中国進出 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


中国ビジネス特集

中国進出の5つの魅力

中国進出の魅力

世界第 1位の人口、世界第3位の土地、世界1位のGDPを誇る国が中国です。今までも、中国は海外の企業がこぞって進出を行ってきた国であり、今でも企業が熱い視線を送る国でもあります。
中国の都市では、メガシティとも呼べる都市にすでになっており、また地方では都市化が順次進められています。中国は今世界でも最も活気にあふれている国の一つであるといえます。
特に上海、北京ではかつての中国の片りんも見えない大都市に成長しました。

続きはこちら

中国進出のためのはじめの一歩

中国進出セミナー & 視察ツアー一覧を見る

【第730回】 【3日間限定!個別相談会】アジアの市場調査・販路開拓・テスト販売・パートナー探し・展示会・会社設立など、アジア進出に関する無料ご相談会
開催: 4月24日(月) / 25日(火) / 26日(水)
場所:東京オフィス or スカイプ・電話
主催:INTLOOP株式会社
【第727回】 【個別相談会】【中小企業・ベンチャー企業限定】中国&香港の会社設立・会計・国際税務に関する相談会
開催: 2017年3月27日(月)、28日(火)
場所:東京 or スカイプ
主催:TM総合会計事務所
【第724回】 アイネックス税理士法人 RSMアジア展開セミナー 海外進出希望企業経営者向け ~海外投資、相続編~
開催: 2017年3月23日(木)15:00~17:00
場所:大阪
主催:WCC SOLUTION PTE LTD、株式会社ガイアックス

中国の専門家一覧を見る


ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら

中国進出の5つの魅力

世界第 1位の人口、世界第3位の土地、世界1位のGDPを誇る国が中国です。
今までも、中国は海外の企業がこぞって進出を行ってきた国であり、今でも企業が熱い視線を送る国でもあります。
中国の都市では、メガシティとも呼べる都市にすでになっており、また地方では都市化が順次進められています。
中国は今世界でも最も活気にあふれている国の一つであるといえます。
特に上海、北京ではかつての中国の片りんも見えない大都市に成長しました。

経済的な面だけではなく、中国は労働力にも恵まれています。
巨大な人口が次から次へと労働力を生み出しています。
それだけではなく、豊かな天然資源に恵まれており、まだまだ広大な土地が手つかずで残っています。
そのために可能性の大変高い国であるといえます。

すでに日本の多くの企業が進出をしており、成功を収めているという土台があり、日本企業の有望進出国ランキングでも常に上位を占めてきました。
同じ漢字を使う国として、言語の取得もほかの民族に比べて優位にあり、ビジネスの交渉などを進めやすい魅力のある都市です。
世界一の経済大国、中国の魅力について迫ってみましょう。

魅力1. 世界第1位の人口大国が作り上げる巨大な消費市場

巨大な消費市場

中国の総人口は2014年時点で13億6,000万人と世界一の人口となっており、全世界の20%、アジアの33%を占めるに至っています。
これほど多くの人口を1つの国で抱えるために、それだけ消費が大きい国であるとも言えます。

消費があってこそ、供給とのバランスが取れるものです。
強大な人口は巨大なマーケットを作りあげます。
人が一人で消費できる量はある程度決まっているために、頭数で消費を得られるというのは、マーケットを安定させるとともに魅力的な市場を作りあげます。

中国の果てることのない人口は、ほかの国には決してない魅力です。
人口の多さ=大きな消費市場人口とも言えます。
中国だけの需要でも、ほかの国の数十か国分の需要と同等であり大きな消費が望めます。

“次の10年には、中国経済は輸出主導型から消費型に切り替わり、アジア太平洋に成長をもたらすだろう”とIHSのRajiv Biswasアジア首席エコノミストが話しています。
消費に拍車がかかり、アジアのマーケットだけではなく世界のマーケットの中心になるのが中国になると予想されています。
国際通貨基金(IMF)の予測に基づく計算では、中国は購買力平価換算で2019年までは、アメリカが首位を保つといわれていました。
しかし実際には中国は2014年にアメリカを抜き、世界一の経済大国になりました。
エコノミストの予想を上回る消費力は、まさに何物にも代えられない中国の魅力とも言えます。

魅力2. 豊富な労働力

豊富な労働力

1978年の改革開放以降、人工のボーナス期による労働力が豊かになり低賃金で多くの労働者を得ることができています。

中国の人口ボーナス期は2012年?2015年に向けてピークに達するものとされています。
ピーク後においても生産人口の絶対数は他の国を圧倒する人数が中国には存在します。

人口的に有利であるのに加えて、中国ではさらに労働力を得るために政策緩和が行われました。
工業化と戸籍制度の緩和に促され、若者を中心に、農村部から都市部への労働力の移転が進みつつあり、農村部から得た労働力によって労働人口を増やしてきています。
さらに中国人の休暇日数は、世界各国およびアジア・太平洋地域諸国の水準より少なくなっており、最も少ない有給休暇日数は、年間5日とも言われています。
それだけ労働力が豊になることともつながります。

巨大な人口から生まれる巨大な労働力も、中国の大きな魅力とも言えます。

魅力3. 広大な土地に散らばる天然資源

中国の陸地面積は約960万平方キロ。
これはアジアの陸地総面積の1/4、世界の陸地総面積の1/15を占めており、世界で3番目に大きな国でもあります。

そんな広大な土地に散らばるのが、天然資源です。
エネルギー鉱物が10種、金属鉱物が54種、非金属鉱物が91種、液体と気体の鉱物が3種と豊富な天然資源を有しています。
石炭、鉄、銅、アルミニウム、鉛、亜鉛など一般的に使われている天然資源は、確認済み埋蔵量がかなり大きいです。

鉱物生成の条件が良く、西部がまだ未開拓の地が多いために、探査作業で鉱物資源を新たに探し出せる可能性も高く、これからも天然資源が国を豊かにしていくことが予想されています。
もともと中国は天然資源の力で大国として、活動を始めたという経歴を持っている国です。これからも豊富な天然資源が、国を豊かにしていき、その豊かさで経済が下支えされ国民の消費行動を支える原動力となるといえます。

魅力4. 流動性の高い市場

流動性の高い市場

中国の市場はとても流動性の高いものです。
流動性が高ければ、まさにチャイニーズドリームともいえる成功を収めることもできるのです。
一括千金を望むこともできるために、中国のマーケットは日本のマーケットに比べると、新規参入企業にとって入り込みやすいマーケットとも言えます。

実際に家柄や資産に恵まれていない普通の大衆が、才覚と努力と運によって資本家にのし上がっていく大衆資本主義が、今の中国を支えています。
流動性の高いマーケットはこのような大衆資本主義が活躍できる場所です。
事業で成功して資本家になる夢を中国人もたくさん抱いており、中国の経済を成長させる大きな原動力ともなっています。

中国の需要に合っているものを提供するために創意工夫を行うことで、チャンスはたくさんあるのです。
今やアメリカンドリームだけではなく、チャイニーズドリームも流動性の高いマーケットによって可能なのです。

魅力5. 世界一のGDPと成長率の高い一人当たりGDP

なんと今まで世界の経済を引っ張ってきたアメリカを抜いて、2014年の5月の時点で、中国がGDPにおいて世界一の国になることが決まってます。
10,355.350億ドルが中国の2014年のGDPで、成長率は7.2%となっています。
もともとから中国がアメリカを抜くことは予想されていたものの、やはり実際に中国がGDPにおいて世界一になるということは、驚きでもあり中国への進出を考える人が憂慮するべき点となっています。

国としては世界一を達成したのですが、やはりまだまだ個人のGDPは世界でも80位台となっています。
しかしこのGDPも劇的に成長してきており、個人としての収入のアップ=マーケットの拡大にもつながってきています。
GDPが個人として挙がっていることは、その分労働への賃金が上がっているということでもありますが、マーケットの拡大という面ではポテンシャルの余地のある国といえます。

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク