海外オフショア開発特集 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


海外オフショア開発をお考えの方へ

海外でオフショア開発をお考えの方に、知っておくべきポイントとオフショア開発業者をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

海外でオフショア開発するために知っておきたいポイント

オフショア開発とは

日本国内におけるエンジニア人材の確保が容易ではなくなり、またその開発委託コストも高額となっている現状において、オフショア開発を検討する企業は非常に多くなってきました。また、円高基調時におけるオフショア開発のニーズはやはり底堅いといえ、今後もその需要はどんどんと高まっていくと考えられています。

オフショア開発は、基本的には開発コストの削減を目的とした開発の手法ではあり人件費の安さがそのビジネスモデルを支える構造となっているため、拠点となる国の人件費の変動によって人気の拠点も変わってくるような特徴があります。

当然、システム開発案件の場合は、拠点国内においてエンジニア人材を集めることができる前提が必要となるため、単純に人件費が安い国であればよいわけではなく優秀なエンジニア人材が育っている国が育つ国でなければオフショア開発拠点にはなりえない状況ではありますが、インドや中国、ベトナムやフィリピンといった国は常にその名前がオフショア開発拠点として名前が挙げられます。

BPO(Business Process Outsorcing)と言われるような業務フローの一部を海外にアウトソースする流れもオフショア開発と同様に広がりを見せているといえるでしょう。

また、オフショア開発そのものは海外法人設立とは異なるものの、異国の地に事業の一拠点を作るという意味合いにおいては限りなく海外進出と同様の思考を行う必要があり、海外進出の一つの入り口として考えるべき対象と言えます。

 

▲目次に戻る

オフショア開発の動向

一般的な概念をいまさら説明する必要はないかもしれませんが、人月計算が基本となるシステム開発になる場合、エンジニア一人当たりの単価が安くなればなるほど理論的には総開発コストが安くなるため、人件費の安い国のエンジニアを活用してシステムやアプリを開発をし要件定義をしたものを作り上げることが出来れば開発費を安くすることができるのがオフショア開発です。

また昨今においては、「ラボ型開発」と言われるようなシステム開発単位で考えられていたオフショア開発を、自社開発人材として活用できるエンジニアそのものを一定期間の間、確保するような契約を行うオフショア開発が主流となってきています。

いずれにのケースであっても、多くのオフショア開発を行った結果として、実際にはエンジニア一人当たりのコスト以外のところ(ブリッジSEなど)で多くのコストが発生するようなケースが頻発してしまい、ある程度の開発規模を持っているような案件でない限りはオフショア開発にメリットを見出すことができないケースも散見されるようになり、机上の計算だけではなく専門家のアドバイスが必要になる領域に様変わりしてきたとも言えます。

 

▲目次に戻る

オフショア開発を利用する際に気をつけるべき留意点

上記でも述べたように、必ずしもオフショア開発ならコストが抑えられるというわけではありません。今後の海外展開も含めて上で、オフショア開発を活用するべきかどうか検討するべきでしょう。特に利用時に気をつけるべき留意点3点を下記に記載します。

 

[留意点1:ブリッジSE]

実際にシステムを利用する現場のビジネスフローを理解し、要件定義に落とし込みそれらをエンジニアに的確に現地の言語で伝えることのできるブリッジSEの確保は極めて重要であり、優秀なブリッジSEがいない場合にはシステム開発が円滑に進むこことはありません。他方、このブリッジSEの価値が高まるにつれてエンジニア一人当たりの単価よりもはるかに高額のコストがブリッジSEに必要となってしまう傾向が強く、結果的には全体的なコスト上昇の要因になる場合も多いといわれています。

他方、コミュニケーションの問題を抱えたまま円滑にプロジェクトが進められるほどオフショア開発は簡単なものではありませんが、そのような当たり前の要素を甘く考えてオフショア開発を行うと日本国内での開発コストを簡単に超えてしまう案件となってしまうリスクが発生します。

 

[留意点2:開発委託型とラボ型]

現在においてはラボ型が主流となっているオフショア開発ですが、すべての面において海外開発委託に勝っているわけではなく、まずは開発委託をするのかラボ型で開発を行うのかを慎重に検討する必要があります。いずれのケースであっても前述のブリッジSEまたはブリッジSE的な役回りを行うことのできる人材が必要になる点は変わらない点には留意が必要と言えます。

また、海外開発委託の場合は、開発委託会社の選定が非常に重要になりますし、ラボ型開発の場合にはプロジェクト責任者あるいはブリッジSEに優秀な人材が必要となる点は言及をする必要がないほどの要点と言えますし、日本国内で定義された要件や仕様の認識が大きくずれてしまうリスクはプロジェクトを進行していく中で常に存在しているため、いずれの開発スタイルであっても慎重に認識のすり合わせが必要と言えるでしょう。

 

[留意点3:プロジェクト・納期管理]

プロジェクトの進行管理には細心の注意を払う必要があります。 これは日本側と開発拠点との物理的な距離がありコミュニケーションが密にとることができないようなケースのみならず、仮に開発チームとの距離が近かったとしても商慣習や文化の違いなどから、「問題ない」「うまく進んでいる」の表現一つをとっても言葉の意味そのままに受け取るべきではない場合もあることを意味します。

一方で、常に細かく進捗を確認し、何度も確認するといった行為が開発チームとの距離感を生み出し信頼関係を損なうような場合もあるため留意する必要があります。

 

▲目次に戻る

オフショア開発の未来

インドや中国でのオフショア開発から現在はベトナムやフィリピン、インドネシアやミャンマーに至るまでオフショア開発会社が増えてきていますが、裏を返せば日本国内の需要がそれだけ存在しているということです。今後も引き続き、日本国内のエンジニア人材の不足や開発費用の上昇と合わせて円高の影響も加味したオフショア開発の動きは継続していくと予測をされていますが、同時に納期や品質の問題も比例して増えていることには注意が必要と言えます。

▲目次に戻る

世界全域のオフショア開発専門家一覧

世界全域のオフショア開発の専門家一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • 株式会社プライムスタイル

    対応業務WEBシステム開発、オフショア開発/BPO、新規事業構築支援、グロース支援
    対応言語日本語、英語、ベトナム語
    海外拠点ホーチミン(ベトナム)
    従業員43名 日本拠点東京、長野
    弊社は日本で評価された技術実績を基に、ベトナムでのラボ型オフショア開発を展開しています。現地に日本人スタッフ、日本語の話せるベトナム人BSE、技術力のあるベトナム人エンジニアを配置しており、お客様の必要としているエンジニア、オペレーションメンバーを確実に組むことが可能です。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • JV-IT., JSC

    対応業務ラボ型開発、Web開発、アプリ開発
    対応言語日本語、英語、ベトナム語
    海外拠点ホーチミン(ベトナム)
    従業員60名 日本拠点-
    JV-ITは、2005年から日本企業様のベトナムオフショア開発を支援しており、これまでお客様のリピート率は100%を誇っています。独自の人材管理ノウハウに基づく、ご要望に高いレベルでお応えできる「人材」が弊社の強みであり、海外の開発時に問題となる言語・文化・感覚の違いを感じることなく、ゼロから安心してご依頼いただける体制を整えております。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • エイトナインティグループ

    対応業務企画・デザインからサービス構築
    対応言語日本語・英語・インドネシア語・ベトナム語
    海外拠点シンガポール(HQ)、インドネシア、ベトナム
    従業員20名 日本拠点東京
    弊社のオフショア開発支援は1カ国で行うのではなく、シンガポール・ベトナム・インドネシア各国の人材を適材適所に配置する「グローバルオフショア開発」体制を特徴としています。シンガポールでは企画・デザイン、開発はベトナムというかたちで、フレキシブルにチームを組成することで品質と価格の両立を可能にしています。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

  • 株式会社イージーコム

    対応業務オフショア開発・ラボ契約・受託開発、オフショア拠点の構築サポート、コワーキングスペース運営
    対応言語日本語・英語
    海外拠点フィリピン
    従業員12名 日本拠点東京・京都
    弊社株式会社イージーコムはオフショア開発案件を、受託開発型開発・ラボ型開発の両形態で対応しています。特に弊社が得意とするのはラボ型開発で、弊社が育てているフィリピン(マニラ)のエンジニア達を一定期間、お客様のマネジメント下に配置させて頂き、お客様専属の開発チームを用意しています。

    ※下記のお問合せボタンからお申込みください

世界全域のオフショア開発の専門家一覧


ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク