韓国の人材紹介会社まとめ | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


韓国で人材採用をお考えの方へ

韓国で人材採用をお考えの方に、知っておくべきポイントとサポートしてくれる専門家をご紹介する特集ページです。

▼韓国で人材を採用するために知っておきたいポイント

韓国で人材を採用したい方へ

韓国で人材を採用するための方法

韓国での雇用契約について

日本人と韓国人の違い

▼韓国での人材紹介について相談先を見つける

韓国の人材紹介に詳しい専門家一覧を見る

掲載情報については2015年12月31日時点における情報に基づいて、ヤッパン号編集部で作成したものです。ただし、その掲載情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は何ら保証しないことをご了承ください。直接、専門家の方々にお尋ねすることをお勧めいたします。くれぐれも慎重にご判断ください。

韓国で人材を採用するために知っておきたいポイント

韓国で人材を採用したい方へ

同じアジア人と言っても、日本人と韓国人では仕事のスタイルは異なり、むしろ大きく違うことが多いので、そこで問題が発生することがあるようです。よく聞く話で言えば、仕事への取り組み方、連絡事項、時間、期日などが、日本人からすると少しいい加減でルーズに見える方々が多いようです。お互いの考え方の違いなので、自分たちの考えを押し付けるのではなく、理解しようとする事が大切です。

一方で、逆に日本人のように働きたいと希望し、日系企業への就職を希望される方々もいらっしゃるようです。韓国の人件費は他の新興アジア諸国に比べるとやや割高に感じられますが、日本よりも高いスキルを備えた人材が多いとも言われており、コスト以上のパフォーマンスが期待できるという日系企業も少なくありません。

日本と韓国、法律的にも文化的にもどちらが良いという話ではなく、日本での普通という概念はあまり通用しないことを理解し、法律を理解し対策や対応を考え人材採用を行う事をお勧めします。

▲目次に戻る

韓国で人材を採用するための方法

韓国にも人材専門会社(人材紹介会社や人材派遣会社、ヘッドハンティング会社)があり。採用においては、そうした会社に依頼をすることも可能です。また、日本と同様に企業が採用活動を行う場合、人材採用を専門としたwebサイトや、掲示板などの交流サイトに募集広告を掲載するなどして募集活動を行い、面接などを経て採用することも可能です。

学歴が重視される韓国社会では、就職希望者が準備する履歴書等は、とてもよく準備されており、標準的な履歴書のみならず、それらに加え自己紹介書、またはポートフォリオというものを添付しているケースが多くあります。自己紹介書には、これまでの生き方や自身の価値観といった内容も沢山書かれ、ポートフォリオには、技術者であれば作品写真など、今までの仕事についてまとめられています。日本人が初めて韓国で就職する際は、ポートフォリオが必須で驚く方も少なくないようです。

ただ、それらの資料の内容と人材の良し悪しが必ずしも一致しないのが難しいところです。実際の能力や資質と異なる場合も当然ありますので、複数回の面接や試用期間などを経て、応募者の資質を見極める努力が絶対に必要になります。

 

▲目次に戻る

韓国での雇用契約について

▼労働時間について

韓国における労働時間ですが、労働時間は日本と同様の1日8時間。1週40時間です。しかし、時間外労働となると、労使協定の締結により使用者と労働者が合意すれば、週当たり12時間までの法定労働時間を超える時間外労働が可能とされており、時間制限が設けられていない日本とは少し異なります。また、時間外労働時などの割増賃金率も日本より高く、時間外労働、法定休日労働、深夜労働すべてにおいて150%の給与を支払う必要があります。

 

▼有給休暇について

有給休暇についてですが、1年間の所定労働時間の8割以上の出勤する従業員に与えられます。年間最低15日、勤続年数2年当たり1日を加算して最大25日まで付与となり、有給休暇の消滅時効は1年と日本より短くなっています。(継続1年未満または、8割未満の出勤率の者には、1か月皆勤時に1日の有給付与)。勤続年数によっても有給日数は変わります。勤続1年以上~3年未満は15日。3年以上~5年未満は16日。5年以上~7年未満は17日。7年以上~9年未満は18日となっています。また、韓国では、未使用の残余有給休暇は賃金として補償する必要があります。

 

▼試用期間について

韓国には、試用期間に関しての法的な定めはありませんが、実務的には新規採用の場合には異様期間を設けることがほとんどです。中途採用では設けない場合も多くあります。期間としては、日本同様3か月~6か月となっており、賃金は最低賃金以上であれば問題はありませんが、一般的には通常の給与の70%~90%を支給することが多いようです。

 

▲目次に戻る

日本人と韓国人の違い

同じアジア人と言っても、日本人と韓国人では仕事のスタイルは異なり、むしろ大きく違うことが多いので、そこで問題が発生することがあるようです。よく聞く話で言えば、仕事への取り組み方、連絡事項、時間、期日などが、日本人からすると少しいい加減でルーズに見える方々が多いようです。お互いの考え方の違いなので、自分たちの考えを押し付けるのではなく、理解しよとする事が大切です。

一方で、逆に日本人のように働きたいと希望し、日系企業への就職を希望される方々もいらっしゃるようです。韓国の人件費は他の新興アジア諸国に比べるとやや割高に感じられますが、日本よりも高いスキルを備えた人材が多いとも言われており、コスト以上のパフォーマンスが期待できるという日系企業も少なくありません。

日本と韓国、法律的にも文化的にもどちらが良いという話ではなく、日本での普通という概念はあまり通用しないことを理解し、法律を理解し対策や対応を考え人材採用を行う事をお勧めします。

▲目次に戻る

韓国の人材紹介会社一覧

韓国の人材紹介の一覧です。
チェックを入れた人材紹介会社に一括お問い合わせすることが出来ます

  • コリアマーケティング株式会社

    人材採用も含めて韓国進出をトータルサポート
    日本企業の韓国への事業進出を支援致します。事業可能性の調査から始まり、会社設立や人材確保、販路開拓、調達支援など、日韓ビジネスのスタートアップ期における各種サポートから事業全体のトータルコーディネートまで、クライアント企業のご要望に応じて最適なコンサルティングを提供。クライアントの韓国ビジネスの全体像が見えるからこそ、最適なタイミングで、最適な人材を確保することも可能になります。
    紹介人材国籍韓国人・日本人 日本拠点東京
    得意な業種全業種に対応 従業員数5名
    得意な職種全職種に対応 オフィス立地ソウルにも事務所あり
    住所東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル4F

韓国の人材紹介会社一覧

コリアマーケティング株式会社

韓国のプロフェッショナル
代表者:金 世永
logo
korea-marketing01
【韓国 / 進出支援・コンサルティング】
韓国進出のための現地視察・市場調査・販路開拓・会社設立支援・翻訳業務などワンストップで提供

弊社コリアマーケティングでは、日本企業様の韓国への進出支援をさせて頂いております。 日本生まれ、日本育ちの在日コリアンである私は、生まれながらにして日本と韓国の両文化に触れてきました。近くて遠い国と言われて久しい両国ですが、グローバル化が進行し…続きを読む


ページ上部へ

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ