Asian Link Pte Ltd / アジアンリンク(横森 一輝) | フィリピン進出の専門家 | フィリピンの投資/資産運用ならヤッパン号


flag_philippine海外での資産保全なら、Asian Link Pte Ltd / アジアンリンクにお任せ

logo007

Asian Link Pte Ltd / アジアンリンク
代表者名:横森 一輝

【フィリピン(アジア全域) / 資産運用、市場調査】海外投資のリスクを徹底的に減らす、資産保全に特化したプロフェッショナル
IMG_20160602_130541

代表者 横森 一輝

弊社アジアンリンクは、アジア投資を活用した資産保全コンサルティングをメイン業務としております。アジア市場・金融商品の調査をはじめ、徹底的にリスクを回避し資産を守るためのコンサルティングをご提供しております。弊社は金融機関でも金融商品の販売店でもありません。そのためセールストークなどは一切せず、代表である横森の今までのノウハウと知識を基に、資産運用や投資の本質的なアドバイスをご提供できる点が弊社の特徴です。

昨今では日本の現状を憂い、アジアへの投資により資産保全をお考えの方が増えて参りました。しかしそのリスクを回避する術を知らず、失敗される方が後を絶ちません。弊社ではこの現状を打破すべく収益を追求する投資ではなく、資産を守るための投資をご提案しております。

また世界経済の事情やヘッジファンドの投資ノウハウなど、資産保全に役立つ情報をWEBサイトや書籍出版などを通して配信しております。これから海外投資をお考えの方、資産保全にご関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

海外での資産保全なら、Asian Link Pte Ltd / アジアンリンクにお任せ

サービス概要

【資産保全・総合コンサルティング】
┣ 現状の財産分析
┣ 資産の保有形態の提案
┣ 資産からの収入手段の提案
┣ 相続に関わるコンサルティング
┗ リスク分析及びリスクに対する管理体制の構築

 

【海外投資に関する調査】
┣ 市場調査(マクロ及びミクロ)
┣ 信用調査
┗ 法務及び税務関係調査

 

【海外ファンド組成&ファンド運営コンサルティング】
┣ 集団投資スキームの設立に関わるコンサルティング
┣ 集団投資スキームの設立要件におけるアレンジメント
┣ 目論見書作成におけるコンサルティング
┣ 募集に関わるコンサルティング
┗ 集団投資スキーム運営に関わるコンサルティング

 

【世界経済・投資ノウハウに関する情報発信】
┣ 世界経済情報WEBサイト「経済倶楽部」の運営
┗ 書籍出版『老後資金の作り方/リスク回避の追求(キンドル版)』

 

Asian Link Pte Ltd / アジアンリンクへのインタビュー

2016年6月2日 更新

商品販売を目的としない中立的な立場が特徴、
資産保全の総合コンサルタント

代表者 横森 一輝
御社の具体的な支援内容(事業内容)を教えてください

弊社アジアンリンクは特定の金融商品を販売する業者ではなく、「リスク回避、資産保全のための海外投資」をサポートする投資調査・コンサルティング会社です。主に3つの業務を軸に展開しております。

1つ目は「海外不動産や海外ファンドの調査業務」です。勝手がわからない海外での投資において、そのリスクを下げるために日本人投資家に対して提供しているサービスです。海外市場の調査、投資対象の実態や信用調査などを実施し、そのリスクを明確にするためのお手伝いをしております。

2つ目は「海外を拠点としたファンドの組成と運営コンサルティング業務」です。縁故者の資金運用をお考えの個人資産家や法人向けに、集団投資スキームを活用した直接金融のお手伝いをしております。利益に対する課税なく効率的な複利運用を実現する手段としてご依頼をいただいております。

そして3つ目は「資産保全の総合コンサルティング業務」です。これは弊社の主力事業であり一番の得意分野です。投資で損をしないために、いかにリスクを減らすかに焦点を当て、資産を守るための総合コンサルティングをご提供しております。一般的な収益を追求するための投資とは異なり、リスクを回避するお手伝いをさせてくことがメインで、リスク回避の先に収益を形成していくという考え方に基づきアドバイスをご提供しています。相続や老後対策をお考えの皆様からご依頼が多くございます。

このようなリスク回避の考え方は、日本では全くと言っていいほど馴染みがないですが、欧米の富裕層の間では当たり前の考え方です。コンサルティングの他、リスクを回避するという考え方の啓蒙活動、そのノウハウの普及にも力を入れています。具体的にはWEBサイト「経済倶楽部」での情報発信と、書籍出版を行っております。2016年2月に老後30年に起こり得るリスクを回避するための方法を記載した『老後資金の作り方/リスク回避の追求(キンドル版・888円)』という本を出版しました。有り難いことにアマゾンの金融・ファイナンス部門ランキングで1位もいただくことができました

 

御社の支援された実績や実例を教えてください

2008年以降、延べ200人を超える個人投資家や個人事業主に対して、資産保全コンサルティングをご提供して参りました。また海外ファンドの信用調査、東南アジア不動産の需給や適正価格等の現地調査は40件以上、その他の調査業務として日系企業のフィリピン進出における現地調査の経験もございます。またそれに付随し銀行口座の開設サポートもシンガポール、香港、フィリピンで100件以上行っています。ファンド組成に関してはプライベートファンド1件、FXファンド1件のアレンジメント実績がございます。

私は学生の頃から約30年、金融・投資に関わって参りました。もともとは相場師としてマーケットに挑み生計を立てていた時代もございます。しかしヘッジファンドの「リスクを抑えることでリターンを得る」という考え方に感銘を受け、合理的な根拠を元にした資産運用、リスクを認識し管理するという手法に衝撃を受けました。それ以降ヘッジファンドの調査会社の立ち上げや、シンガポールで投資信託運用会社の最高投資責任者を経て、ヘッジファンドのノウハウや考え方を学びました。弊社アジアンリンクは、このノウハウを少しでも多くの方にお伝えし日本人の資産保全をサポートする目的で設立し、有り難いことに200名を超える方々からご依頼をいただけるようになりました。

 

海外不動産や海外ファンドなどの投資を成功させる大事なポイントを教えてください

●ポイント1 : 事前調査・事前準備の徹底

日本人投資家がアジア投資で失敗してしまう実例は数多く存在しています。その原因の多くは事前調査・事前準備不足です。日本人投資家は合理的な調査や思考をせずに、現地の日系業者が勧める不動産やファンド等を勧められるがままに購入し、損失を抱えてしまうケースが多いようです。失敗を避けるためには合理的な判断が重要になります。そのためにまずは投資の基礎知識を理解し、投資対象を知るための事前調査・事前準備が大切です。

海外不動産に関して言えば、現地の需給関係の調査を疎かにしたため、不動産を購入後に借り手が見つからず空室の状態が続いている。また購入時に実勢価格を調べなかったために、転売時に大幅な値引きを強いられる等の例があります。特にプレビルド物件の購入では完成後に物件価格が下落し、積み立ててきた資金の全てを失うという悲惨な事例も発生しています。海外ファンドの場合では、手数料率が超過リターンに比べて高い。また変動リスクを十分に理解しないままに投資をはじめ大きな損を抱える例が多いようです。これらの失敗例は事前に調査をしていれば避けられることばかりです。投資対象となる商品についての調査はもちろん、ファンドや変動リスクの仕組みなどの根本的な仕組みへの理解など、合理的な判断をするための基礎を整えましょう。

 

●ポイント2 :リスク管理スケジュールの作成

投資の世界では「絶対は絶対にない」と考えてください。事前調査によりどんなにリスクが低いと考えていても、リスクがゼロになることはありません。存在しているはずのリスクを見逃しているケースもあります。だからこそ何重にもリスクを回避していく手段を構築していかなければなりません。

例えば東南アジアで不動産を購入する場合、物件価値の維持についてまで対策をお考えの方は多くありません。しかし東南アジアの物件はがメンテナンス不足により経年劣化が非常に激しくなっています。管理手数料を払っているので安心とお考えの方が多いかと思いますが、大手不動産開発会社の物件と言えども、実際はそうではないという現実があり、資産価値を下げるリスクになります。他にもインフレヘッジ、キャッシュフロー管理、災害に対するリスクヘッジなど、多岐にわたるリスクへのマネジメントをする必要があります。

 

●ポイント3 :「長期的&マクロな視点」で戦略を立てること

投資に関して言えば、長期的かつマクロな視点で運用することにより、収益を安定させることが可能であると考えています。マクロな視点、即ち世界の流れや経済の流れの中で成長性の低い投資対象を排除し、成長性の高いと思われる投資対象を検討することが重要です。マクロな視点で判断するためには、人口の増減や経済成長などのデータが大切な指標になります。このようなデータは、1年や2年程度の短期ではあまり大きな変動はありません。そのため長期的な視点も同時に必要になります。

例えば年5%の成長率であっても10年間その成長率を維持すれば50%の成長になります。反対に成長率がマイナス2%であれば10年間で20%衰退するということです。10年という期間で考えた場合、その差は70%にもなります。マクロな視点で成長性の高い投資対象を選定し長期的な視点で運用することで、リスクを大きく減らすことが可能になります。また短期的な事象に囚われる必要がなくなるので、将来に対する不安も軽減できるようになるでしょう。

最後に今後のビジョンを教えてください

今後も日本人が海外投資を活用し、資産を守り抜くためのお手伝いをして参ります。現状はアジアへの投資を活用した資産保全をサポートしておりますが、弊社はアジアへの投資斡旋会社ではありません。弊社の目的は一貫して「皆様の資産を守ること」です。そのため仮にアジアが投資対象としての魅力がなくなった場合は、安定した資産運用に適した方法を随時模索し、情報とそのサポートをご提供していきたいと思っております。

日本では経済成長の低迷期に入り、国内投資で資産を守ることが難しい状況になっています。そうした中で多くの方が海外(特にアジア)への投資を検討され、実際に投資をされています。日本に比べ高い成長率を誇るアジアへの投資はリスクをしっかりと把握し管理さえすれば魅力的な投資対象です。しかしその魅力ばかりに注目しリスクを軽視しているため、好ましくない結果に陥るケースが多いと感じています。だからこそ弊社は、金融商品販売者ではなく公平な第三者としての視点をもって、事前調査やリスク管理を提唱し、その調査やサポートを提供しています。

今後も何があっても皆様の財産を守り抜くことができるよう、あらゆるリスクを想定しリスクに対する管理体制の構築をお手伝いして参ります。

ページ上部へ

Asian Link Pte Ltd / アジアンリンク 企業情報

企業名 Asian Link Pte Ltd / アジアンリンク
代表者名 横森 一輝
会社URL http://asianlink.info/index.html
http://keizaiclub.com/
事業内容 資産保全の総合コンサルティング業務、海外投資に関する調査、ファンド組成及びファンド運営のコンサルティング業務
設立年月日 2009年6月
所在地 ▸シンガポール
Level 40 Ocean Financial Centre, 10 Collyer Quay Singapore 049315
ページ上部へ
ページ上部へ

書籍紹介

老後資金の作り方/リスク回避の追及
老後資金の作り方/リスク回避の追及
世界金融の裏の裏まで知り尽くした著者が、 リスクの本質に鋭く迫り、その対策を完全解説! 「そんなリスクを知らなかった」では、絶対に許されない老後の生活。 将来のリスクに正面から向き合えない人には不要の書。
ページ上部へ
シンガポール, ベトナム, フィリピン, 香港 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク