンストップで提供して参ります。

弊社日本法人は、WEB解析に特化したオンライン戦略コンサルティング行っており、大手企業を中心にWEBマーケティング戦略のお手伝いをして参りました。アメリカではそのノウハウをもとに小売業態という別の形態でシリコンバレーに進出、収益化までを実現しております。

アメリカで法人設立から収益化までの経験と、それを可能にしたWEBマーケティングのノウハウをもとに、日本企業のアメリカ進出をお手伝いさせていただきます。アメリカ進出をお考えの方、法人設立はしたものの収益化にお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

アメリカ進出と現地での集客・収益化なら、プリンシプルにお任せ

サービス概要 法人設立の段階から、現地での収益化を見据えたサポートをご提供致します。

【アメリカ法人設立支援】
┣ 事務所の選定
┣ 現地法人設立、登記
┣ ビザ取得支援
┗ 人材獲得支援

【ホームページ制作】
┣ 現地向けUX/UIのHP制作
┣ コーディング
┗ サイト翻訳

【マーケティング】
┣ WEBマーケティング支援
┣ リスティング広告
┗ SEOコンサルティング

 

principle_1
principle_2
principle_3
サニーベールオフィス前、代表楠山 オフィス内ミーティング 現地デザイン賞を受賞したパートナー

プリンシプルアメリカ / Principle America Corp.へのインタビュー

2017年1月9日 更新

アメリカトップレベルのコンサルタントが
収益化を見据えた進出&マーケティング支援を提供

CEO 楠山 健一郎
御社の具体的な支援内容を教えてください

プリンシプルアメリカではアメリカ進出時の会社設立から、進出後の収益化までをワンストップでサポートしております。会社設立登記などの全般的な支援はもちろん、事務所や店舗物件の選定、人材採用、現地向けホームページ制作、WEBマーケティングなどの体制構築や集客に関することまで幅広くサポートさせていただきます。

弊社自身シリコンバレーで小売業態のビジネスを行っており、収益化に成功している実績がございます。そのためアメリカ進出前のビジネス設計から、現地での収益化戦略までをトータルでご相談いただくことが可能であり、お客様よりご評価いただいている弊社の特徴でもあります。

また弊社日本法人は、Gooogle Anaytics Certified Partner(GACP)という日本で15社しか存在しないGoogle公認のWEB解析会社として、大手企業を中心に延べ100社以上のWEBマーケティング戦略を支援して参りました。そのWEB解析技術とマーケティングノウハウを活かし、アメリカ人に受け入れられやすいホームページ制作やマーケティング手法など、収益化までの実践的なマーケティング支援もご提供しております。

 

御社の支援された実績や実例を教えてください

プリンシプルアメリカでは、アメリカ事業を収益化へと導くWEBマーケティングを得意としております。ここでは日本で創業450年を超える工業部品メーカー様のアメリカ事業支援例をご紹介致します。今回のケースでは、既にアメリカでの法人登記や体制構築を終えていましたが、その後アメリカ企業との接点づくりや現地マーケティングが思うように進まず、弊社にご相談をいただきました。

工業部品の中でも専門性の高い分野を扱っていらっしゃるため、WEB上でのキーワード検索からホームページへの流入を促す方法が効率的と考え、まずはリスティング広告をメインにWEBからの問い合わせを増やす施策を提案。ご依頼いただいてから約2か月で問い合わせ件数は約9倍に伸びました。そしてその情報をもとに積極的な営業活動が可能になったとご満足いただいております。

その後、中長期的なマーケティング活動支援をご依頼いただき、現在はアメリカ版ホームページの制作・運用を進めております。クライアントは日本語ホームページを英語翻訳し、アメリカでのホームページとして活用されていました。しかし、日本人と異なる感性をもつアメリカ人にとっては見づらく、専門用語や文章に違和感があるという問題点がありました。アメリカでは国土が広く国内でも時差があります。そのため、WEB上の情報は顧客との最初の接点となり、ホームページは企業として信頼を獲得するためのマーケティングツールの役割を担います。このような背景からアメリカ人の感性や考え方を考慮したホームページ制作をご提案致しました。

弊社では日本人だけでなく、アメリカの第一線で活躍するプロとパートナーシップを組みビジネスを進めています。彼らはGoogleやCisco、Disneyといった現地のトップ企業をサポートしているマーケターやUX/UIデザイナーですので、日本人ではわからない違和感を察知し、アメリカ人視点でクオリティの高いご提案やサポートを実現することができます。

 

アメリカで事業を成功させる大事なポイントを教えてください

●ポイント1:現地に浸透する

アメリカビジネスを成功させるためには「現地に浸透すること」が重要です。どのようなビジネスでもまずはチャンスを創出する必要があり、顧客との接点づくりが第一ステップになります。アメリカ人をターゲットとした場合、彼らが違和感なく受け入れることのできる接点の創出が、その後の信頼関係やビジネスを生み出す原点になります。そのため、ホームページなどファーストコンタクトの場となりやすいポイントから現地化を進める必要があると考えています。

例えば、外資企業のホームページを思い浮かべてみてください。不自然な日本語が使われていたり、日本で一般的なホームページと異なるスタイルであることで違和感を覚えたことがあるかと思います。これは日本企業の海外ビジネスでも同じことであり、日本人では思いもよらぬ部分でアメリカ人は違和感を抱えていることがあります。特にB2Bビジネスの場合は信頼が重要なポイントになるため、日本での実績や知名度などをお持ちでも、少しの違和感が原因で疑問を抱かれてしまうこともあるでしょう。

現地化というとハードルが高いように感じますが、専門用語などの細かい英単語のチョイス、同義語の微妙なニュアンスの違いに気を配るだけでも不要な違和感を取り除くことができます。さらにアメリカ人にとって見やすいページ構成に整え、彼らが魅力的に感じるキャッチコピーなどを取り入れることで、誤解なく魅力を伝えることが可能になります。

 

●ポイント2:トップレベルのアメリカ人とビジネスをする

アメリカでトップレベルと言える人材はアメリカ人です。できる限り彼らと共にビジネスを作り上げていくことをお勧めします。ポイント1でもご紹介した「現地に浸透する」ためには、現地人の考え方や感覚を知ることが非常に重要です。日本人の感覚では理解できない点、気づかない点は多々あります。それをカバーするためにもアメリカのことを熟知したアメリカ人の力が必要不可欠です。

進出直後の右も左もわからず、英語にも自信がないという状況の中では、日本人との接点が増えて行くのは仕方ないかもしれません。しかしそのまま日本人ネットワークでのビジネスがメインになってしまい、なかなか現地マーケットに溶け込めていないというお話をよく聞きます。もちろん良い部分もあるのですが、アメリカ人に対してビジネスをするのであれば、早い段階でアメリカ人マーケットに挑戦するためのパートナーを探す必要があるでしょう。

 

●ポイント3:信頼できるアメリカ人パートナーを選ぶ

現地でよく聞く悩みですが、トップレベルのアメリカ人とビジネスをしたくても、誰が信用できるのか、本当に実力があるかの判断はとても難しいものです。一般論としてそのポイントをお話するのは難しいのですが、弊社は運よくアメリカトップレベルのマーケティングパートナーや、弁護士・会計士といった専門家と巡り合うことができました。

弊社の例をご紹介すると、最初はWEB解析・WEBマーケティングといった弊社の得意分野から、その道のトップレベルの方と知り合い、良い関係を築くことができました。同業であれば共通言語があるため、会話の中でその人物の能力はすぐにわかります。また弊社は、Gooogle Anaytics Certified Partner(GACP)という日本で15社しか存在しないGoogle公認のパートナーであり、このポジションも大きなアドバンテージになりました。このポジションを獲得するには難易度の高い審査をクリアしなければいけません。アメリカの同業種の方々もこの資格を認知しているため、弊社も信頼を獲得しやすかったと考えています。

そして、信頼できる同業種のビジネスパートナーから各業種のアメリカ人専門家を紹介してもらうことで、トップレベルの人材に恵まれることができました。できる限り現地に浸透することがアメリカ進出では重要と考えているため、弊社の進出サポートもアメリカ現地のパートナーと協力しながら進めています。必要に応じて弊社のクライアントの皆様にも彼らをご紹介しております。

 

最後に今後のビジョンを教えてください

一般的に日本企業は素晴らしいものを持ちながらも、海外への発信が苦手であると言われています。その中で、日本のクオリティの高さを世界中に伝えていくことが弊社の使命だと思っており、今後も日本企業の魅力を世界中に広めていくお手伝いをしていきたいと思っております。

世界で通用する日本企業の製品・サービスを海外で浸透させるためには、現地の感覚や考え方を持つ現地のプロと協力することが不可欠です。弊社は自らビジネスをすることで培ってきたWEBマーケティング・アメリカ進出のノウハウと、アメリカトップレベルのネットワークを皆様にもご提供することで、積極的に日本企業の海外展開を成功に導くお手伝いを致します。日本企業の魅力を海外の方々が受け入れやすいように工夫するお手伝いを通して、世界への橋渡し役を担っていきたいと思います。

ページ上部へ

プリンシプルアメリカ / Principle America Corp. 企業情報

企業名 プリンシプルアメリカ / Principle America Corp.
代表者名 楠山 健一郎
会社URL https://www.principle-c.com/
https://www.principle-c.com/lp/campaign_outbound/
事業内容 海外進出支援事業、WEBマーケティング支援事業
所在地 ▸サニーベール(アメリカ)
1202 Kifer Rd., Sunnyvale, CA 94086

▸株式会社プリンシプル 東京(日本)
東京都千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジ御茶ノ水10階
ページ上部へ
アメリカ 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

flag-usaアメリカの関連記事

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ