カンボジア進出 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


カンボジアビジネス特集

カンボジア進出の5つの魅力

カンボジア進出の魅力

カンボジアは“チャイナプラス1”として日本企業の関心を集めている国の一つです。

日本国内の比較のみならず他の東南アジア諸国との比較においても相対的に低賃金な労働力に加えて、カンボジア政府が推し進めている外資優遇政策や経済特区誘致など、日本企業が進出を検討したいと考える要素には事欠きません。

続きはこちら

カンボジア進出のためのはじめの一歩

カンボジアの専門家一覧を見る


ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら

カンボジア進出の5つの魅力

カンボジアは“チャイナプラス1”として日本企業の関心を集めている国の一つです。

日本国内の比較のみならず他の東南アジア諸国との比較においても相対的に低賃金な労働力に加えて、カンボジア政府が推し進めている外資優遇政策や経済特区誘致など、日本企業が進出を検討したいと考える要素には事欠きません。

カンボジア進出を検討する日本企業がその決断を後押しした要素としてあげられるものを大きく分けると、「若い人口」「進出を容易にする投資優遇策」「政治的な安定」などが挙げられます。

それではもう少し具体的にカンボジア進出の魅力についてまとめてみます。

魅力1. 人口構造上の潜在力

人口構造上の潜在力

カンボジアの総人口は2013年においては1500万人ほどと言われており、市場規模は小さいとも言われていますが、人口の60%以上が25歳以下となっており今後ますます発展する社会とともに人口の増加、購買力の増加、労働力の増加といった好循環が長い年月にわたって継続されることが予測されています。
一人当たりGDPも1000ドルを超えてきており、経済の離陸地点と言われる3000ドル前後までは遠いものの、2020年には2000ドルを超えると言われています。
事業戦略上はゴーイングコンサーンが必要になると考えると、今現在の競争の主戦場ではないと言えますが、将来のために進出をしておく場所としては大きな魅力に詰まった国です。

魅力2. 豊富な労働力

豊富な労働力

2015年末に発足するASEAN経済共同体(AEC)に伴い、アジア各国の流通の連結拠点が作られていきます。
海路についてはインドネシア経済回廊(インドネシア列島を跨ぐ6つの回廊)、陸路については南北経済回廊(タイ?中国)、東西経済回廊と南部経済回廊(ベトナム-ミャンマー)などのインフラ整備が進むことになります。
カンボジアはこれらの中でも南部経済回廊の中心に位置しており、今後のAECの発展に伴い世界中の製造業が東南アジア諸国で製造した物を、これら経済回廊を通して流通させていく仕組みが出来上がることになり、人や物の移動に伴う大きな経済波及効果が期待できます。

魅力3. 積極的な投資優遇策

カンボジアの投資優遇策は、シンプルでかつ魅力的なものになっています。
まずSEZ(Special Economic Zone)と呼ばれる経済特区が数多く存在しており、SEZを中心にビジネスインフラを整備していくような形になっています。
まだまだ社会インフラも不安定な側面もありますが、今後の外資参入と経済発展に伴って急速に整備が進むものと考えられます。

またカンボジアの投資優遇策で特徴的な点は、経済分野は全てオープンに解放され規制が少なく、投資優遇策も投資をする側に等しく公平に適応されます。
100%外資企業としての参入が容易に認められるという点は、近年諸外国に展開をしてきた日系企業であれば、どれほど障壁を少なくするかは周知の事実かと思います。
その他にも米ドルが取引通である点や送金が容易である点なども見逃せないポイントでしょう。

魅力4. 安定した政情と親日国家

安定した政情と親日国家

内戦が続いていた事実は今や20年以上も前の話になり、2015年現在においてはアジア諸国の中でも特に安定し、また安全な国の一つと言えるでしょう。
目立った権力闘争やテロの危険からも距離をおいている国であり、同時に経済発展も極めて著しいことは進出企業にとっては安心材料となります。

また、過去から現在に至るまでに日本からカンボジアにたいして行われた数多くのODAや救援団体のサポートはカンボジアの多くの人々の記憶に残っていると言われていおり、日本企業に対するイメージや態度も極めて良好と言えます。

魅力5. 経済成長余力

他の東南アジア諸国に洩れず、カンボジアの経済成長余力は十分です。
経済成長と合わせて街の様相も様変わりしており、建ち並ぶ高層ビルや走っている自動車にも高級車が目立つようになってきました。

上記にも述べてきたように、国民の大多数が25歳以下となる現状において、経済発展と少しずつではあっても富の蓄積がされていくと仮定すると、今後の長きにわたる消費活動の拡大と、何よりも需要の拡大は約束をされていると言っても過言ではないでしょう。

ヤッパン号海外進出支援コンシェルジュ

これまで1000人以上の「海外進出支援の専門家」や「海外で活躍する経営者」と会ってきた
ネットワークで、海外進出に関する相談内容にぴったりの解決策を無料で提示します。

海外進出支援コンシェルジュはこちら


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク