香港進出 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


香港ビジネス特集

香港進出の5つの魅力

香港はアジア有数の金融都市であり、世界展開をする日本企業にとって抑えておくべき重要な拠点の一つでもあります。

香港はイギリス主権から中国主権への移譲を歴史上で経験しその特殊な背景からも世界に類を見ない文化的・経済的な特徴を有するに至っております。またその特徴が香港をユニークな魅力ある国にしているとも言えるでしょう。

続きはこちら

香港進出のためのはじめの一歩

香港進出セミナー & 視察ツアー一覧を見る

【第712回】 【個別相談会】【中小企業・ベンチャー企業限定】中国&香港の会社設立・会計・国際税務に関する相談会
開催: 2017年1月23日(月) 、24日(火) / 2月27日(月) 、 28日(火)
場所:東京 or スカイプ
主催:TM総合会計事務所
【第703回】 個人の海外取引に関する平成29年度税制改正セミナー ~国外財産の管理はどうされていますか?~
開催: 2017年1月26日(木)
場所:東京/シンガポール(シンガポールはライブ中継)
主催:TOMAコンサルタンツグループ
【第701回】 【3日間限定!個別相談会】アジアの市場調査・販路開拓・テスト販売・パートナー探し・展示会・会社設立など、アジア進出に関する無料ご相談会
開催: 1月23日(月) / 24日(火) / 25日(水)
場所:東京オフィス or スカイプ・電話
主催:INTLOOP株式会社

香港の専門家一覧を見る


ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら

香港進出の5つの魅力

香港はアジア有数の金融都市であり、世界展開をする日本企業にとって抑えておくべき重要な拠点の一つでもあります。

香港はイギリス主権から中国主権への移譲を歴史上で経験しその特殊な背景からも世界に類を見ない文化的・経済的な特徴を有するに至っております。またその特徴が香港をユニークな魅力ある国にしているとも言えるでしょう。

  • イギリス文化と中国文化が入り混じっている国際色が豊かな場所
  • 人や物の中国への入り口であり中国からの出口という側面
  • タックスヘイブン(法人税率16.5%、所得税は15%)
  • 関税なし
  • 貿易のハブ

以上に述べただけでも香港の特徴を大きく表していますが、日本企業の香港進出に際して、よりビジネス的な側面からもう少し詳細にまとめてみます。

魅力1. 整ったビジネス環境

香港の代名詞といえば、その世界一とも評される自由経済と税制でしょう。また、この自由経済と低税率こそが多くの外国企業を「優れたビジネス環境」としうて香港に引きつける理由でもあります。 「一国二制度」という世界でも稀有な存在として際立っており、中国でありながら中国ではない高度な自治権が維持されている場所です。 そのため中国本土とは異なり、ガラス張りの法制度、資本主義に基づいた経済活動のための制度が整備されています。 規制緩和が浸透しており、シンプルで低率な税制、教育水準が高く多言語適応能力の高く中国や国際ビジネスに適応ができる人材も多く存在します。

魅力2. 地理的優位性

香港についての「地理的優位性」という言葉は2つの意味を併せ持っていると言えます。

一つは、アジアの輸送や金融、人と物の金のハブとなっている点があげられます。また香港について語るときによく用いられる言葉に「アジアの主なマーケットに4時間以内にアクセス」 「世界人口の半分に5時間以内にアクセス」といったものがあり、アジア全体をマーケットとして考える場合には、まずは香港への進出を検討することは大いに価値のあることでしょう。

もう一つは、中国への入り口として意味合いがあります。一国だけで13億人を抱える巨大な市場は、経済成長と合わせて消費行動も確実に拡大してきており、 どのような理由があったとしても無視することができない巨大市場となりました。多くの外国企業が香港を足がかりとして中国への進出を行っている点、 また中国企業も香港からグローバル市場へと進出していく点などからも香港の地理的優位性は極めて高いと言えます。

魅力3. 珠江デルタ地域

香港の魅力は、珠江デルタ地域へのアクセスにもあります。珠江デルタ地域の消費者は中国全土でも最も裕福な消費者といわれており、その購買力には目を見張るものがあります。 同じように発展している上海や北京と比較をしても珠江デルタ地域の一人当たりGDPと小売販売額は抜きん出ている状況で、攻略すべき市場として考えると日本企業にとっては香港からの攻略を試みるのが一番でしょう。

魅力4. 国際的な金融センター

香港は、東京よりも国際的な金融センターとして優れた評価を常に獲得しています。国際競争力の比較などにおいても概ね香港の評価は東京を上回ることが多いです。 税制や法整備などによって海外からの資金の流入などを引き寄せることができる香港だからこその結果だと思われますが、事業運営上においても数々のメリットが存在します。

例えば、香港は、資金調達や外貨交換、海外送金などの自由度は非常に高く、香港の銀行では一般的に提供をされる多通貨口座を利用すればグローバル展開をしている企業にとっての資金管理などにおいて大きなメリットがあります。

魅力5. シンプルかつ低率な税制

香港の法人税率16.5%で、香港国内所得にたいして課税されます。オフショア所得は原則非課税になるためグローバル展開をしている企業が香港国外での所得を持っていたとしても、非課税となります。 キャピタルゲインやインカムゲインは非課税、その他関税もなし、相続税や贈与税もなし、と非常にシンプルでわかりやすい税制になっています。 また、この低率な税制のメリットを最大限に活用することを目的とした諸外国からの香港進出は今後も増加していくでしょう。

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ