アメリカの人材紹介会社まとめ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


アメリカで人材紹介をお考えの方へ

アメリカで人材紹介をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

アメリカで人材紹介するために知っておきたいポイント

アメリカ(カリフォルニア州)の雇用法について

アメリカの雇用法については、アメリカ全土で統一されているわけではなく、州や市などによって、細かく決められています。そのため、実際に採用活動を始める際は、雇用するエリアの雇用法について必ず確認して下さい。本稿では、カリフォルニア州について記載させて頂きます。

 

【最低賃金について】

最低賃金については、州法だけでなく、市の法律などによって設定されていることがあります。例えば、ロサンゼルス市議会は2015年5月、市内の最低賃金を現行の時給9ドルから2020年までに15ドルに引き上げることを賛成多数で決定しました。従業員26人以上の企業が対象で、2016年7月の時給10.5ドルへの引き上げを行い、さらに段階的に最低賃金が引き上げていくことになっています。このあたりについては、その地域の専門家に直接ご相談したほうが無難です。

 

【有給休暇について】

アメリカでは、有給休暇とは別に、有給病気休暇が存在し、必ず与えなければならない地域も多くなってきています。例えば、カリフォルニア州法では、2015年の7月から、週時間以上の勤務している従業員に対しては、有給病気休暇を半年間で24時間分支給することが義務付けられました。雇用後90日以上経っている従業員が新法の有給病気休暇を使用することができます。また、2016年7月1日以降に雇用された従業員の場合、就労開始から90日を過ぎた時点で有給病気休暇を使用することができます。

また、雇用に関する差別的扱いについても、カリフォルニアでは人種、宗教、肌の色、国籍、家系、身体的障害、精神的障害、医療状態、遺伝子情報、婚姻の有無、性別、性別認識、性的表現、年齢、軍役の有無などを理由とした採用、解雇、トレーニングその他の雇用条件などで差別的扱いを行うことを禁止しています。これは、無給のインターンシップおよびボランティアに対しても同様です。

 

▲目次に戻る

アメリカ(カリフォルニア州)の雇用契約について

雇用の一般原則として”At –Will Employment “ があります。このAt –Will Employment というのは、Employment(雇用関係)は当事者のAt Will(任意)で成立し、個別の雇用契約がないかぎり、雇用者も被雇用者も、何時でも、いかなる理由でも、雇用関係を解消する権利を有する、というものです。

つまり、雇用者は従業員をいつ、いかなる理由で解雇してもいいし、逆に従業員も、いつ、いかなる理由で辞職してもいい、ということです。

一方で、期間を限定した契約社員等については、お互いの意志で書面にて契約を行うので、一度決めた期間中の雇用が成り立ちます。このため、契約期間内に従業員が退職したくなった場合でも、退職することはできません。また、企業側も契約期間の途中で解雇することはできません。

 

▲目次に戻る

アメリカで人材採用する際に注意するべきこと

アメリカでは従業員に欠員が出た場合や、業務拡大や新規プロジェクトの発生により、職種ごとの人材を募集する傾向が強くなっています。日本の人材採用の環境とは大きく異なりますので、注意が必要です。人材採用の必要が出てきた場合、新聞、インターネット、人材紹介会社などを利用し自社の要件に合う人材を確保しようとしますが、即戦力となる人材を上手く確保するのは至難の業と言っても良いでしょう。

また、人材の募集および、採用活動における訴訟のリスクも考えておかなければいけません。日本と違い、採用時の条件と少しでも反していたり、雇用法に記載していない内容で問題が起きたりした場合、訴訟となるケースも少なくないため、細心の注意を払いましょう。面接のセットアップや入社意思確認、採用条件や入社に関する各種調整と交渉、採用/不採用の通知、バックグラウンドチェック等々、注意すべき点が多いこともあり、コンサルティング業務を含む人材会社の利用や、労働法のスペシャリストへのご相談をお勧めします。

最後になりますが、一番な重要な点は、外国人がアメリカで働くためには永住権、もしくは就労ビザが必要ということです。就労ビザには、H1Bビザ、Lビザ、Eビザなどがありますが、昨今いずれも取得は容易ではありません。この点も人材会社、労働法、移民法のスペシャリストへのご相談をお勧めさせて頂きます。

▲目次に戻る

アメリカの人材紹介会社一覧

アメリカの人材紹介の一覧です。
チェックを入れた人材紹介会社に一括お問い合わせすることが出来ます

  • 米国パソナ / Pasona N A, Inc.

    北米での人材紹介・人材派遣ならお任せください!
    私たち米国パソナ(PASONA N A, Inc.)は株式会社パソナグループの米国現地法人として日本企業の北米展開を1985年から支援して参りました。文化や法律の違うアメリカでは、日本のやり方が一般的でないことも多く、一歩間違うと訴訟につながるトラブルにもなりかねません。そのような失敗をしないためにも、当社は30年を超える経験とノウハウを駆使し、北米エリアで事業展開される日本企業の採用、人事・労務や給与・経理アウトソーシングを包括的にサポートしています。
    紹介人材国籍バイリンガル・マルチリンガルな優秀な人材 日本拠点東京
    得意な業種全業種に対応 従業員数120名
    得意な職種新卒者~専門職種~エグゼクティブまで オフィス立地アメリカ全土・カナダ
    住所ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ・トロントなどに10拠点

アメリカの人材紹介会社一覧

米国パソナ / Pasona N A, Inc.

アメリカ, カナダのプロフェッショナル
代表者:古代 賢司
Logo_PASONA NA様
pasona-na-03
【アメリカ / 人材紹介・会計・人事】アメリカ進出される企業様に必要なサービスをワンストップで包括的に提供

私たち米国パソナ(PASONA N A, Inc.)は株式会社パソナグループの米国現地法人として日本企業の北米展開を1985年から支援して参りました。文化や法律の違うアメリカでは、日本のやり方が一般的でないことも多く、一歩間違うと訴訟につながるトラブ…続きを読む


ページ上部へ

アメリカの人材紹介の専門家 APA International…続きを読む


ページ上部へ

アメリカの採用支援/人材紹介の専門家 QUICK USA…続きを読む


ページ上部へ

Tusurki Promotions II, L.L.C.

代表者:スコア恵子、松村和美
Tusurki Promotions II, L.L.C.

アメリカの 通訳/翻訳の専門家 Tusurki Promotions II, L.L.C.…続きを読む


ページ上部へ

アメリカの採用支援/人材紹介の専門家 Corporate Select International, Ltd.…続きを読む


ページ上部へ

アメリカの採用支援/人材紹介の専門家 DISCO International, Inc.…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ