株式会社AIBJ() | アジア全域/シンガポール進出の専門家 | アジア全域/シンガポールのM&Aならヤッパン号


flag_singapore海外・アジア全域のM&Aなら株式会社AIBJにお任せください

head_logo

株式会社AIBJ

愛宕グリーンヒルズ写真

東京オフィス 愛宕グリーンヒルズ森タワー

【海外(アセアン・オセアニア諸国など)の優良売却案件を紹介できます】
 Bringing the World to Japan ~アジアの企業を日本の企業に~

信頼できる独自の現地ネットワークに入った売却希望情報の中から、優良企業のみを絞り込んだ優良案件を常に複数社保有しております。アジア・アセアン地域進出を目指す日本企業にタイムリーなM&A案件のご紹介ができます。


【御社に代わり優良な現地パートナーを発掘いたします】
 Bringing Japan to the World ~日本からアジアの企業にアプローチ~

イメージに合った現地パートナーを探したい企業様については、現地調査、現地パートナー候補企業のリストアップ、交渉、M&Aのアドバイザリー等のサービスを提供し、海外進出のサポートを行っております。

これら海外企業とのM&Aを実現するためには国境を越えて、地理的な距離や文化、言語、人種が異なることから生じる『情報の不確実性』という大きな壁を超えなければなりません。そのために当社は、アジア全域に現地オフィス・人材を配置し、300を超えるネットワーク、組織、プロセスを駆使しております。
アジアを中心とした海外進出にM&Aを活用されることをご検討の企業様は、お気軽にご相談ください。


▼現在ご紹介中の案件一覧はこちら

http://aibj.co.jp/

海外・アジア全域のM&Aなら株式会社AIBJにお任せください

サービス概要

アジア・アセアンに進出・拡大を目指す日本企業様に対して、大きく分けて下記の2つのサービスを提供しております。

 

1.クロスボーダーM&A(優良企業ご紹介)アドバイザリー業務
株式会社AIBJは4つのプロセスを通じて、日本企業様に対して海外の最適なM&A対象企業をご紹介しております。

 

その後、クロージングまで責任を持ってサポートさせていただきます。
詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

 

2.クロスボーダーM&A(現地パートナー企業発掘)アドバイザリー業務
株式会社AIBJは3つのプロセスを通じて戦略的M&Aを行い、日本企業のクライアントに代わり最適な戦略パートナーの発掘を行います。

 

詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

 

20 Collyer QuayA
ジャカルタオフィス外観
"バンコ�"_%25%2A%25U%25%23%259304Q%1B%28B
シンガポールオフィス外観 ジャカルタオフィス外観 バンコクオフィス外観

株式会社AIBJへのインタビュー

2018年6月3日 更新

日本企業のアジア進出における、
最適なパートナーとの出会いを実現

株式会社AIBJ 投資銀行本部
◆海外の優良売却案件をご紹介

①なぜ優良な海外案件を多数紹介できるのですか。

当社はASEAN各地で、現地の金融機関・弁護士事務所・経営コンサルタントなど幅広い人脈からM&A案件の情報が多く入る独自のネットワークを構築しております。さらに、当社は独自の方法で案件を選別し優良な海外案件のみを多数紹介する体制が整っております。

 

②優良な案件とはどのような案件ですか。

下記の3つの条件を満たすものを当社は優良な案件と考えております。
1. 案件の信頼性
①案件の持ち込み先がAIBJの信頼できる認定パートナー先であること
②1社しか間に入っていない直接持ち込み先の案件であること
③日本企業に紹介するための案件の様々な情報を獲得できること
④AIBJが現地で直接売り手企業の経営者(またはオーナー)と会い、その売却意思を直接確認することができること
⑤案件のExclusivityが確保されている(つまり当案件を独占的に扱える)こと
5点全て満たしていること。

2. 対象企業の業績
日本企業が海外買収により外国企業を買収するに当たり、やはり対象企業が現在も単独で利益を上げていること(スタンドアローン)が重視されます。したがって、AIBJは原則下記条件を満たした企業のみを取り扱っています。
① 安定的にEBITDAおよび営業利益が利益を計上している(黒字企業)
② 安定的に黒字を計上することができる、ビジネスの強み・特徴・経営資源を持っていること。

3.売却希望価格の妥当性
どんなに良い会社でも、その希望売却価格が著しく当社の相場観よりも高ければ売却は困難です。したがって、当社が案件として扱う時には、その希望売却価格はAIBJが売却可能と考える価格と等しいか、等しくなるようオーナーを説得できている必要があります。
以上、が当社が考える優良な案件となります。

 

③どこの国の案件を紹介してもらえますか。

シンガポール、マレーシア、ベトナムを中心にASEAN諸国全域及びオーストラリアの案件をご紹介できます。

 

④どのような業種・規模の案件を扱っていますか。

業種としては建設業、不動産業、製造業、小売業、卸売業をはじめ、幅広い業種を取り扱っております。規模としては取引金額10億円から50億円の案件を中心に取り扱っております。

 

⑤どのような費用がかかりますか。

ご相談は無料、着手金や月額報酬はありません。基本合意に至るまでは無料でございます。まず、当社の提案内容に貴社が同意いただけた場合、財務アドバイザリー契約を締結して頂きます。その後以下の費用がかかります。

●基本合意(MOU)報酬:
貴社と売り手企業が基本合意書を締結した際に費用を頂戴いたします。
●成功報酬:
クロージングに至りますと、取引価額に基づいて成功報酬を頂戴いたします。

*その他、出張に伴う費用、通訳の費用を別途ご負担いただきます。
詳しくは当社へお問合せ下さい。

◆御社に代わり優良な現地パートナーを発掘

①私たちが希望する企業をどのように発掘するのですか。

当社は、まず貴社の希望をヒアリングします。そして当社が海外に展開する拠点、物的・人的ネットワーク、ノウハウを駆使し、顧客企業様のターゲットニーズにあった現地企業をリストアップし、一社一社リスト企業に積極的(戦略的)に提案・アプローチすることで、最適なパートナー企業を絞り込み、その発掘を実現させます。

 

②探してもらえるのはどこの国が対象になりますか。

ASEAN諸国全域の案件が対応可能となります。

 

③私たちが希望する企業を発掘するにはどのような困難がありますか。

クロスボーダーで現地企業を発掘するためには、日本国内で行う場合とは異なり、様々な障害を乗り越えなければなりません。情報取得が困難なことはもちろん、その信ぴょう性を確認できない「情報の不確実性」が大きな障害になっています。地理的な距離、人種、言語、文化、宗教、考え方の違いから、現地企業の情報自体が入手困難であり、簡単に潜在的パートナー企業の情報は入手できません。また意思の疎通を図ることも困難な場合が多く、その信ぴょう性を確認することは更に難しいといえるでしょう。

しかし当社では、海外に展開する拠点、組織、人材、ネットワーク、ノウハウを駆使することにより、これらの問題を解決し、最適なパートナー企業を絞り込み、その発掘を実現させ、クライアント様にベストなパートナーをご紹介できるのです。

 

④どのような費用がかかりますか。

まず、弊社の提案内容に貴社が同意いただけた場合、財務アドバイザリー契約を締結して頂きます。その後以下の費用がかかります。

 

●リスティング業務等実務報酬:

貴社へのヒアリングをもとに買収対象企業を弊社M&Aチームがリストアップするにあたる費用となります。

●クロスボーダーアレンジメント実務報酬:

現地企業とのスケジュリング、交渉等、専門的な業務に対する費用となります。

●基本合意報酬:

貴社と売り手企業が基本合意書を締結した際に費用を頂戴いたします。

●成功報酬:

クロージングに至りますと、取引価額に基づいて成功報酬を頂戴いたします。

 

*その他、出張に伴う費用、通訳の費用を別途ご負担いただきます。
詳しくは当社へお問合せ下さい。

◆共通項目

①御社の支援された実績や実例を教えてください。

日本企業の海外進出のためのサービスは、2010年に香港に拠点を開設し開始してから7年となりました。現在はアジア全域に拠点を設け、人員を配し大規模展開をしております。当社がご支援させていただいている案件は、クロスボーダーM&A(現地パートナー企業発掘)アドバイザリー業務では年間約20件。現地調査・視察に関しては、グループ全体で大小あわせ、年間約200件ございます。有難いことに多くの企業様からご依頼をいただき、着実に実績を積み重ねております。

 

②M&Aの知識や経験があまりないのですが大丈夫ですか。

当社の専門的なM&Aアドバイザーが貴社へのヒアリングからクロージングまで徹底的にサポートさせて頂きますので、心配の必要はございません。

 

③買収価格はどのように決まっているのですか。

買収価額を算出する方法は複数あり、対象企業の実体によっても異なるため、一概には言えません。
ただし、一つの目安として初期的な買収価額の考え方としては、EBITDA〔事業から得られる営業損益にキャッシュアウトを伴わない費用(主に減価償却費)を足し戻して算定する〕を計算し、その数倍(案件・ケースにより異なります)で買収価額が決まるケースが多いです。

ページ上部へ

株式会社AIBJ 企業情報

企業名 株式会社AIBJ
会社URL http://www.aibj.co.jp/
事業内容 アジア-日本間のクロスボーダーM&Aアドバイザリー・実務支援
設立年月日 2001年2月1日
所在地 ▶東京本社(日本) 
東京都港区愛宕2丁目5番1号

▶ASEAN本社(シンガポール)
20 Collyer Quay #23-01 Singapore 049319

▶バンコクオフィス(タイ)
36F CRC Tower All Seasons Place, 87/2 Wireless Road, Phatumwan, Bangkok 10330, Thailand

▶ジャカルタオフィス(インドネシア)
50F Menara BCA, Jl. M.H. Thamrin No.1, Jakarta 20310, Indonesia

▶ヴィエンチャンオフィス(ラオス)
Vientiane Law Firm 内 1st Floor, Vieng Vang Tower Bourichane Road, Unit 15 Dongpalane Thong Village Sisattanak District, Vientiane Capital Lao PDR

▶ホーチミンオフィス(ベトナム)
16th Floor, Saigon Tower, 29 Le Duan Street, District 1, Ho Chi Minh City

▶プノンペンオフィス(カンボジア)
F MAR & JBL Law Office 5F JBL Mekong Co., Ltd. Phnom Penh Tower, #445, Monivong Blvd (St. 93/232),  Sangkat Boeung Pralit, Khan 7 Makara, Phnom Penh, Cambodia

▶クアラルンプールオフィス(マレーシア)
Level 15, Menara Darussalam, 12 Jalan Pinang, 50450 Kuala Lumpur

▶香港オフィス(香港)
Units 4607-11, Level 46 The Center, 99 Queen’s Road Central, Hong Kong
ページ上部へ
シンガポール, ベトナム, タイ, インドネシア, 香港, マレーシア, カンボジア, ラオス, オーストラリア, アジア全域 進出についての
疑問・相談等 お気軽にご連絡ください。

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る

海外進出支援 各国の専門家

得意な国から探す

得意なカテゴリーから探す

インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
アジアの注目企業100
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク