イシワダ保険エージェンシー / Ishiwada Insurance Agency, Inc.(石和田 貴光 (Takamitsu Ishiwada)) | アメリカ全国(特にカリフォルニア州)進出の専門家 | アメリカ全国(特にカリフォルニア州)の投資/資産運用ならヤッパン号


flag-usaロサンゼルス / アメリカの保険なら、イシワダ保険エージェンシーにお任せください

ISHIWADA_logo

イシワダ保険エージェンシー / Ishiwada Insurance Agency, Inc.
代表者名:石和田 貴光 (Takamitsu Ishiwada)

【ロサンゼルス(アメリカ) / 資産運用、保険】アメリカ保険のプロが、最適な保険プランニングをサポート
Ishiwada_pic001

代表取締役 石和田 貴光

イシワダ保険エージェンシーは、ロサンゼルスを拠点に保険をご案内しております。カリフォルニア州で加入できる正規の「医療保険」「生命保険」「リタイアメントプラン」をご用意し、個人法人(経営者)を問わず、幅広い顧客のニーズに対応可能です。

2005年の創業以来、アメリカ保険の豊富な知識と「お客様との対話」を大切に、着実に実績を積んで参りました。有難いことに2009年以降は連続して、アメリカ医療保険最大手の1つであるAnthem Blue Cross社より表彰を受けております。

現在ご加入の保険見直しも含め、一人一人に最適なプランニングをさせていただきます。ライフプランの構築や資産運用、企業の節税対策や退職金の仕組みづくり等、まずはお気軽にご相談ください。

ロサンゼルス / アメリカの保険なら、イシワダ保険エージェンシーにお任せください

サービス概要

カリフォルニア州全域で、各種保険のご相談を承っております。

【医療保険(病気・ケガに備える)】
– PPO ネットワークプラン
 ・通院頻度が少なく、万が一の大きな医療費に備えたい方にオススメ。

– HMOネットワークプラン
 ・通院頻度が多く、医療サービスを受ける際の自己負担を低く抑えたい方にオススメ。

【生命保険(万が一の時、ご家族を支える)】
– 掛け捨て型・生命保険
 ・ご結婚を機に、万が一に備えてご夫婦で支え合う仕組みをお考えの方にオススメ。
 ・安価な保険料で、万が一の際に大きな保障を受け取る仕組みをお考えの方にオススメ。
 ・抱えている各種負債(住宅ローン、ビジネスローン等)の補填をお考えの方にオススメ。

- 終身積立型・生命保険
 ・一生涯継続する死亡保障をお探しの方にオススメ。
 ・貯蓄性の高いプランをお探しの方にオススメ。
 ・お子様の学資、老後の資金など、20~30年後にまとまった資金が必要な方にオススメ。
 ・まとまった資金(遺産など)を、中・長期で着実に増やしたい方にオススメ。

【リタイアメントプラン(退職後の生活に備える) 】
– IRA
 ・退職後に備え、貯蓄性の高い運用をお考えの個人様にオススメ。
 ・所得税の控除をお考えの方にオススメ。

- SEP-IRA
 ・ご自身、従業員の退職金準備を考えの経営者、事業主様にオススメ。
 ・会社の節税対策をお考えの経営者にオススメ。

 

Office_Entrance
ishiwada-Sep2013
Office_Building
ロサンゼルス近郊、トーランスオフィス 「誠実」なサービスをお約束します! オフィス外観、駐車場も広々

イシワダ保険エージェンシー / Ishiwada Insurance Agency, Inc.へのインタビュー

2016年6月16日 更新

世界最高峰のライフプランを日本語でサポート

President 石和田 貴光 (Takamitsu Ishiwada)
御社の具体的な支援内容(事業内容)を教えてください

弊社イシワダ保険エージェンシーでは、カリフォルニア州における個人・家族向け、法人向けの「医療保険、生命保険、リタイアメントプラン」をご提供しております。アメリカの保険は日本とは異なり種類も豊富です。そのためご自身のライフプランに適した保険を選択し、効果的に活用する為には学びが必要になります。特にアメリカの医療保険は、アメリカ人にとっても複雑で分かりにくいと言われています。弊社ではアメリカ医療保険制度のご説明や各種プランのご紹介、実際の加入申請はもちろん、加入後の細かなご相談やサポート、解約まで日本語でフルサポート致します。

また皆様のアメリカでのライフプランに合わせた財務基盤作りのサポートも行っております。人生設計から逆算した財務計画作成のお手伝いから、その計画を実現するための運用方法として各種保険のご紹介をしております。アメリカの生命保険は日本とは比較にならないほど死亡保障額に対する保険料が割安です。加えて保険金は一時所得として計上するため相続税の課税対象になりません。そのためアメリカの中間層や富裕層は、節税効果を期待しながら資産を運用する手段としてこの保険を活用しています。

アメリカの中間層・富裕層に着目すると財形貯蓄に占める投資の割合は世界最高水準です。彼らは単純に投資をしているわけではなく、計画的に資産形成を行っております。節税や将来のお金のかかり時に備える戦略的な貯蓄プランをたて、そのプランに沿い適切な投資対象へ投資を行います。アメリカにはこのような将来のための戦略的な貯蓄プランや資産運用方法が多数存在します。弊社では一人ひとりと真剣に向き合い、その人生設計に合うプランのご紹介を心がけております。

 

御社の支援された実績や実例を教えてください

弊社イシワダ保険エージェンシーは2005年の創業以来、カリフォルニアで保険をご紹介しております。この10年間で有り難いことに、累計5,000件以上のご契約をいただいております。これらの実績は大手保険会社からも高く評価され、複数の主要取扱保険会社から弊社専属のサポートライン(保険会社から直接サポートが受けられるEメールアドレスや電話番号)を与えられています。その為、迅速なサポートが可能となっています。

今やインターネットでも医療保険や生命保険の購入は可能ですが、無料サポートサービスに電話やE-mailで問い合わせて購入する事例は、驚くほど少ないのが実情です。これは、保険がお客様の人生に密接にかかわることが要因だと思っております。保険は万が一の怪我や病気、死亡時に備えると同時に、資産運用にも活用される商品ですので、保険エージェントとの密なコミュニケーションがとても重要になります。お客様との対話なしで最適な商品をご紹介できるとは考えておりません。そのためいつもお客様に必ずご面談の機会をいただき、人生相談のような深いお話を聞かせていただきます。お客様からは「ここまで本気で考えてくれるとは思わなかった」等の嬉しいお言葉をいただき、有り難いことにご厚意でご友人などを紹介いただくことができています。

最後に私がサポートをさせていただく保険商品やそのコンサルティングに関して、お客様から手数料はいただいておりません。一部のアメリカの保険やコンサルティングでは手数料が発生します。しかし弊社ではあえて手数料がかからないサービスに絞り込み、お手伝いをさせていただいております。

 

アメリカで財務基盤を築くためのポイントを教えてください

●ポイント1:アメリカ滞在の目的を明確にする

アメリカで安定した財務基盤を整えるためには、滞在の目的を明確にした上で具体的な計画を練ることが第一歩です。ライフプランを考える際も同様なのですが、ゴールがなければそこまで到達する方法を考えることはできません。厳格なものである必要はありませんので、まずは考えてみましょう。ゴールが決まれば、到達までに何をする必要があるのか、そのための費用はいくらか、どのくらいの期間が必要かなど細かいゴールを設定することができます。

財務計画を立てる際には、どこに投資するか、よいスキームはないかなどの方法論に目が行きがちです。もちろんご自身での勉強や情報収集は必要ですが、最低限の知識を獲得し、よい専門家の力を借りれば、方法論に関してはさほど難しいことではありません。しかしゴール設定に関してはご自身が主体に考えるべきで、すべての計画のおおもとになります。この部分を軽視すると結果的に遠回りをする場合もあるかもしれません。

 

●ポイント2 :「労力・時間・資金」の使い方

アメリカ滞在の目的を明確にした後は、その目的達成のために労力・時間・資金を費やすべきです。例えばお子様にアメリカ英語圏だからこそ出来る学業経験を積ませてあげたいとの目的で渡米されたとします。お子様の就学時期に合わせ資金的に余裕が出るようなファイナンシャルプランを組むことはもちろんですが、現状のビザでお子様の就学期間中にアメリカに滞在できるかなど、気を払うべきポイントは多岐にわたります。

アメリカでは滞在の目的によりビザが決まっていますが、このケースであれば永住権(Green card)の取得をお勧めします。労働ビザの更新時にかかる費用を抑えられるだけで無く、ビザの更新ができないというリスクを排除することができるからです。お恥ずかしいですが、私の場合、学生ビザ(F-1ビザ)で留学し、現地企業での就職に伴い労働ビザ(H-1Bビザ)に切り替えました。その後、起業を機に投資家ビザ(E-2)に切り替えて、最終的には永住権(Green card)を取得しています。自分の通った道に後悔はありませんが、無計画かつ行き当たりばったりの対応をして来たため、時間と資金の有効活用という部分ではかなり遠回りをすることになりました。

細かいですが異国の地ですので、目的達成に向けた入念な準備と不測の事態への備えに対して、労力・時間・資金を有効に使いましょう。

 

●ポイント3:目の前のことに向き合う

アメリカへの滞在目的は様々あるかと思います。ビジネス・教育・勉強等どんな目的であっても、目的達成までの過程では課題が山積みになっていることでしょう。その課題に常に向き合い、学び続け、信じ続け、行動し続ける事が重要だと考えています。どんな境遇であれ渡米される方の心配や不安は、痛いほど理解できるつもりです。たとえ幼少期をアメリカで過ごされた方でも、常に変化と進化を続けるアメリカでの暮らしはスムーズに行く事ばかりでは無いはずです。

私自身も日本で生まれ育ちましたがアメリカで成し遂げたいことがあり、今から15年ほど前に英語もできない状況で渡米しました。その中で多くの苦しみや悲しみと共に、絶望すら感じた事がありました。しかし今ではこうして多くのお客様の心配や不安を、保険やファイナンシャルサービスを通じてサポートできるまでになっています。

私の場合、目の前のことにまっすぐ向き合い、精一杯人に尽くす事と、それを喜びに変える力を育む努力を重ねた結果、「出来ない事が一つずつ出来る喜び」を知り、物事が前進していきました。

 

最後に今後のビジョンを教えてください

私は日本で生まれ育ちましたが「いつかはアメリカに渡り幸せになりたい」と願い続けてきました。紆余曲折ありながら、なんとか今までアメリカで活動を続けることができています。このような経験があるからこそ、アメリカに滞在される方々の心配や不安には共感を覚えており、「ただ一心にそんな皆様のお役に立ちたい」という思いで活動しており、この思いは今後も変わりません。

私達イシワダ保険エージェンシーは、画一的な型にはまったコンサルティングを行いません。一人ひとりと向き合い、その方に適したアドバイスとプランニングを根気強くご提案しています。「保険やファイナンシャルサービス」を通じて皆様の輝く未来の礎を築きたい。これからもより一層、多くの人や社会に貢献し続けていきたいと思っております。

ページ上部へ

イシワダ保険エージェンシー / Ishiwada Insurance Agency, Inc. 企業情報

企業名 イシワダ保険エージェンシー / Ishiwada Insurance Agency, Inc.
代表者名 石和田 貴光 (Takamitsu Ishiwada)
会社URL http://www.ishiwadains.com/
事業内容 生命保険(Life Insurance)、医療保険(Medical Insurance)、年金プラン(Annuity)、リタイアメントプラン(Retirement planning)、401(k) Rollover (401kプランの移行)
設立年月日 2005年10月
所在地 ▸トーランス(アメリカ)
3838 W. Carson st, Suite 332 Torrance, CA 90503
ページ上部へ
アメリカ 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

flag-usaアメリカ全国(特にカリフォルニア州)の関連記事

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク