シンガポール進出 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


シンガポールビジネス特集

シンガポール進出の8つの魅力

シンガポールに進出するメリットとは!?

日本人がシンガポールと聞いて思い浮かべるのは何でしょうか?
一般的な印象といえば「富裕層の移住先」となるかもしれません。
特にニュースを賑わしたり、ネット関連のニュースでの反響の大きい若手起業家やネットサービスの買収劇が報じられると、 ある程度の頻度で経営者(または創業者)の名前の後ろには”(シンガポール在住)”という言葉があります。

続きはこちら

シンガポール進出のためのはじめの一歩

シンガポール進出Q&A / コラム一覧を見る

シンガポール進出セミナー & 現地視察ツアー一覧を見る

【第738回】 海外赴任と外国人雇用丸わかり!セミナー【東京のセミナーをシンガポールでライブ中継!】
開催: 2017年7月12日(水)14:00~16:30
場所:東京、シンガポール
主催:TOMAコンサルタンツグループ株式会社
【第736回】 【3日間限定!個別相談会】アジアの市場調査・販路開拓・テスト販売・パートナー探し・展示会・会社設立など、アジア進出に関する無料ご相談会
開催: 6月14日(水) / 15日(木) / 16日(金)
場所:東京オフィス or スカイプ・電話
主催:INTLOOP株式会社
【第735回】 連結会計導入セミナー ~検討中・導入後の処理でお悩みの方へ〔中小企業向け〕海外子会社の連結やキャッシュ・フロー計算書作成も含めて解説~
開催: 2017年6月6日(火)14:30~17:30
場所:東京
主催:TOMAコンサルタンツグループ株式会社

シンガポールの専門家一覧を見る


ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら

シンガポール進出の8つの魅力

日本人がシンガポールと聞いて思い浮かべるのは何でしょうか?
一般的な印象といえば「富裕層の移住先」となるかもしれません。
特にニュースを賑わしたり、ネット関連のニュースでの反響の大きい若手起業家やネットサービスの買収劇が報じられると、 ある程度の頻度で経営者(または創業者)の名前の後ろには”(シンガポール在住)”という言葉があります。

それはシンガポールを表す一つの側面としては事実かもしれません。

一方、シンガポール進出を目指す多くの日本法人や日本人にとって、それだけがシンガポールを目指す理由のはずもありません。

有名な投資家の一人であるジム・ロジャーズは現在シンガポールに移住をしていますが、下記のような主旨のコメントをしていました。

1807年に賢い人達はロンドンに移住をしました。
1907年に賢い人達はニューヨークに移住をしました。
2007年に賢い人達はアジアに移住します。
50年近く前のシンガポールはたった500万人の小さな存在だったにもかかわらず50年後の今は、世界のどの国よりも多くの一人当たり外貨準備高を持ち、 世界でもトップレベルの教育水準や医療技術を持っています。社会システムの機能の仕方はビックリするくらい合理的です。 シンガポールは東南アジアの金融センターであり、もしかしたらアジア全体、あるいは世界一の金融センターになるかもしれません。

この流れだと「2017年に賢い人達は…」という部分に興味がありますが、それは一旦おいておきます。

日本人のみならずシンガポール在住者に話を聞くときに用いられる言葉は「多様性」「税制」「安全」「最先端ビジネス」「リラックスかつ安定したライフスタイル」などで、 これらはもしかしたら多くの人々が人生や仕事に対して求める要素なのかもしれないと感じます。
そして、これらを求めて世界中から集まる人と企業と情報が、シンガポールを唯一無二の存在とし、世界中の企業がシンガポールへ進出をする理由にもなっているのでしょう。

特に起業家や企業がシンガポールをビジネスを行なう場所として最適だと判断する理由は列挙に暇がありません。

  • ビジネスを行なうのに最も適した環境として全世界1位評価(世界銀行)
  • 裕福な国ランキング第3位(フォーブス)
  • グローバル化した経済のランキングで世界第3位(アーストアンドヤング2011年)
  • アジアで最も政治が安定している国としての評価
  • 世界で最も優れた労働力を有している国としての評価
  • 生活の質はアジアで第1位の評価
  • 法人税率は8.5%から始まり最大でも17%
  • 配当やキャピタルゲイン税はかからない。
  • 不動産税や相続税はない。
  • 個人の税率は0%から始まり最大で20%

魅力1. 地理的優位性

世界中の企業がシンガポールへ進出をする最も大きな理由に、地理的な利点があります。
東南アジアの中心に位置し、シンガポールを中心にプロットすると数時間のフライト範囲に28億人の経済圏が存在します。
飽和状態の主要経済国とは対照的に、今後生活水準と購買力が向上するこの巨大市場の経済と交通の中心になるのがシンガポールです。

シンガポールは東南アジアの中心地

世界で最も賑やかな港と空港を有し、空と海の両面から物流や人の流れをカバーし、アジア太平洋地域のハブとしての役割も含めた東南アジア市場へのアクセスを手に入れるための場所がシンガポールになります。

魅力2. 整備されたビジネス環境

整備されたビジネス環境

シンガポール政府によって決められたビジネスのルールは、投資家や起業家を世界中から集めることに成功しています。 日本では節税目的で利用されている国として知られている面もあるかもしれませんが、現実問題として、現在の世界の叡智とお金はシンガポールに集まっているのは間違いありません。

法人設立までに要する日数、滞在するために必要なビザの取得基準、税率から雇用法に至るまで、シンガポールほど明確に企業経営側を優遇している国は珍しいとも言えますが、 そうであるが故により多くの企業、投資家や起業家がシンガポールに集結し、ビジネスの最先端の情報と巨額の資金がこの国でやり取りされることになります。

魅力3. 優れた税制

シンガポールは個人および法人税率を低く設定しています。
税金は、企業や起業家が常に頭を悩ませる項目であり、海外進出をする法人の重要検討事項の一つでもあります。

個人所得税は0%~20%、法人税率は9%以下~17%。キャピタルゲインや配当は非課税です。
シンガポールは、国の税制として所得税依存からの脱却に成功している数少ない国の一つです。経済の競争力の源をGST(消費税)としており、非常に低いGST率を意図的に維持しつつ(世界平均16.4%・アジア太平洋平均10.5%をさらに下回る)、それらのメリットを求めてより多くのビジネスや起業家を世界中から集めることに成功しています。

税制と税率ばかりを優先してシンガポールに進出をするのは正しくないでしょう。ただし、国境のボーダーレス化が進む中で、事業をより拡大していくためには、地域統括拠点等を検討する必要があり、またその拠点を検討する際に要素の一つとしては税制や税率も当然考慮に入ってくることになります。

魅力4. 柔軟な移民政策

シンガポールは柔軟な移民政策

シンガポールは非常に柔軟でオープンな移民政策をもった国です。

日本にずっと生活をしているとあまり意識をすることはなくなってしまいますが、日本は世界でも有数の移民政策が厳しい国です。 意識をすることがないため、オープンな移民政策の影響についても考える機会はあまりないかもしれませんが、 ビジネスという側面だけを捉えれば開かれた移民政策は経営者により多くの選択肢を与えることになります。

政府が綿密に計算をして作った就労ビザ規定は、起業家のシンガポールへの事業移転や法人のシンガポール進出に伴う新規雇用、 あるいは事業運営上で必要となる外国人専門家の雇用の際に、その可能性を最大限まで広げてくれます。 シンガポール進出にて現地での雇用を促進する際には、きっとシンガポールの移民政策に感謝をすることになります。

魅力5. 知的財産権保護

シンガポールは今ではグローバルに展開する企業のための知的財産管理ワンストップセンターとなっており、政府としても知的財産権については重要視しています。

世界経済フォーラム(WEF)、経営開発研究所(IMD)、政治経済リスクコンサルタンシー(PERC)といった機関がシンガポールはアジアでトップランクの知的財産管理の拠点だとしており、 シンガポールにおける商標登録のみならず、パリ条約/ベンヌ条約/マドリッド協定議定書/ブダペスト等の世界的主要知的財産権の規則や条約調印を通じて、 シンガポールから世界中の商標登録を可能にしています。

魅力6. 経済優先の政治

企業が成長を続けていくためには国や政治の協力が必要不可欠です。シンガポールの政治システムは法律を制定するための優先順位を決定し、 合理的に企業が魅力を感じる政策を打ち出していきます。先進国の中で常に最先端のビジネス環境を整えるために安定した秩序ある政府でありつづけることが政府の明確なビジョンとなっています。

言論統制等については、また別の意見等もあるようですが、ことさらビジネスに限定して政府の役割を判断する際には、シンガポール政府の決定は、 シンガポールに進出をしてくる外国法人がより事業進出および展開をしやすいように行なわれていることを実感するようです。

魅力7. 優秀な労働力

シンガポールに集まっている人材は優秀です。シンガポール国民という意味でも優秀な人材は多いですが、 これまでに述べたような点からシンガポールという重要拠点に配置されるビジネスパーソンは企業のエース級や将来有望な若手であるケースが多いです。

シンガポールに進出をした企業は、これらの労働力マーケットから人材を集めることになるため必然的にレベルの高い労働力を獲得できる場合が多く、 特に資源や製造力などがベースではないシンガポールは、知識をベースにした経済力を武器としているため、人材には高度な教育と専門性が備わる様に、 高い教育水準、高い生産性、技術的能力、勤勉な仕事をスマートにこなす文化を教え込んでいます。
シンガポールの労働力は、国外にもオープンなため、世界中から専門家を集めており非常に国際的でもあります。

魅力8. 生活環境

シンガポールのみならず、ある程度豊かな生活を経験した人間は、人生と生活の質にこだわるようになり、世界中の人々がQOL(=Quality of Life)の充実に目を向ける様になってきました。

シンガポールでは全ての居住者に優れた公共・民間の交通手段、最高品質の医療、安全で健康的な生活環境、周辺諸国へのストレスのないアクセス、優れた教育機関、優れた企業・起業家支援体制、多様な教育・文化選択の機会を提供してくれると言われており、シンガポールが海外進出の第一歩として理想的な場所であると言われている所以です。

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク