Newton Information Technology Ltd.(森本 健至良) | イギリスおよびヨーロッパ各国進出の専門家 | イギリスおよびヨーロッパ各国のITインフラ/内装工事ならヤッパン号


flag_UKイギリス/ヨーロッパでITインフラ・システム開発をお探しならNewton Information Technology Ltd.にお任せください

Newton Information Technology Ltd.
代表者名:森本 健至良

【イギリス・ヨーロッパ / ITインフラ・システム開発】ITインフラ構築・運用・保守をワンストップで提供するヨーロッパのITパートナー
001

代表取締役社長 森本 健至良

Newton Information Technology Ltd.はロンドン近郊ウェンブリーの拠点から、ITにかかわる幅広いサービスをワンストップでご提供しております。ヨーロッパ全域に進出する日本企業様に、ITインフラインテグレーションから、ITセキュリティ、『SAP Business One』をはじめとする業務アプリケーションの構築・導入までを、クライアントのIT部門として包括的にサポートすることが可能です。日欧のビジネス特性およびIT事情に精通したバイリンガルスタッフ「Total Value Creator」が、常にお客様視点で課題解決に取り組み、お客様の企業価値向上のお手伝いして参ります。

また、ヨーロッパ進出を計画している企業様に対して、進出前の調査・計画フェーズのコンサルティングから、IT環境の構築、その後の運用支援までトータルにご支援することが可能です。海外ビジネスをスムーズに進めるためにはIT環境の整備が必要不可欠です。ヨーロッパ進出にご関心をお持ちの段階から是非ご相談ください。

イギリス/ヨーロッパでITインフラ・システム開発をお探しならNewton Information Technology Ltd.にお任せください

サービス概要 【ITインフラインテグレーション】
欧州拠点における確実なIT活用を推進するITインフラの設計・構築、運用・保守を技術力、マネジメント力でプロアクティブにご支援いたします。

– クラウド・サーバ、クライアント・ストレージ、ネットワーク等の導入コンサルティング
– 上記の設計・構築サービス
– ITインフラインテグレーションサービス
– 機器調達
– オフィス移転に伴うITインフラ移転・構築支援

【ERP(基幹業務システム)の導入:『SAP Business One』】
ヨーロッパ中小規模拠点に最適な統合基幹業務パッケージ、『SAP Business One』の導入および運用保守をご支援いたします。

【アプリケーション開発・導入】
ヨーロッパ拠点業務に適したカスタムアプリケーションを現地で開発・運用。また、日本で開発されたアプリケーションの欧州展開をサポートいたします。

【海外進出支援・ヨーロッパ拠点のIT改善・統制・管理支援】
日欧のビジネスおよびIT事情に精通したバイリンガルスタッフが、ヨーロッパ進出や海外拠点におけるIT改善の取り組みをお手伝い致します。

【情報セキュリティ】
現状把握から具体的な施策立案、ユーザー講習まで専門性が必要となる情報セキュリティ対策について、わかりやすくご支援いたします。

【J-Soft】
日本発の優れたソフトウェア製品を欧州で販売、導入、サポートしています。

 

Newton Information Technology Ltd.へのインタビュー

2016年2月11日 更新

ヨーロッパに進出される日本企業の
IT環境構築・運用・保守をシームレスにご提供いたします。

代表取締役社長 森本 健至良
御社の具体的な支援内容(事業内容)を教えてください

ヨーロッパで活躍する日本企業様をITの側面からご支援しています。ITインフラ、基幹業務システム、カスタムアプリケーションの構築から運用・保守や、情報セキュリティまでを事業領域としてカバーしていますので、ヨーロッパに新規進出される企業様、既に事業拠点をお持ちの企業様のニーズに合わせてサービス提供が可能です。ヨーロッパで日本企業に特化し、ITインフラから基幹業務システムの構築・運用までをワンストップで提供できる独立系企業として、お客様の企業価値向上に貢献したいという熱い想いを持って仕事をしています。

弊社は1998年の創業以来、イギリス、ドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、チェコ、ポーランド、トルコといった国々で様々な業種・業態のお客様とお付き合いをさせていただいております。そのためヨーロッパ各国のビジネス環境や慣習を考慮し、日本企業様のビジネス運営に最適なIT環境をご提案することが可能です。

ヨーロッパでのプロジェクト遂行やシステム運用・保守を成功に導くためには、ITに関するスキル・知識はもちろん、国ごとに異なる文化やビジネス慣習への理解、日欧間の差異を統合していく取り組みが必要です。弊社ではお客様の日本本社・現地拠点の双方だけでなく、日欧の各ステークホルダーと密接に連携しながら、お客様のビジネス環境全体を把握し、最適なご提案をさせていただきます。

ITを活用した仕組みづくりにより、「余分な管理コスト・労力の削減」、「より高品質なサービスを実現するための環境創出」を実現することで、企業価値向上に貢献していくことを大切にしています。

 

御社の支援された実績や実例を教えてください

弊社お客様のヨーロッパ拠点では、日本側の会社規模にかかわらずIT専任者や部署を設けていない場合がほとんどです。そのためお客様のIT部門としての機能をアウトソーシングという形で弊社にお任せいただいております。

その中でシステムが稼動するIT基盤の構築・運用・保守はもちろん、会計、販売管理、生産管理、サプライチェーンマネジメント、EDI、ワークフロー等の業務システムの構築・運用・保守など、多岐にわたるITの課題を解決して参りました。

例えば、ヨーロッパで3拠点展開されている日本の製造業様には、各拠点でそれぞれ導入していた異なる業務システムを一本化することで、コスト削減、業務効率・サービス体制の向上を実現。

ヨーロッパに初めて進出された企業様には、現地のITインフラ環境調査から、オフィス開設時、欧州における業務特性や要件を踏まえた基幹システムの導入、その後の運用をワンストップでお任せいただいております。その他にも様々な課題に対しての実績がございます。

またお客様の進出国はヨーロッパ全土、業種業態は多岐にわたりますが、創業以来一貫してお客様のビジネスを把握して一社一社に合わせたサービス提供を心がけております。「現地ヨーロッパ拠点主導」「日本本社主導」など、プロジェクトの進め方に関しても、ご要望にあわせ柔軟な対応をして参りました。サービス品質を保ちながら、様々なご要望にシームレスにお応えして参ったことで、有難いことに、お客様からの信頼とご評価をいただいております。

 

海外でITプロジェクトを成功させるポイントを教えてください。

知識やノウハウのようないわゆる「ハードスキル」よりも、対人的な「ソフトスキル」が重要だと認識しています。その中でも、プロジェクトの進行も含めて海外で仕事をする上でのポイントを私の視点で3点挙げさせていただきました。

 

●ポイント1:郷に入れば郷に従う

その国の考え方や習慣を理解した上で、それらを認めビジネスを進める意識を持つということです。日本のサービス品質は世界一といっても過言ではありません。日本的な基準で物事を進めようとすると、ただでさえ難易度の高いIT系プロジェクトを更に難しいものにしてしまう可能性があります。日欧のサービスや仕事の進め方に関する基準や違いを具体的に理解した上で、計画を策定することが肝要であると考えます。また、日本では考えられないようなことが発生しますので、柔軟性と忍耐力を持ち本質を見極めて対応する点も重要です。

 

●ポイント2 :多様性への理解と主張

ポイント1に加え、ステークホルダーの多様性を受け入れながら、自分の意見はしっかりと主張することが重要です。ヨーロッパは多民族コミュニティであり、それぞれの文化的背景の違いは仕事へのアプローチにも現れます。この中でビジネスを進めるためには、多様性を受け入れるだけではなく、自分の意見を持ち、主張すべきところは主張しなければいけません。海外ビジネスでは、相互に理解した上で議論し合意形成に進展させるスキルは必須ではないでしょうか。

 

●ポイント3 :リーダーシップ

リーダーは柔軟性を持ち、メンバーを支援するという姿勢を保つ必要があります。時には気合や情熱も重要なのですが、海外では日本に比べるとこの重要度は低く、これだけでは人はついてきません。多国籍チームである分、各メンバーに合わせた柔軟な対応により物事を進めることが必要です。

また、目的達成に向けた明確なゴールの共有とその合理性を説明することもリーダーとして重要な役割です。共通の認識が少なく、常識がバラバラであることが多いため、日本のような「言わなくてもわかる」というコミュニケーションで結果を出すことは難しいでしょう。

 

最後に今後のビジョンを教えてください

弊社は経営指針として、「Loyalty and Commitment(誠実な責務の履行)」、「Value and Performance(価値あるサービスの確実な提供)」、「Challenge and Innovation(弛まない進化の継続と価値創造)」の3要素を掲げております。今後もこれらの確実な実践し、付加価値の高いサービスを提供することで、お客様の企業価値向上に貢献して参りたいと願っております。

ITは企業経営に必要不可欠なものとなってから久しいのですが、今まさに大転換期を迎えています。最新技術をいかに経営・ビジネスに役立てていけるかが、国際化するビジネスをスムーズに進めるためのキーポイントになっています。今後も欧州のビジネス及びIT環境を踏まえ、一社一社最適なかたちでご支援できる頼れるパートナーでありたいと考えております。

ページ上部へ

Newton Information Technology Ltd. 企業情報

企業名 Newton Information Technology Ltd.
代表者名 森本 健至良
従業員数 30名(うち日本人20名)
会社URL http://www.newtonit.com/ja/
事業内容 ITインフラインテグレーション、ERP導入、業務アプリケーション開発・運用保守
設立年月日 1998年2月1日
所在地 ‣ウェンブリー(イギリス・ロンドン近郊)
1 Olympic Way, Wembley, Middlesex, HA9 0NP, United |Kingdom
ページ上部へ
ヨーロッパ 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

flag_UKイギリスおよびヨーロッパ各国の関連記事

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ