韓国進出 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


韓国ビジネス特集

韓国進出の6つの魅力

韓国進出の魅力

「漢江の奇跡」と言われた経済の急成長を遂げた、世界14位の経済規模。
1996年には、アジアで日本に次いでOECD加盟国となり先進国入りを果たした韓国。
その後も、通貨危機など試練を乗り越え今日まで安定的な成長を続けており、一人当たりのGDPは2.5万ドルを超えるまでの規模となりました。

続きはこちら

韓国進出のためのはじめの一歩

韓国の専門家一覧を見る

  • starsia-1-thumb-178xauto-13687
    スターシア国際会計事務所 / スターシアグループ
    【韓国 / 会計事務所・会社設立】
    韓国で会社設立支援や税務&会計サービスを提供。また、日本企業と韓国企業との事業提携・資本提携・M&Aのアドバイザリー業務なども対応しています。
  • korea-marketing01
    コリアマーケティング株式会社
    【韓国 / 進出支援・コンサルティング】
    韓国進出のための現地視察・市場調査・販路開拓・会社設立支援・翻訳業務などワンストップで提供
  • SIMK_01
    合同会社ソウルジャパンメディア
    【韓国 / 進出支援・コンサルティング】
    韓国で起業したい個人事業主様や韓国進出される日本企業様へのワンストップ支援を提供しています

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら

韓国進出の6つの魅力

「漢江の奇跡」と言われた経済の急成長を遂げた、世界14位の経済規模。
1996年には、アジアで日本に次いでOECD加盟国となり先進国入りを果たした韓国。
その後も、通貨危機など試練を乗り越え今日まで安定的な成長を続けており、一人当たりのGDPは2.5万ドルを超えるまでの規模となりました。

首都ソウルは、2500万人もの人口規模を誇るメガシティ。国全体としても5000万人という人口を擁しており、マーケットとしての魅力も大きい韓国。
文化的には、日本と同様に長きに渡り中国の影響を受け、日本人としても親しみやすい国であり、第2の都市である釜山までは、飛行機で福岡から約50分と地理的に見ても日本と非常に近い隣国でもあります。

韓国は、電子・電子機器や自動車、鉄鋼、造船業が盛んであり、既に日系企業も800社以上が進出する、整ったビジネス環境を持つ国でもあります。韓国へ進出した日系企業は75%以上が黒字であり、アジア・パシフィックエリアで最も高い数値なのです。

治安の良さや、インターネットインフラなどから見ても、世界最高レベルの韓国。
この国の魅力を多角的に探ってみましょう!

魅力1. 先進国として相応しい経済規模

先進国として相応しい経済規模

かつて、朝鮮戦争により壊滅的な打撃を受け、1人当たりの国民所得は世界最貧国グループだった韓国。その後1995年までの30年間程で、韓国経済は毎年平均10%以上の「漢江の奇跡」と呼ばれる成長を遂げ、急速に先進国へと発展しました。

今や、GDPでは世界で14位の経済規模を誇る韓国(World Economic Outlook Databases)。
格付け会社であるムーディーズ(2014.12)では、韓国の国際格付けを「Aa3」としており、安定性は高いとみられています。
貿易においては、世界第8位であり、OECD、APECの加盟国でもあります。都市圏としての人口は、2500万人のメガシティであり、韓国の総人口は5000万人にも上り、マーケットとしても魅力的な国です。

次に、ビジネス環境についてデータを見てみましょう。
世界銀行による調査「ビジネス環境の現状2015」
  ・ビジネス環境:日本が29位であるのに対し、韓国は5位。
アジア開発銀行の潜在的競争力調査「Key Indicators2013」:
  ・特許件数:特許件数アジア2位
  ・ブロードバンドインターネット数:1位
こうしたビジネス環境の良さも相まって、韓国への日本企業の進出数は、800社(海外進出企業総覧 2013 年版)、在留邦人数は、36000人以上にも上っていますります(外務省「海外在留邦人数調査統計(平成26年)」。

また、進出している日系企業は、他の進出国と比べて相対的に業績が良好であり、黒字企業の割合は75%とアジア・オセアニアで1位であり、極めて高い数字と言えます(JETRO日系企業活動実態調査 2012)。加えて、日系企業の業績も安定的に推移していることも特徴です。また、多くの日系企業は、企業間取引では「主に地場企業向け」を販売ターゲットとしており、一般消費者向けの取引では、主に中間層をターゲットとしています。

ビジネス環境と、消費地としての魅力、実際に進出した日系企業の業績、これらからも韓国に進出する魅力が見えてくるでしょう。

魅力2. 日本との地理的な近接性

日本と韓国は、地理的に近く、対馬からの距離は50km程、東京から直線で1000kmであり、最も近い外国なのです。飛行機では、成田―ソウル(仁川)は2時間半、福岡―プサン(金浦)は1時間、高速船の場合でも、福岡―プサン(釜山)は3時間弱と国内と変わらない移動時間。その近接性から、日本との時差もなく、九州の企業の進出も目立っています。 また、地政学的にみると、韓国は中国と日本の中間に位置していることもあり、韓国で増産し、中国へ輸出する日系企業も複数存在しています。

魅力3. 整ったインフラ環境

整ったインフラ環境

韓国では、交通や電力などのインフラ、ITインフラなど、ビジネスを行う上で必要なインフラ環境が整っている国です。まず、交通インフラの面では、地下鉄はもとより、高速バス、高速道路、鉄道、日本と同様に移動が可能であり、ソウルの仁川空港は、アジアのハブ空港としても重要な役割を果たしています。

また韓国は、ICT分野での世界的リーダー国の一つであり、世界最速のインターネット接続速度を誇り、電子政府化が進展しているIT先進国なのです。
  ・4GやLTEの普及率では1位
  ・スマホの普及率は世界2位
  ・情報交換都市(ソウル)世界5位
ソウルでは、街角のカフェやコンビニ、ホテルや地下鉄、ソウル市内どこにいても高速なインターネットサービス利用でき、ビジネスとしての利便性も高い恵まれたIT環境があります。

魅力4. 治安の良さ

韓国の魅力の一つは、安全であるということです。
OECDの諸国の中では、11番目に犯罪率が低い国(United Nations Office on Drugs and Crime)であり、治安が良いことが特徴です。また、ATカーニーの調査「Global Cities Index 2012」ではソウルが第8位にランキングされており、加えて、国際連合開発計画(UNDP)の住みやすい国のランキングでは韓国は15位であり、日本よりも上位にランキングされています。
このように、日本と生活するのと同様程度の水準であり、安心して明洞などの繁華街を歩くことも、交通機関を利用することもでき、ビジネスを進める上での生活環境としても最適です。

魅力5. 自由貿易・FTAの先進国

韓国では、スマートフォンやTV、ディスプレーなどの電気・電子機器、自動車、石油、造船業などが主要産業として上げられます。日本企業の進出は、炭素繊維などの化学素材メーカー、半導体メーカーなど電子材料などの分野で近年進出が多く、中国や韓国に進出する場合、需要地に近い場所で供給体制を築くことでコストを抑えることも可能です。

韓国は外需の取り込みをすることで経済成長を続けている国でもあります。
そのため、米国やEU、ASEANやインドなど主要国とFTA(自由貿易協定)を締結しており、FTAの先進国でもあります。米国FTAやEUとのFTAの推進による関税の撤廃、これにより進出日系企業もそのメリットを受けることができます。例えば、日本から韓国へと製造拠点を移し、韓国で製造した製品をEUとのFTAを活用してEUへ輸出をすることで、関税のメリットを享受できるのです。

魅力6. 日本と似た文化

日本と似た文化

長きに渡り中国からの影響を受けてきたこともあり、街並みもどこか日本と似ている韓国。また、漢字語という中国からの漢語系語彙や日本で使用する漢字(和製漢語)なども流入したこともあり、新聞=シンムン、車=チャ、など日本の漢字と発音も似たものもあります。
また、文法も日本語と同様のSOV言語であり、英語を習うよりも馴染みやすい言語と言えるでしょう。また、韓国は日本以上の学歴社会であり、教育水準が高く大学進学率が7割を超えることも特徴で、一定以上の人材の確保も可能なことも魅力の一つです。

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ