Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions L…(谷藤 英樹) | フィリピン進出の専門家 | フィリピンのM&Aならヤッパン号


flag_philippineフィリピン / アジアのM&AならAsian M&A Linksにお任せください

logo blue-white banner

Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions Links
代表者名:谷藤 英樹

【フィリピン / M&A、進出支援】フィリピンを中心に、クロスボーダーM&Aを活用したアジア(ASEAN)進出をご提案
谷藤様_00

代表取締役 谷藤 英樹

弊社Asian M&A Linksは、アジア(ASEAN)のクロスボーダーM&Aを通して、日本企業様のアジア進出をご支援しております。中でも特にフィリピン国内のネットワークが豊富で、フィリピンのM&Aアドバイザリー・仲介業務を得意としております。

代表の谷藤は現在東証一部上場のM&A仲介会社(執行役員)を経て、中小企業向けM&Aアドバイザリー会社の創業メンバー取締役として、日本国内で業種を問わず数多くのM&Aに従事して参りました。その経験とフィリピン国内でのネットワークを活かし、ニーズに合う案件発掘からクロージングまでM&Aを活用したフィリピン進出をワンストップサポートしております。

弊社では現地法人設立などの支援もご提供しておりますが、変化の速いアジアで効率よく事業拡大を実現するための一つの手段として、クロスボーダーM&Aによるアジア進出をご提案しております。特にフィリピンへの進出をお考えの方、クロスボーダーM&Aにご関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。もちろん、フィリピン以外のアジア進出に関してのご相談も歓迎しております。また別会社でフィリピン国内向けの人材紹介事業も行っておりますので、人材面のご相談にも対応しております。

フィリピン / アジアのM&AならAsian M&A Linksにお任せください

サービス概要

【クロスボーダーM&A仲介&アドバイザリー】
┣ 譲渡予定企業のご紹介
┣ 譲渡企業との交渉
┣ 各種スキーム、会計、税務、法務に関する助言
┣ 弊社から買収候補企業への能動的なアプローチ、案件の発掘
┗ デューデリジェンスのアレンジ

【フィリピン人材紹介・派遣】
┣ 人材のご紹介、派遣(幹部候補からスタッフレベルまで全職種対応)
┣ 人材募集の支援
┣ 雇用契約書作成
┗ 労務関連法務、習慣等のアドバイス

※弊社代表の谷藤が経営する「Sakura Asian Business of Manpower社」でサポート致します。スイス系大手BPO企業の人事部経験者など経験豊富なスタッフが対応致します。

 

IMG_7920
IMG_7923
IMG_7921
弊社エントランス看板 弊社フィリピン人スタッフ Sakura Asian Business of Manpower社のエントランス看板

Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions Linksへのインタビュー

2016年9月9日 更新

クロスボーダーM&Aをトータルサポート
フィリピンを中心に効率の良いアジア(ASEAN)進出をご提案

代表取締役 谷藤 英樹
御社の具体的な支援内容を教えてください

弊社Asian M&A Linksは、アジア(ASEAN)のクロスボーダーM&Aに特化したアドバイザリーとその仲介業務を展開しております。中でもフィリピンでのM&Aアドバイザリー、仲介業務を得意としております。具体的にはM&A案件(売却&買収)のご紹介、買収スキームのご提案、会計士や弁護士と連携しフィリピンでの会計・税務・法務のアドバイス、契約書の作成支援や交渉など、クロスボーダーM&A成功に向けワンストップでクロージングまでサポートしております。

弊社では候補企業の選定や対象企業へのアプローチなど、能動的にM&A案件を発掘するスタイルを大切にしております。情報を取得しづらい海外では、待っているだけでは良いM&Aのチャンスは掴めません。また急激な成長を遂げているアジアへの進出はスピードが重要になります。そのためお客様の海外展開の目的(事業拡大・事業売却・新事業開発など)に最適な案件を発掘し、友好的かつスピーディに成功へと導くよう心掛けております。

アジア進出場合、自社のリソースをメインに現地拠点を設立する方法が一般的かもしれません。しかし想定以上の出費と時間がかかるケースも珍しくありません。一方でクロスボーダーM&Aによるアジア進出の最大のメリットは、既にノウハウや実績ある企業を子会社化することで「時間を買う」ことです。これは時間だけでなく長期的なコストを削減し、ビジネスチャンスを拡大することにも繋がります。弊社では積極的にお客様のニーズに合う案件を獲得しに行くことで、必要なノウハウを適切なタイミングで獲得することを実現し、M&Aのメリットを最大限享受いただけるよう心がけております。

 

今まで御社・谷藤様が支援された実績を教えてください

私(代表谷藤)は、日本国内で約8年間M&A事業を経験しており、日本国内でのM&A経験を含め30件以上の成約を支援した実績がございます。今まで携わったM&Aは他業種にわたり、食品メーカー、食品スーパー、外食、アパレル、ペットフード、調剤薬局、インターネット通販、インターネットコンテンツ、システム開発、化学品、電子部品、ライブハウス、家電販売、化粧品、人材派遣など業種を問わず実績がございます。

この経験を基に弊社Asian M&A Linksは2015年に設立致しました。有り難いことに設立間もない2016年3月現在でも、フィリピン国内でM&Aのご依頼を10件以上頂戴しております。業種は銀行、損害保険、建設、採砂採石、セメント卸、リサイクルタイヤ製造、IT、BPO、決済・収納代行、外食などがございます。これ以外の業種でも弊社のフィリピン国内でのネットワークを活用し、お客様のニーズに合わせた案件を発掘させていただきます。

ご満足いただけるM&A案件をご用意するためには、現地でのネットワークは必須です。弊社では多くの現地経営者やコンサルタントとパートナー契約を結び、日々様々な業種のオーナー経営者と接点をつくる環境を整え案件の発掘に努めています。私自身もフィリピン大手企業の経営者や政府関係者などと懇意にさせていただき、彼らのビジネス発展にも寄与しながら、現地での有力情報の収集に力を注いでいます。

 

海外で事業を成功させる大事なポイントを教えてください

●ポイント1:スピーディな事業展開

海外特に成長過程にあり変化の激しいアジアでは、事業機会も刻々と変化しています。その中でビジネスを成功させるためには、いかにスピードを保ちながら事業を拡大させるかが焦点になります。

海外に進出し本業のビジネスが安定した状態に到達するまでは、どんなに早くても1年以上はかかるでしょう。アジアでは現地での事業機会を逃すことで、残念ながら撤退に追い込まれてしまうケースも多々見られます。撤退する場合、時間や機会の損失だけでなく数千万円~数億円というコスト、場合によっては訴訟リスクなどが発生するケースも少なくありません。

スムーズな進出と事業拡大を阻害する要因は様々ありますが、自社のリソースを基に進出を計画し不慣れな業務への対処に時間と資金を費やしてしまうケースが多いようです。法人設立、現地での許認可の取得、人材採用、会計業務、政府との交渉、法的な問題への対応など、本業に集中できる環境を整えるだけでも多くの時間と資金を要します。

また中小企業においては、海外責任者の選定が事業スピードを鈍化させる要因になっている例もあります。英語で最低限のコミュニケーションが取れて、かつマネージメント経験のある人材となると、日本国内の幹部人材であることが多く簡単に現職を離れることができません。首尾よく適任者が決まったとしても、赴任するまでの環境整備など、時間と資金がかかる課題は多いものです。弊社ではこのような課題を避け、迅速に海外ビジネスに必要なリソースを確保する合理的な手段として、クロスボーダーM&Aという選択肢をご紹介しています。

 

●ポイント2:リスク管理

ポイント1とともに、リスク管理も外せないポイントです。海外でのビジネスは国内以上にリスクが多く存在します。商習慣、法令、会計・税務など日本とは異なる環境であることへの配慮不足が主な要因でしょう。この点を常に念頭にビジネスを進めていく必要がります。大まかな情報は日本でも収集は可能ですが、実際にビジネスを行うとなると細かく複雑な部分まで配慮が必要になります。そのため現地で経験豊富なコンサルタントのアドバイスを仰ぎながら進めていくことが賢明です。

フィリピンと日本の違いを一部ご紹介すると、例えばフィリピンでは従業員への給料は月に2回の支払いが一般的です。また年末には給料の1か月分を支払うことも義務付けられております。これ以外にも、会計・税務面では毎月BIR(日本でいう税務署)への申告が義務付けられ、3か月毎に税務申告が必要です。法務面ではもともとアメリカの植民地だったこともあり、アメリカ同様の契約社会に近いです。アジアという認識から契約や法令を軽視する方も散見されますが、日本以上に法務面への理解と配慮が必要です。

例を挙げればきりがないですが、海外でのビジネスは日本国内でのビジネスよりも有識者からの情報やアドバイスが重要になります。これはM&A事業を行う弊社も、お客様にご迷惑をかけぬよう特に徹底しているポイントです。弊社では、現在約10名の現地に精通したフィリピン人スタッフと会計士・弁護士を雇用しています。お客様のM&Aを適切なかたちで成功に導けるようビジネス、会計・税務、法務のプロがアドバイザリー業務に従事し、M&Aのクロージングまでサポートする体制を整えております。

 

最後に今後のビジョンを教えてください

弊社は日本国内で8年間のM&Aアドバイザリー業務に従事した経験、数多くのM&Aを成約に導いた実績を基に、日本とフィリピンの相互発展に寄与する懸け橋になることを目指して参りました。現在ではステークホルダーの皆様からの信頼とご支援をいただきながら、フィリピンだけでなくアジア(ASEAN)全域でのM&A事業にも取り組んでおります。

今後はフィリピン国内のM&Aブティックとして更なる成長を遂げることはもちろん、5年以内にはアジア(ASEAN)ナンバーワンのM&Aブティックとして、日本とアジア(ASEAN)発展の懸け橋となることを目指して参ります。

ページ上部へ

Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions Links 企業情報

企業名 Asian M&A Links / Asian Mergers and Acquisitions Links
代表者名 谷藤 英樹
従業員数 10名
会社URL http://asian-ma.com/home_jp.html
事業内容 合併・買収・提携などM&A仲介業務、M&Aアドバイザリー業務、資金調達支援、フィリピン進出支援、人材紹介
設立年月日 2015年5月15日
所在地 ▸メトロマニラ・ボニファシオ・グローバルシティ(フィリピン)
FORT PALM SPRING Buildings Unit 25D 9014 B1 first avenue Fort Bonifacio,Taguig city,the Philippines
ページ上部へ
ページ上部へ
フィリピン 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク