シンガポールのレンタルオフィス/バーチャルオフィス特集 | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


シンガポールでレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方へ

シンガポールでのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをお探しの方に、知っておくべきポイントとおすすめのレンタルオフィス/バーチャルオフィスをご紹介する特集ページです。

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

シンガポールでレンタルオフィス/バーチャルオフィスを探すために知っておきたいポイント

シンガポールのレンタルオフィス/バーチャルオフィス事情

シンガポールに進出するタイミングでは、様々な事柄に対して、多大な情報収集が必要になってしまいます。企業経営や事業運営に関わる内容においては、慎重にならざるを得ないわけですが、その中でも特に頭を悩ませる一つに「オフィス探し」が含まれてくるのではないでしょうか。

シンガポールに進出し、今後さらに海外へ事業展開をして行こうとするような企業にとって、「オフィス探し」は大きな負担になることが多いようです。進出時の限られた人材・リソースを活用しながら、見知らぬ土地でオフィス契約するのは簡単なことではありませんし、手間もかかります。シンガポールの場合、テナントの契約期間内は途中解約できないことも多く、後々のリスクにもなりかねません。そこで、多くの日本企業が活用しているのが、レンタルオフィス/バーチャルオフィスです。

本項においては、そのようなオフィス問題を、初めてのシンガポール進出において経験することがないよう、段階的なオフィス選びを提案してもらえるレンタルオフィスサービスを展開している企業のご紹介と共に、シンガポールのオフィスエリアについて少々言及したいと思います。

気になるオフィスエリアがある場合には、当該エリアにおける賃貸オフィスの相場やレンタルオフィスの費用など含め、専門家に相談をしてみることをお勧めします。


▲目次に戻る

オフィスを構えるべきシンガポールのビジネスエリアについて

ラッフルズプレイス(Raffles Place)

シンガポールの金融の中心街。 日本でいえば丸の内や大手町、日本橋などがイメージでしょう。 世界中の金融機関のみならず名だたる大手企業がこのエリアの高層オフィスビルには名を連ねています。 賃料は当然のように他の地域よりも割高になる傾向ですが、レピュテーションは最上級といえます。

 

タンジョンパガー(Tanjong Pagar)

タンジョンパガー周辺は最近は新築ビルが増えてきており、オフィスを構える場所としても人気が出てきております。築年数が多く小さめの商業ビルと、新築で大きめの高層ビルとで、賃料格差が大きくなってきています。再開発がさらに進むにしたがって、このエリアも強い賃料上昇圧力がかかることが予測されます。 地下鉄グリーンラインでラッフルズプレイスの一つ隣に位置する好立地を活かして、今後もますますビジネスエリアとしての実力をつけていくことでしょう。

 

ハーバーフロント(Habor Front)

地下鉄イエローラインとパープルラインが交わっているハーバーフロント。名前の通り港湾を利用する企業などがオフィスを構えているイメージが強いかもしれませんが、実際は大規模商業施設も多く、港湾関係ではない会社のオフィスも非常に多いです。

 

マリーナエリア(Marina Area)

サンテックを中心に、大きなコンベンションセンターや高級ホテルなどが立ち並ぶエリア。日本人が「シンガポール」と聞いて頭に思い浮かべるのはこのエリアの風景、または夜景なのではないかともいえるほど有名な場所。ビジネスエリアというよりも高級ホテルばかりが目立つようなイメージがありますが、実際にはビジネスエリアとして開発がすすめられた歴史があります。


▲目次に戻る

シンガポールでレンタルオフィス/バーチャルオフィスを活用するメリット

シンガポールのオフィス賃料は世界でもトップクラスの高さを誇ります。小規模事業の場合ではオフィス賃料の固定費は思いのほか収益を圧迫しますし、もちろん大規模事業主であっても決して気軽に払える金額ではなく、必要経費と割り切って良い金額かは精査が必要な場合もあるでしょう。

また、シンガポールの場合、オフィス契約をすると途中解約は難しく、一度契約を結んだ場合はどのような理由であろうとも契約期間分の賃料は支払う義務が発生してしまいます。事業の見通しも含め、より堅実に確実に事業展開をしていくのであれば、まずはレンタルオフィスを利用して事業展開を図ることが現実的ですし、事業の展望が見えた時点でしっかりとした中長期計画をベースにじっくりと時間をかけて賃貸オフィスへと移転を計画する流れを組むことができる点が、何よりも大きなメリットになるでしょう。

▲目次に戻る

シンガポールのレンタルオフィス/バーチャルオフィス一覧

シンガポールのレンタルオフィス/バーチャルオフィスの一覧です。
チェックを入れたオフィスに一括お問い合わせすることが出来ます

  • クロスコープシンガポール

    立地Raffles Place駅&Tanjong Pagar駅 徒歩4分
    日本語対応完全日本語対応
    最低契約期間原則1年~(短期利用応相談)
    会議室3部屋 SG$20/時間
    クロスコープシンガポールは、開業以来5年間で累計280社以上のシンガポール進出企業をサポートしてきたアジア最大の日系レンタルオフィスです。シンガポールでの事業立ち上げ実績・ASEAN各国への展開経験が豊富な担当によるコンサルティングも可能です。中小企業~大企業まで、あらゆるニーズに対応するワンストップサービスを提供しておりますのでお気軽にお問合せください。
    料金シュミレーション
    個室・占有
    SG$1,500~/月
    シェア・共有
    SG$700~/月
    バーチャル
    SG$350~/月

シンガポールのレンタルオフィス/バーチャルオフィスの専門家一覧

クロスコープ・シンガポール / CROSSCOOP SINGAPORE PTE.LTD

のプロフェッショナル
代表者:庄子 素史
Crosscoop logo
【シンガポール / レンタルオフィス】280社以上の進出サポート実績!アジア最大の日系レンタルオフィス

クロスコープシンガポールは、開業以来5年間で累計280社以上のシンガポール進出企業をサポートしてきたアジア最大の日系レンタルオフィスです。1名用~10名用まで入居できるオフィス什器つきの個室オフィスとシェアオフィスには高速インターネット、電話回線など…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ
イシングループの
メディアリンク